ピクシブ百科事典

なんとぉー!

なんとぉー

映画『機動戦士ガンダムF91』内での主人公・シーブックの台詞。
目次[非表示]

概要

映画終盤で、圧倒的な戦闘力を持つ敵モビルアーマーラフレシアから放たれたビームに、被弾した際にはなった台詞
英語では「That won't stop me!(そんな程度で止まるものかよぉっ!)」と訳されている。

この場面に至るまでの戦闘により、F91は既にヴェスバービームライフルを含めたほぼ全ての武装を失い、機体も右脚を切断され、コクピットのモニターもその殆どが表示が消失するという、大破状態にまで追い込まれていた。
加えてこの被弾により、左腕ごとビームシールド、そして何よりも、唯一ラフレシアに有効打を与えられる武装であるビームサーベルを失い、事実上必敗が避けられない状態となったのである。
シーブック自身も、絶え間ないオールレンジ攻撃に晒され、体力・集中力共にもはや限界。唯一残ったのはビームランチャー――ラフレシアのIフィールド・ビームバリアの前には無力の武装のみ。

それでもなお止まることなく、最後の“賭け”に出んとするシーブックの、魂の叫びであった。

補足

スーパロボット大戦

スーパーロボット大戦』で一気に有名になった…とされる。ただし、どの出演作品においても、回避成功時の台詞として採用されているが、劇中では上述の通りバッチリ被弾している

BX』では中の人ネタ剣士ゼータが発言した。

富野作品

無敵鋼人ダイターン3』の破嵐万丈や『重戦機エルガイム』のダバ・マイロードも、「なんとっ!」と似たような台詞を発する。『機動戦士Vガンダム』のウッソ・エヴィンに至っては、(発音は異なるが)そのまま「なんとぉー!」と同じ台詞を口にするシーンがある。

まあ、要するに富野作品によくある台詞であり、取り立ててシーブック特有の台詞と言うわけではないのである。

ガンダム無双シリーズ

シーブックがハイパーSP攻撃(真はSP1攻撃やジャンプSP攻撃)をするときに叫ぶ

ジュドーウッソ受け身をするときでも叫ぶ

なんとぉぉぉ!!


さらに、無双2以降ではシーブックとジュドーコンビネーションSP攻撃(真はコンビネーションバースト)の掛け合いをするときに叫ぶ
ジュドー「なんとっ!!
シーブック「なんとおぉぉぉぉぉぉーーっ!!
楽しそうで何よりです

関連項目

機動戦士ガンダムF91 F91 ガンダムF91 回避
質量を持った残像 ふはは怖かろう しかも脳波コントロールできる
だってよ、アーサーなんだぜ 人間だけを殺す兵器かよ!
フンガ わははききてーか 超スーパーすげぇどすばい グオルルーッ
そったらーてめー念仏唱えろーッ ぬかったー!野郎ーッ! うぬらめが八つ裂きだ
ゲームオーバーだド外道ーッ!

関連記事

親記事

シーブック・アノー しーぶっくあのー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「なんとぉー!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103215

コメント