2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

カシナートの剣

かしなーとのけん

カシナートの剣とは『wizardry』に登場する武器である。一部では「カシナートの“つるぎ”」と表記されることもある
目次[非表示]

※ご覧のメイン画像は指定ミス等ではありません。

概要

武器として使用しない場合の用途はミキサーを参照の事。本当に、この形状なのだから仕方がない。

ウィザードリィにはよくある事です。

なお、現実では武器としては使用できません。当然ですが、真似をしないように。

wizardryシリーズは日本では『本格的』『硬派』といったイメージ浸透したが、元々はパロディ脱力ギャグを散りばめた悪ノリ的な側面、いわゆるバカゲー要素が強かった。

"BLADE CUSINART'"もしくは"BLADE CUISINART"もそのうちの一つであり、シナリオ#1ではトップクラスの性能を誇る強力なものだが、元ネタ調理器具メーカー・クイジナート(Cuisinart)社のハンドミキサー
#4』で秘薬を作る際の掻き混ぜ棒としてカシナートの剣を要求されるのもこれが理由(なお『#4』の主役はワードナ魔術師)とモンスターなのでカシナートの剣は装備できない)。
不確定名は"SWORD"だが、魔法(物理)エネルギーと機械的構造の組み合わせで刀身高速回転し、魔物(食材)を切り刻むという完全なネタ武器である。

日本語翻訳版や、Wizardry外伝以降のいわゆる『和製wiz』では普通の形状のということになっており、カシナートは刀匠の一門という扱いになっている。お陰で前述の掻き混ぜ棒ネタが日本人プレイヤーには意味不明になってしまった。
※ただし外伝Ⅰを舞台にした小説『ウィザードリィ外伝女王アイラスの受難』では「棒の先に刃の有る風車のようなものが付いており、それが高速回転することで敵を切り裂く」と、原点に近い(?)カシナートの剣が登場している。
フランス語版であるSorcellerieでもネタが理解できなかったのかFLAMBERGE#3のみHAUTECLAIRE。なおこの名称は#2ではハースニールに使われていた)になっている。

本家合衆国でも#6#7ではアイテムアイコン画像が表示されるが、"BLADE CUISINART"のアイコンはやはり普通の剣に見える。

カシナート帝国

なお2000年に発売された『ウィザードリィ エンパイア 古の王女』の舞台となるのはいにしえの帝国『カシナート』であり、他にも『冒険王ギルガメッシュ』『店主ボルネーゼと店番タック』『主席司教カント』『皇帝ミルダール』『第一王女リルガ』『第二王女ニルダ』そして『騎士マーフィー』と、どこかで聞いたような名前がちらほらと。

他作品での扱い

ととモノ。では「ミキサーブレード」という、隠す気も何もない名前で登場している。
異界戦記カオスフレア:同じく「ミキサーブレード」の名で登場。
ゴブリンスレイヤー:かつて《死の迷宮》でも勇名を馳せたという「古の名剣」に「カシナート」のルビが振られている。書籍12巻で実物が登場したが、その形状は混沌の先兵(ケイオスマリーン)の手に握られたチェーンソードだった。
なお、TRPGにも登場しているが、価格15,000というのは(こちらは銀貨だが)本家のカシナートと同じ。

他社作品だが、フラワーナイトガールでは普通の泡だて器(を大型化したようなもの)を武器にした花騎士が登場している

更に他社作品では、プリンセスコネクト!Re:Diveでも泡だて器型の武器が登場している

関連タグ

ネタ武器

関連記事

親記事

wizardry うぃざーどりぃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73083

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました