ピクシブ百科事典

島原城

しまばらじょう

島原城とは、肥前国島原市城内に存在した日本の近世城郭である。
目次[非表示]

城の概要

 この城は別名、森岳城高来城と呼ばれることがある。5層の天守閣を持ち、平城に分類される城であった。
 城の一番高い建物であった天守閣からは雲仙普賢岳を拝め、有明海を一望できたとされ、復元された城からも見ることができるという。

  • 歴史
 肥前国島原は戦国時代においては有馬氏(キリシタン大名として有名であった有馬晴信およびその子孫、なお家自体は延岡糸魚川丸岡と転属はあったものも明治時代まで存続した)であったが、キリシタン弾圧に嫌気がさし転属を申し出た。代わって封じられたのは松倉重政(当初筒井順慶に仕え、豊臣秀吉の家臣となったのち、徳川家康につき、五条二見城主となり、この地の大名となる。なお、徳川家にいい顔をしようとしてかキリシタンに過酷な弾圧を行ったり彼らの拠点であるフィリピンルソンを攻略しようとしている)が、有馬氏の居城であった日野江城(高来郡有間庄に存在した城で、連郭式平山城、なお後に島原の乱拠点となる原城とともに、石垣・空堀が確認できる程度である)は山の中にあり、手狭な城のため不便であるとして新たな城を築く事を決意。
 約6年の年月を掛けて近世風の連郭式平城を完成させた。当時島原は4万石程度の小大名であったものの、城は立派な5層5重の白亜の天守と多数の櫓を備え、高い石垣を誇る頑強な城であった。
 むろんこれは藩の規模を上回るモノだった(これは松倉重政が雲仙普賢岳が存在し農業に制限がかかる島原を火山の影響のない大和と同様に見たためのことであろうと推測される)。そのため、費用をねん出するために重政は苛酷な税の取り立てを行い、人々を苦しめた。更に度々噴火した雲仙普賢岳からの火山灰溶岩流によって構成された土地での土木作業は難しく、労働に駆り出された人々の負担は大きかった。
 さらに2代目である板倉勝家(松倉重政の長男、島原の乱を誘発したかどで斬首刑となった)も苛酷な統治を行い、限界を迎えた農民は反乱を起こした。そしてかつてこの地を治めていた有馬氏の浪人(主家を去る、あるいは失い俸禄を失った者)や弾圧されていたキリシタンと手を組み反乱を起こす(島原の乱)。島原の一揆勢は勢いに任せ島原城下に押し寄せ、城下町を焼き払い蔵から略奪を行った、一揆勢は堅牢な城を落とす事は意図せず、天草諸島(ここでは浪人がキリシタンと結びつき反乱が発生していた)の一揆勢と合流し廃城となっていた原城に立て籠もった。

 島原の乱終結後、勝家は苛酷な統治の責任を取らされ当時としては異例である斬首刑(通常問題がある場合切腹となる可能性が高い)となり、板倉家は断絶した。その後は高力氏(高力忠房は荒廃した状況を立て直したものの、その長男である高力隆長は財政立て直しのため重税を課し、領民の訴えにより改易された)を初め幕府の譜代大名が藩主となり、島原城も藩政の拠点として廃藩置県まで使用された。

 明治時代に廃城令が出され、肥前の場合陸軍が新たな拠点を作るため、この城は廃城となった。特に城を残そうという動きはなく、土地などは一般人にはらいさげられ、豪華な造りであった天守閣などの建物は取り壊されてしまい、本丸はに、三の丸には学校が建設された。
 よって現存する遺構はや石垣、堀などしかなかったものの、昭和30年代以降、天守閣や建物の一部がコンクリートで復元された。城内には板倉氏時代のキリシタン弾圧・苛酷な税の取り立てや雲仙普賢岳の噴火による被害を伝える資料館が存在している。

関連項目

 日本史 江戸時代 島原の乱

外部リンク、参照

島原城ポータル
wikipedia同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「島原城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7543

コメント