ピクシブ百科事典

コウモリ猫

げげげのきたろうのこうもりねこ

本来は悪魔くんに登場する12使徒の1人であるこうもり猫の表記揺れの1つなのだが、ここではゲゲゲの鬼太郎に登場するこうもり猫について解説する。

悪魔くんに登場する12使徒のこうもり猫についてはこちらで。

CV/矢田耕司(第3期)、松野太紀(第4期)

概要

初出は『妖怪大統領』(アニメ第1期第53話)。アメリカ出身の蝙蝠の翼を生やした大猫西洋妖怪

ちなみに悪魔くんに登場する12使徒の1人であるこうもり猫とは全くの別人で普段は角が付いた変な帽子を被った中年男性の姿に化けて行動している。

物語が始まる1年前、アメリカで行われた大統領選挙においてバックベアードに敗れてしまい(アニメの描写によれば彼の得票は自分で入れた1票のみ)、国外追放処分された為に日本へと亡命

今度は(そもそも日本とアメリカでは制度そのものが違うのだが)日本の妖怪大統領として君臨しようと目論み、本来あの世で死人たちの罪の重さを量る役目を持つ葬頭河婆と手を組んで自身の目的の妨げとなる鬼太郎親子を始末しようと暗躍する。
なお、アニメでは日本の大統領になった暁には自分が日本へと亡命するきっかけを作ったベアードに報復しようと目論んでいた模様。

悪魔くんに登場したこうもり猫とは違って対象に吸血像の幻影を見せたり、妖怪催眠術を使って敵を操るなどの妖術を使う強豪妖怪だが、最後は利用しようとしていた玉手箱の老化作用のある煙を吸ってしまい一気に老化が進んでミイラと化して絶命した。

第4期ではベアード配下の四天王の一角として登場。こちらでは自身の命をベアードに預けている為不死身という設定となっており、体内に多数飼っている吸血小妖怪ウーストレル他、ポルターガイストを格納しており、四天王の初戦の相手として鬼太郎たちと対決。

ウーストレルたちやポルターガイストを使役して鬼太郎の妖気を全て奪い取り干からびさせて勝利を収める等、今まで登場してきた日本の妖怪たちとの格の違いを視聴者たちに見せ付けたが、第99話においてグルマルキンたちと共にぬらりひょん魔境で妖気を全て吸い尽くされ消滅するという最期を迎えた。

異聞妖怪奇譚においてはドラキュラ率いる西洋妖怪軍団の一員として登場。
仲間から「いよ!大統領」と茶化されて「いゃ~それはよしてくれよ」と言いながらもまんざらでもない様子を見せる等、結構お調子者の一面を持つ。
なお、劇中のセリフから如何やら原作と同様にアメリカでの大統領選挙に落選して日本へと亡命後、懲りずに今度は日本の大統領になろうと画策したが鬼太郎たちに追い返されたらしい。

ちなみに猫娘から盛大に日本とアメリカでは制度そのものが違うのに性懲りもなく日本の大統領になりに来たのかと突っ込まれて言い返す事が出来ずに癇癪を起すシーンが存在する。

妖怪催眠術や幻覚を駆使して襲い掛かって来るが、大して強くない。しかし今回はとある方法を使って幻影を実体化させてそれを遠隔操作して使役する新たなる妖術を身に付け鬼太郎たちを迎え撃つ。

幻のこうもり猫
異聞妖怪奇譚に登場する敵ユニットの一種。
こうもり猫が幻術によって作り出した幻の分身体。
所詮ただの幻影なのだが、人間から奪ったを使って実体化しており、本物と同様に攻撃力を持っている為、注意が必要。

幻のこうもり猫エース
異聞妖怪奇譚に登場する敵ユニットの一種。
“エース”の名を冠している事からも分かるように幻のこうもり猫の上位種で、こうもり猫が特に念入りに作成した個体である為、普通の幻のこうもり猫も性能が高くなっている。

関連項目

こうもり猫 西洋妖怪 ゲゲゲの鬼太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「コウモリ猫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80

コメント