ピクシブ百科事典

底辺校

ていへんこう

底辺校とは、所謂DQNが多いとされている学校のことである。
目次[非表示]

このように呼ばれる学校には2種類存在する。

  • 地域でもっとも学力が低く、いわば「誰でも入学可能」となっている学校
  • DQN不登校中退経験者など、問題のある生徒を積極的に引き受ける学校
 ただし、これに該当しても学生の学力や態度などは変わってくる場合がある。職業系学校で「誰でも入学可能」であるが、実際は「生徒を鍛え上げて使えるようにする、さらに就職率も悪くない」ような学校が存在する場合この言葉に該当しない。

概要

 こう呼ばれる学校(特に高等学校が多いがその他の学校の事例も存在する)は在学する生徒の学力が極めて低く、実際にはそれとは無関係であるが生活態度も不良である場合が多いとされる学校である。

具体例

  • ヤンキーが多い。
  • 制服の着こなし等、服装がチャラかったりとだらしない。
  • 先生は自分の言うことの聞かない生徒たちに注意をしていたが無視され続ける(授業中に遊んでいる者もいたりする)。
  • 高校であっても殆ど小学生向けのクイズのような入試問題などが出たりする。
といった有様がネット上などで度々ネタにされたりする。

 工業高校商業高校は偏差値こそ高くないのが殆どだがそこでは専門的技術や資格等のメリットがあり、底辺校というイメージは殆ど無い(むしろ底辺校からの就職者を脅かす可能性も高い)
 1980年代に校内暴力やいじめが問題として取り上げられ、教師と生徒の関係の悪化の為に底辺校という言葉が使われるようになった。
 このような状況に陥ってしまう児童・生徒は家庭環境や学校等の周辺環境、本人の能力面など各種要因により学校の授業内容についていけるような基礎学力や生活態度が身に付いていない場合があり、そういう人物は最悪の場合、中退してしまうことも多く、こうした学校すらついていけず辞めてしまう者が就職が見つからず引きこもりになったり、ヤクザ暴走族などの犯罪組織に取り込まれたり、犯罪組織ですらやっていけずいいように食い物にされたり、そこですら落ちぶれて悲惨な目に合うこともある。
 このような学校の教員への負担も極めて大きく、中にはやる気をなくして「何もできなくなる」教員も存在する。
 無事に卒業できても大半は高卒だが中には真面目な生徒もおり、彼らであれば卒業後に専門学校短大へと進学する事もある。
 更には良い教師や自分を見つめ直す機会に恵まれた故に更生して大学に進学、あるいはスポーツなどで大成する天才も少数ながらいる。当然だがこれらは全員が必ずしもそんな機会や何らかの才能に恵まれている訳ではなく、「稀にそういう奴がいるだけ」に過ぎない。というかそのような人は進学校にもいる。
 なお、ネットスラングではなく真面目な議論においてこの種の学校は「教育困難校」と表記される。
 この項目において実在の学校のリストを記述するとその学校に対する誹謗中傷となりかねないため記述は省略する。

フィクションにおける底辺校

 ヤンキーを題材にしたコメディ作品、一時期多かった暴走族番長ものの作品にも多く登場する。不良の跋扈や学力の低さなどを誇張して描写されることも多い。傾向としては男子校が多く、ヤンキーばかりでなくてもやはり問題児が大半を占める。
 因みに進学校もフィクションでは珍しくないが偏差値が平均と思われるところはフィクションでは珍しく、DQNとエリートが二極化している(しかも学力に関係なくクラスに纏まっている事も)高校が多く、学校の偏差値が大したことなくても例外的に成績が優秀な者が潜んでいる傾向も見られる。 

 因みに取り上げられることの多い『ドラゴン桜』の龍山高校実際には底辺校ではないと指摘されている。底辺校から東京大学を目指すのが本作の筋書きだが、主人公達は、勉強を始めた時点で中学3年程度の学力には達しているので該当するかは微妙である。あくまでも「東大を目指すには底辺」という話で、本当の底辺校から見れば中堅校程度の学力はあるというわけである。

フィクション上の底辺校の一覧

関連タグ

ヤンキー 不良
教育困難校 不良校

進学校…対義語

参照

wikipedia:教育困難校
アンサイクロペディア:同項目

関連記事

親記事

DQN どきゅん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「底辺校」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1570

コメント