ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

初登場は『ドラゴンクエストⅤ』。以後ナンバリングタイトルでは毎作登場している。ゲーム内表記は「グリンガムのムチ」。

またリメイク版『ドラゴンクエストⅢ』や「ドラゴンクエストⅣ』でも登場している。


入手方法が困難である事が多い系統の武器の中でトップクラスの性能を持ち、などの高威力の武器と比べても遜色のない攻撃力を持つ。

重量武器を装備出来ない女性キャラなどにとって、あると無いとでは大きな違いがある程である。


公式ガイドブックなどのイラストによると三本の弦がついた鞭のようであり、実際に扱うとしたら相当に使いづらそうである。


作品別の解説編集

ドラゴンクエストⅤ編集

カジノの景品の一つとして登場。

コインを25万枚集める必要があり入手は容易ではないが、逆にカジノに初めて訪れた時点で粘って入手することが出来れば非常に冒険が楽になる。コインを集めればいくらでも手に入るのも特徴である。

ビアンカグランバニア王女などに装備させることが多いのでは無いかと思われるが、

メタルキングのけん」の方が基本的に遥かに有用。魔法使い系には護身用の杖や「ようせいのけん」で武器が十分という事がネックとなる。


ドラゴンクエストⅥ編集

みんなのトラウマことキラーマジンガの守る宝箱に入っている。このグリンガムのムチを入手するためにキラーマジンガに挑み、散ったプレイヤーは多いだろう。

恐らくバーバラに装備させることが多いと思われる(少なくともDS版以降では)。


ドラゴンクエストⅦ編集

ちいさなメダルの景品として登場。マリベルに装備させて攻撃面でも使えるようにするのも良いが、今作では主人公アイラなど攻撃力が高いキャラクターでも装備出来るので、彼らに装備させて攻撃力を活かす使い方も可能。


ドラゴンクエストⅧ編集

カジノの景品の一つとして登場。20万コインで交換出来る。

今作は仲間メンバーが固定であり、鞭を装備出来るのはゼシカだけであるため、二つ以上入手するメリットは殆ど無い(3DS版ではゲルダも装備可能)。彼女をメインアタッカーにせしめる武器でもある。何故ならば双竜打ちが使えるからである。詳細は彼女の個別記事を参照。


『ドラゴンクエストⅧ』では他のムチが射程「敵グループ」なのに対しグリンガムのムチは「敵全体」と恵まれている。

『ドラゴンクエストⅤ』と違い、どのプラットフォームでも現実的な確率でカジノが稼ぎやすいのも追い風となっている。『ドラゴンクエストⅥ』のカルベロビュート以上に正直後から手に入れるムチの立場を悉く奪っている罪作りな武器。

3DS版では双竜打ちが弱体化こそしたもののそれでも最強武器の座は揺らいでいない。


ドラゴンクエストⅨ編集

Sランクの宝の地図の宝箱から入手出来る準最強のムチ。

グリンガムのムチを錬金することで名前が変わるが、グリンガムのムチという伝統があるためか他の武器と違い「○グリンガムのムチ」という形になる。


ドラゴンクエストⅪ編集

大樹でのイベント後にカジノの景品の一つとして登場。1回のみ75万コインで交換出来る。

今作では3D表現の都合から三つ編み状態の1本の鞭になっている。


カジノの景品が何回かに分けて追加される都合上バランスブレイカーではなくなったが、エンディング(1回目)まで通用する攻撃力と「グループ全体に減衰せずに均等にダメージを与えられる」という性質を持つ。

さらに、ふしぎな鍛冶で強化でき、『ドラゴンクエストⅨ』と同様に続→真→超となっていきそのまま最強武器になる。

使用可能キャラはベロニカシルビア


関連イラスト編集

Bewitchedこの鞭受けたい者は前へ


関連タグ編集

ドラゴンクエスト ドラゴンクエストシリーズのアイテム一覧 

バーバラ(DQ6) グランバニア王女 / タバサ ゼシカ・アルバート


表記ゆれ編集

グリンガムのムチ…ゲーム内表記はこちらであることが多い。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77966

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました