ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

この漫画は、ほぼほぼ実話です。実在の人物、団体名等とは、ほぼほぼほぼほぼ関係があります。

(本誌の注意書きより)


概要

正式なタイトルは定額制夫の「こづかい万歳」~月額2万千円の金欠ライフ~

モーニングで月イチ連載されている登場人物達のこづかいのやり繰り術を紹介する漫画。なのだが、価値観が独特な人物が多く、一部読者からはホラー日本の景気の悪化を象徴する作品と称される反面、家族のエピソードや新しい生き甲斐を見つけた人物のエピソードはいい話と称されたり、登場人物の台詞に共感する読者も多かったりする。

このマンガがすごい!2021オトコ編で鬼滅の刃と同率の17位になった他、週刊誌等で作者吉本氏がインタビューを受けたり、他の漫画ネタされたりするなど話題を集めている。

川島明がこの作品のファンで、よく出演番組で紹介しており、レギュラー番組の川島・山内のマンガ沼では吉本と共演した。


なお、本作では著作権が発生するキャラクター商品でなければ店舗や商品名は敢えてそのまま出している。


登場人物

  • 吉本浩二

作者であり主人公、こづかいは2万千円。酒やタバコはやらないがその代わりにお菓子が好きなので高血糖気味。深夜にポテトチップスアイスコーヒー牛乳を食べたり、奥さんが子供のために買ってきたカルピスをがぶ飲みして怒られたら逆ギレしたりとなかなかの怪人っぷりである。

便利だけど生活に必須ではない商品を買いがち。

「甘党を突き詰めると必ず「黒棒」までいくんですよ!!」


  • 吉本の妻

作者の妻、こづかいは7千円。必要ない物は買わない倹約家、作者が欲しくて買う物は基本こづかいから払わせる。酒飲みだが基本宅飲みか、たまに日高屋に行くくらいである。

会社員時代のあだ名はカバンに漫画アクションが入っていたのでアクション。後述の先輩沢田には大五郎と呼ばれる。

単行本では晩酌について熱く語ったエッセイを書くことも。

推しは不死川実弥(作中ではサネミ表記)

「私は吉田類の「酒場放浪記」を毎週観れたら…それで充分なの……!!」


  • チー

作者の娘、連載当初は5歳で、現在は小学生になったらしい描写がある。家族でオフハウスに行ったときに初めてのおこづかい300円をもらい、おもしろ文具とオルゴールを買った。

「ねぇ~ママ「おころあい」って何?」


  • マー坊

作者の息子、連載当初は2歳。初めてのおこづかい300円で水平器を買った。

「かっおいい~!!ぷくぷくビーム!!」


  • 筒木剛

作者のご近所さん、会社員でこづかいは2万円。毎日ローソンの惣菜パン2個と業務スーパーのお茶で昼食を済ませていたら、上司に「もっと野菜とりなさい!」と言われ、ドン・キホーテで箱買いした野菜ジュースを飲むようになった。趣味は麻雀とアニメ鑑賞。再登場時に生活環境に大きな変化が起きたことを明かした。

「何たって…これはこづかいじゃないですから!!」


  • 工藤静男

作者のご近所さん、開店コンサルタントでこづかいは2万円。Pontaポイントを貯めることに情熱を注いでいるので、読者からはPonta怪人と呼ばれている。再登場時に携帯をPontaと提携したauに機種変した。

「ポンタを貯める真の目的は「ローソンお試し引換券」なんです…!!」


  • 佐野修司

作者がバイク店で出会った男性、印刷所勤務でこづかいは2万5千円。バイクは自分でメンテナンスし、週末は家族のために手料理を振る舞い、そのついでに弁当のおかずも作っている。後述の自己紹介は他の登場人物によく真似される。

「申し遅れました 毎月「2万5千円」です」


  • 村上誠、久美子

作者のご近所さんの夫婦、同じ工場に勤務していて、こづかいは共に2万4千円。毎月こづかいの遣った額の少なさで勝負しており、残ったこづかいは勝者が使い道を決めて、家族で打ち上げをする。二人ともスポーツ好きで常に体を動かしている。妻の久美子はハーブティーと化粧水を手作りしている。

「ジャーン2万3千円!!」「ババーン2万2千100円!!」


  • 村田克彦

作者の幼なじみで名古屋在住、こづかいは1万5千円。通称ステーション・バー怪人。登場回では作者と思い出話に花を咲かせていた。彼がきし麺の出汁を飲むときに見せた何かをキメたような表情は、以降の登場人物が食事などで高揚感を得た時の定番となっている。

この一冊に世の中すべての情報が詰まっているからな…!!」


  • 山崎あみ

作者の妻の会社員時代の同僚、通称アーミン。

こづかいは6千5百円(推定)。夫の親戚から梅酒をもらったことをきっかけに自作酒作りにハマっている。マンションにキッチンカウンターがあるため、金曜日は居酒屋ごっこ、土曜日はバーごっこを夫と楽しんでいる。

後日作者の自宅に自作酒を送ったのだか、酒税法の関係かモザイクがかけられており、怪しい物のようになっていた。

「ご想像にお任せします…♡」


  • 谷健

工藤の大学時代の後輩、Web制作会社勤務。こづかいはなんと0円。元々自分だけの趣味がないようで、お菓子を作ったら同僚に配り、夕食時には家族で楽しめるクイズ番組を見ている、その性格故か同僚から本やCDを譲り受けることも多い。市民プールの給水機の水を「どんなジュースよりも美味い」と言い切る彼を読者はラスボスと呼ぶ。

「〝こづかい0円〟は楽ですよ…お金の面倒からすべて解放されますから…」


  • 真田一郎

作者が河川敷で出会った男性、靴修理と合いカギの店に勤務していて、こづかいは5万円。野草の採取と市民農園の畑仕事、釣りが趣味。中でも釣りはこだわりがあるようで釣具をカメラ、ギターと並ぶ「人間が作った美しいもの」としている。

「この「自然の恩恵喰い」が極上なんですよ…!!」


  • 石井力

某出版社の編集者、こづかいは3万7千円。書斎を受験を控えた長女の部屋にしたため、1人になりたい時は愛車にポータブル蓄電池と家電を持ち込んで部屋代わりにしている。

「こうして〝部屋〟で一年の四季を感じているんですよ……」


  • すみれちゃんのパパ

チーの幼稚園のクラスメイトの父親、フリーランスのシステムエンジニアでこづかいは2万3~4千円。内訳は交通費の2万円の残りの3~4千円と、純粋なこづかいの2万円。仕事はベローチェガストで行っており、入店時に頼んだモーニングをすぐに食べずに昼頃食べている。読者からは真似したくない節約術と言われているが、後述の台詞には共感する声も。

「東京の街っていくら歩いても新しい発見があるんですよね……!!」


  • 沢田みゆき、龍三

作者の妻の元バイト先の先輩であるOLと会社員の夫。こづかいは共に3万円。越谷に引っ越した際、近くにイオンレイクタウンがあるので、イオン中心の節約生活をしようとしたが、次第にポイントや割引目当てに買い物するようになったことに疲れ、夫と相談し、自分の生活に合ったポイントカードを契約する。夫とは料理と映画が共通の趣味。夫の龍三は漫画も好きで、待合室の漫画目当てに献血ルームによく行く。

「それだと〝迷宮〟にハマってしまいますよ…!!」


  • 成瀬広太郎

モーニング編集部から紹介され、リモート取材した男性。予備校の数学講師でこづかいは2万円。昼食もゆっくり食べられないほど忙しく、下戸であるため、帰宅時セブンイレブンでお菓子を買うのが唯一の楽しみ。こづかいのうち3千円を取って置き、月末にお菓子を大量に買って食べるため、作者からも血糖値の心配をされていた。

「人間ですからたまにハメをはずすことも必要なんです」


  • 森山拓也

作者の旧い友人、通称はモリタク。小説家を目指していたが、現在は非正規の司書でこづかいは2万千円。ランチにおいしいものを食べるのがこだわりで、食後の眠気解消に筋トレを始めたらランチがよりおいしく感じられるようになったため、仕事中も暇を見つけてトレーニングをするようになった。おかげで周りから変な目で見られてるようだが。

「何たって…筋トレはタダですから…!!」


  • 岩倉誠

作者のご近所さん、会社員でこづかいは2万8千円。会社帰りに傘を買うためダイソーに寄った際、品揃えの多さにときめき、毎回会社帰りに寄るようになった。妻に色々と買った便利グッズをすすめるが、反応が薄いため、妻を感心させようと躍起になっている。

「いざという時〝これさえあれば〟って…ワクワクしませんか…?」


  • 町田宏

担当の友人、会社員でこづかいは2万円。静岡に単身赴任した際、生まれて初めての一人暮らしだったため、ハメを外して生活費を使い込み金欠になってしまう。以降は反省して節約し、休日は同僚から譲り受けたスクーターで静岡の名所を巡るようになったことでこづかいを計画的に使うようになった。

「生活費節約していかないと俺のこづかい2万円分なんて残らない…こづかい0円になってしまうぞ…!!」


  • 先崎ゆかり、幸信

作者の妻のママ友でパート主婦とその夫の会社員、こづかいはそれぞれ1万5千円と3万円。子供部屋がリビングの隣なので、深酒する時は玄関に行き、スマホに接続できるプロジェクターで動画や映画を観ながら飲む。登場回ではサイゼリヤのテイクアウトメニューをつまみに作者夫婦とリモート飲み会をした。

「いつかまたみんなで 飲みに行きたいね…!!」


  • 兵頭勉

作者が公園で出会った男性、会社員でこづかいは2万5千円。ある日のリモート飲み会後の早朝、妻に任せきりだった愛犬の散歩に気まぐれで行って以降、徐々に自分から散歩に行くようになり、それまで酒に使っていたこづかいを犬用のグッズに使うようになった。現在は酒もやめ、ノンアルコールカクテルを妻と楽しんでいる。

「…いわゆるアルコールの入っていないカクテル…イギリスでは通称「モクテル」!!(Mock=偽物)」


  • 畑山育夫、和代

筒木の大学時代の友人、共に会社員で、こづかいも共に3万5千円。国内旅行が共通の趣味だが、このご時世で旅行に行けず、気分転換に寄った下町の商店街の不動産屋で見つけた古いアパートに旅館風のインテリアを置いて、週末は別荘としてのんびり過ごしている。

「一目ボレしちゃいましてね…」


  • 月島徹平

作者のご近所さん、工場の夜勤をしており、こづかいは2万7千円。仕事の関係上、酒を飲むのは早朝で、ある日食の細かった息子の残したブロッコリーを生ハムで巻いてつまみにしたことをきっかけに、息子の残した食べ物をアレンジしてつまみにする「残つま(残飯つまみの略)」にハマる。現在息子は育ち盛りで食べ残しをしなくなったので、少し寂しさを覚えつつ成長を実感している。

「うほっうまいぞ祐二郎~!!」


  • 松崎信一

作者のパソコンの修理を担当した、出張修理業者の男性、こづかいは2万4千円。

仕事の関係上、客と作業以外の会話をしないため、大学時代のサークル仲間と飲みながらしゃべるのが唯一の生き甲斐だったが、現在は飲み会をするわけにもいかず、どうでもいいことをしゃべりたい欲求を満たすために配信プラットフォームAnchorでラジオ配信を始めた。再生回数こそ伸びないものの、日々の出来事を残したいと今も配信を続けている。

笑い飯の「奈良県立歴史民俗博物館」!!もうあれ完ペキ!!」


  • 小坂井友樹

作者の旧い友人、家業の水道工事会社を継いでいてこづかいは2万5千円。

若い頃はファッションにこだわっていたが、結婚後、市報だよりにだらしない服装で写っているのを見てショックを受け、イメチェンを試みたもののうまくいかず困っていたところ、偶然YouTubeでファッションユーチューバーのO.Jの動画を見てコーディネートを学び、ユニクロやオフハウスで買った服でファッションを楽しんでいる。

「…い一体 こづかい制なおじさんは何を着ればいいんだよ…裸でいろってことかよ…!!?」


  • 林田和夫

 こづかい超人募集企画の採用者、鉄工所勤務でこづかいは2万5千円。勤務先の倉庫の廃材で、子供の頃からの憧れだった自分の小屋を独学で建て、マンガ図書館として利用している。クレーンゲームの景品のお菓子を取るのが得意。後にこづかい城の実物はモーニング本誌のカラーページで紹介された。

「2万5千円のこづかいで建てた自分の城…「こづかい城」なんです…!!」


  • 三浦薫

こづかい超人募集企画の採用者、会社員でこづかいは2万円。独身時代はラーメンブロガーだったが、結婚とテレワークを機に外食する機会が減ったため、ガツンとした物が食べたくなり試しにスパイスからカレーを作ってみたらハマり、以来こづかいのほとんどをカレーに使っている。現在は妻もハマった他、カレー好きの友人も出来た。

「えっ~!!?このTシャツカレー5杯分かよ…!!?」


  • ダニエル・ハリソン、よしこ

こづかい超人募集企画の採用者、英語講師の夫と会社員の妻、こづかいは妻のみ1万5千円。夫は交通費をなるべく使わなかったり、旅行に行ってもおみやげ屋に寄らないなど倹約家だが、好物のファミチキやお菓子に給料を使ってしまう。妻はこづかい制を提案するが「イギリスにはない」と拒否、漫画好きなのに本作だけは「日本語が読めない」と言って読まないほど。だが、後日彼にも変化が…。

「…Hey!これって「こづかい」の取材だったの?」「うん…」


  • 竹田浩

恐らくチーの通う小学校の教師、こづかいは1万円。かつてはテニスや釣りが趣味でこづかいも多かったが、双子の娘が産まれ、成長と共に習い事や塾に通うようになったため、これまでの趣味のグッズをオフハウスで売却、その際に見かけたファミコンを購入して以降、80年代後半のグッズを集めた部屋でファミコンをしながらお菓子を食べるのが生き甲斐となった。

「そうです…私 毎晩タイムマシンに乗っているんです…!!」


  • 椎名明光、坪井拓也

こづかい超人募集企画の採用者で二人同時に取材した。椎名は会社員でこづかいは2万円、坪井はスーパー従業員でこづかいは1万9千円。それぞれゴルフクラブのカスタム品と、レゴブロックの完成品をフリマアプリに出品し、こづかい稼ぎをしている。

二人共オフハウスでは仕入れはしない、転売ヤーではないので高く売ることよりいい品を売るというこだわりを持っている。

「「我々は「こづかい錬金術師」なんです…!!」」


  • 河川敷の人(名乗らなかったのでこの表記)

作者が河川敷で出会った男性、古本屋のバイトでこづかいは8千円(本人曰くセルフこづかい)河川敷での読書と人間観察が趣味。50代のアルバイターなので「ついにただのお金のない人が出た」と読者を騒然とさせた。

「河川敷だけは受けとめてくれるんです…そのままの自分を……!!」


  • 勝又進

こづかい超人募集企画の採用者で、本人の希望で直接会って取材した。こづかいは3万円。ただガソリン代込みなので、転勤してからはこづかいを圧迫するようになり、悩んでいた時に本作と出会い、バイブルとして付箋を貼ってまで読み込み、ある夢のために節約と貯金を楽しんでいる。

「〝制限がエキス〟か…!! よしっ!!俺もとことん節約楽しんでやるぞ…!!」


  • 泉聖子

こづかい超人募集企画の採用者、整体師でこづかいは5万円。子供の頃からこづかいが減るのがイヤで貯金が趣味だったが、一人暮らしを始めて節約するようになると、お金を使うこと自体に罪悪感を感じるようになったため、あえてこづかい制にして、その範囲でお金を使い、買い物や趣味を楽しめるようになった。

「ご祝儀3万円渡さなきゃいけないのか…イヤだなぁ…お金使っちゃうなぁ…」


  • 山谷明日香

こづかい超人募集企画の採用者、就労支援施設の職員でこづかいは2万5千円。子供の頃ファンシーグッズが好きだったが、好きな男子にからかわれて一度離れる。妊娠中雑貨店で見かけたヘアゴムを娘が産まれたらと集めていたが、産まれたのは息子なので、自分のコレクションとして、ファンシーグッズ収集を再開した。取材時は手作りフリップを用意していた。

「あるがままの自分でいられるよ…って!!」


  • 里山ゆき

作者の妻の友人、会社員でこづかいは2万5千円。住んでいる南浦和をはしご酒にちょうどいい酒場が多いのでジェネリック赤羽と呼んでいる。株をやっているのでお金がないと思われるのは不服。

「ここ「ステーションバー」じゃなくて「ステーションやきとり屋」なんですよ!!」


  • 飯塚茂之

作者の妻の友人の夫、会社員でこづかいは2万円。人見知りゆえに同僚とコミュニケーションを取れなかったが、会社がオフィスグリコを導入したことをきっかけに、お菓子を通じてコミュニケーションを取ることが出来た。現在は自宅にお菓子を置いた棚を設置し、ホームグリコと称して家族とのコミュニケーションを取っている。

「略して…「オフィスグリ婚」ですよ…!!」


  • 安西大作

作者が散歩中に出会った男性、会社員でこづかいは2万3千円。業者に頼んだエアコン掃除の技術に感動し、自身もグッズを買い集め掃除にハマっていった。現在は頼まれればご近所の掃除も行くようになった。

「まだ倒すべきモンスターが こんなにいると思ったんです…!!」


  • 大石賢三

担当に紹介されて取材した男性、会社員でこづかいは2万3千円。勤務先に異常な愛情を抱いているため、読者から会社推し怪人と恐れられている。ただし机回りの備品は自分で買えば自由に設置出来る点はうらやましいという声も。

「休みの最後の日ソワソワするんです 明日会社に行けるぞ…!!って」


  • 光石剛士

こづかい超人募集企画の採用者、中学校教師でこづかいは5万円。部活の顧問も担当しているため忙しく、見かねた妻からもらった臨時のこづかい50万円で明治4年の金貨を買って以降、古銭収集にハマる、だがそのせいで痛い目にもあっている。

「まるで日本の近代国家の夜明けに自分も一緒に参加しているようで…」


  • 桃瀬春子

こづかい超人募集企画の採用者、訪問リハビリ技師でセルフこづかい2万7千円。アパート一階の物干し場で家庭菜園を行っており、園芸が趣味の患者からヒントももらっている。作業中は安住紳一郎のラジオがお供。

「やっぱり日光と水があれば 人も元気になるんですね…!!」


  • 降矢辰夫

こづかい超人募集企画の採用者、陸上自衛官でセルフこづかいは2万1千円。駐屯地で暮らしているため、一人で過ごすことが出来ないため、売店のお菓子と休日に快活クラブで過ごすのが生き甲斐になっている。

「外の世界でも人って生きてるんだなぁ…みんな生活してるんだなぁ…って」


  • 早乙女光

作者の知り合いの漫画家、こづかいは2万5千円。2年前の人間ドックの結果が悪く、医者に注意されたことと、妻から5千歩歩いたらこづかい100円増やすと言われ、イオンモールウォーキングを行い、次第に目的に合わせイオンをはしごするようになり、ダイエットにも成功した。

「幕張はイオンの本社がある「聖地」だから…5キロ圏内にイオンが7店舗あるんだよ…!!」


  • 宇戸夫妻(それぞれの名前は不明)

作者が秋祭りで出会った夫婦、夫はシルバー人材センター勤務、妻は和菓子屋のパートでこづかいは共に2万円。市民だよりに掲載されているイベントや、母校のイベントに参加し、青春のプレイバックをしている。

「これでもまだ結婚2年目」「新婚なんです…!!」


  • 角谷卓三

早乙女に紹介され取材した税理士、こづかいは2万円。使わなくなった哺乳瓶を手作りドレッシングの容器にリメイクしたことをきっかけに、息子のお古をリメイクしたり、譲り受けて利用している。逆に妻と息子は使わない物は躊躇なく捨てられるタイプ。

「家族のためにサイフを作ったんです…!!」


  • 高山勝平

こづかい超人募集企画の採用者、会社員でこづかいは3万7千円。ビーチサッカーが趣味だったが、コロナ禍で出来なくなり、雑誌に載っていた賃貸不動産経営管理士の資格を取って以来、1試験勉強は1日2時間、参考書と問題集は書店で一冊ずつという制限で10個以上の国家資格を取得した。

「会場のはりつめた空気が… サッカーの試合そのものだったんです!!」


  • 富樫英樹

編集部に紹介された男性、会社員(課長)でこづかいは1万5千円。銭湯通いが趣味で、「湯」のみを楽しむ「セ道」派。怒りっぽい自覚があり、サウナに入らないのも意識高い系の若者にムカついたから。

「牛乳なんか飲みませんよ!!牛乳5回飲まなきゃ銭湯1回分になりますから…!!」


関連イラスト

メイン画像含めほとんどがパロディ、実在する一般人描いてもしょうがないよね。

これが“俺の部屋”…モルカー怪人!!満喫するサンダー。


関連リンク

公式Xアカウント

作者Xアカウント

作者の妻のXアカウント

公式動画

関連記事

親記事

吉本浩二 よしもとこうじ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143500

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました