ピクシブ百科事典

オヤクシャボーマ

おやくしゃぼーま

オヤクシャボーマとは、『高速戦隊ターボレンジャー』に登場する暴魔獣・ワタリドリボーマの正体である。
目次[非表示]

「信じてくれ、俺を!俺はもう、封印の中で休みたいんだ!」
CV:依田英助
登場話:第41話「スターは俺だ!」

概要

四国に封印されていた、芝居が大好きな事で有名な暴魔獣ワタリドリボーマの正体であり、黒い鳥人を思わせる姿をしているが顔はまるで歌舞伎役者の様で、アフロを思わせる頭部が特徴。

暴魔百族の千両役者」を自称するがその演技力は高く、流れ暴魔ヤミマルすら欺く程であり、劇中では弱小暴魔獣であるワタリドリボーマを装ってターボレンジャーに取り入り、上記の台詞を発して「人間にも暴魔獣を封印出来る」と嘘八百を並べ立て、大地の抹殺に動いた。

戦闘では傘から銃弾や花吹雪を放ったり、手鏡から光線を放つ他、鎖鎌を操って戦う。

活躍

封印の前の清めの為、富郷渓谷で丸腰になった大地を傘からの銃弾で始末しようとしたが、川に飛び込んで逃げられた上、ターボブレスを奪って変身出来ない筈なのに何故か相手はターボブラックに変身、他の4人と共に川から飛び出して来た。
彼がターボレンジャーを騙そうとしていた事は既に5人に見抜かれており、奪ったターボブレスも偽物だったのである。

「お前は芝居をし過ぎたのさ。あまりにも弱過ぎた。それに封印の方法を教えるなど話が上手過ぎる!ヤミマルさえも騙すお前、一体何者か、突き止めたかったのさ!」

そうブラックに告げられ、計画がご破算になったオヤクシャボーマは傘からの花吹雪で5人を攻撃するも、逆にブラックのターボレーザーで顔に傷を付けられる。
怒って手鏡から光線を放って反撃するが、ピンクステッキブーメランで手鏡を割られてしまい、そのままコンビネーションアタックによるハンマーブレイクとVターボバズーカの連続攻撃で撃破された。

直後にラゴーンの亡骸から放たれた暴魔再生巨大化光線によって巨大化再生すると、巨大戦では鎖鎌でターボロボを攻撃するも逆に鎖を使って投げ飛ばされ、ターボカノンで銃撃される。負けじと傘を開いて跳ね返し、花吹雪で攻撃する善戦振りを見せ付けるオヤクシャボーマだったが高速剣の斬撃を受け、怯んだ所へ止めのターボクラッシュを喰らい爆散するのだった。

オヤクシャボーマを操っていたのは、一体なのか?誰が彼を巨大化させたのか?疑問を残したまま、5人は東京へ帰って行った……。

余談

モチーフは歌舞伎役者渡り鳥

声を演じた依田氏は第9話のトリツキボーマ、第17話のドロロボーマ、第33話のノッペラボーマの声を演じており、第50話のフーインボーマの声も担当している。

関連タグ

高速戦隊ターボレンジャー 暴魔百族 暴魔獣 歌舞伎役者 渡り鳥

クルシメマスオルグ:『百獣戦隊ガオレンジャー』の怪人で、こちらも巧みな演技で戦隊メンバーを欺いた。

OOバットンヨシー・ウラザー:こちらも同じく裏の顔と表の顔を使い分けて戦隊メンバーを手玉に取った。但し、後者は第三者の手で無理矢理別な顔にされていたが。

カブキノイド:『高速戦隊ターボレンジャー』と同年のメタルヒーロー、『機動刑事ジバン』の怪人。モチーフが同じく歌舞伎役者で、声が依田氏。必殺技が花吹雪。などの共通点もある。
役者ならではの変身能力で、支配人や踊りの相手方に化けたり舞も舞える。

ベール:『ドキドキ!プリキュア』の敵幹部で第39話でプリキュア達を欺こうと演技をしたが、彼と同じように逆に見破られてしまうという展開になってしまった。

関連記事

親記事

ワタリドリボーマ わたりどりぼーま

コメント