ピクシブ百科事典

鳥居強右衛門

とりいすねえもん

安土桃山時代の徳川方の武将の一兵卒。史上最も有名な足軽である。
目次[非表示]

概要

 戦国史上最も有名な足軽と名高い兵士徳川家康配下の武将、奥平信昌に仕える足軽。
 武田信玄の突然の死を受け、その息子・武田勝頼は徳川領に怒涛の如く攻め上って来た。「強すぎたる大将」とまで呼ばれた勝頼軍により徳川恩顧の武将たちは連戦連敗、奥平の支配する長篠城(現愛知県)にまで勝頼は迫っていた。
 天正3年(1575年)5月8日、500のが立てこもる難攻不落の長篠城に、来たる勝頼軍は1万5千。なんとか地の利を生かし全滅は避けていたものの、圧倒的な兵站の差に既に勝敗は決していた。信昌は家康の治める岡崎城に使いをよこし援軍を頼もうとするも、周囲は1万5千の兵に囲まれている。誰がどう見てもムチャなこの状況で、「某にお任せ下され」と頭を垂れたのがこの鳥居強右衛門であった。
 14日、強右衛門は夜陰に乗じて火計を使い城を脱し疾風の如く敵陣をすり抜け、翌15日午後に岡崎に到着。家康は信昌の懇願に首を縦に振り、3万人もの援軍がすぐさま岡崎を立った。
 急ぎ強右衛門は長篠に戻るも、運悪く勝頼の手下に見つかってしまう。彼が家康の間者だと気づいた勝頼は、「今から『援軍は来ない』と叫べば自由にしてやる。言わねば即死刑に処す」と一計を案じた。強右衛門は呆然とするも、しばし考えた末に「わかりました。では命だけはお助け下さい」とその命令に従った。

 そして時は来た。勝頼たちは強右衛門を引き立て、長篠城の前で晒し者にした。
「よいか奥平よく聞け! これが徳川からの返答だ!」
 勝頼のその発言の直後、強右衛門は叫んだ。

「援軍は…あと2,3日で必ず来るぞ!!! だから!! 生き抜け!!! 何があってもだ!!!」

 呆然とする勝頼軍とは裏腹に、鬨の声が上がる長篠城。
 すぐさま強右衛門は殴り倒され、縛り上げられ、十字架にかけられる。彼が「助けたかった」命とは、「自分以外の全ての奥平軍」の命に他ならなかったのだ。
 かくして名も無き足軽が獄門にされて2日後、彼の言葉通り、本当に援軍は来た。こうして信昌は首の皮一枚繋がり、時代は戦術の歴史を変えたその一戦に突き進んでいくのである。

 生年不明(1540年説が一般的)、1575年没。享年36歳。
 死から300年経つ今でも、地元では彼を偲ぶ催しが開かれている。

創作

殿といっしょ

 坊主頭の青年。とにかく話を聞かないうっかり者で、武田方のあらゆる調略にすぐさま引っかかるおバカさん。

信長の忍び

 ド根性武将・信昌に仕える俊足の足軽。前髪がちょっと赤いのが特徴。主人公千鳥と共に徳川方に使いに向かう。
 その壮絶な死は武田方にも伝わっており、6巻収録の西尾維新によるノベライズでも「そのような輩が居れば見るも無残な死を与えてやろうぞ、すなわち鳥居強衛門の如く」と語られている(ぶっちゃけた話、このセリフを言わせたかったがためにこのノベライズのみ12巻の時系列の話とやたら未来のエピソードになっている)。

関連項目

戦国時代 偉人 死刑

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥居強右衛門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415

コメント