ピクシブ百科事典

コーバン・ヤックスリー

こうばんやっくすりー

ハリポタのキャラで死喰い人。原作ではヤックスリーという苗字のみで登場。

演:ピーター・マラン

概要

ハリポタシリーズに登場する死喰い人純血名家で聖28族のヤックスリー家の出身。

第一次ヴォルデモート暗黒期に死喰い人として活躍したが、アズカバン収監は逃れた。
ヴォルデモート復活の夜の墓場には現れなかった。おそらく後から合流したと思われる。
この事実から、ヤックスリーがベラトリックスやバーテミウスのような忠実な従者ではないことが分かる。

死喰い人復帰後はホラス・スラグホーンを捜索。1995年6月27日のことである。しかしスラグホーンは巧妙に姿を隠し、ヤックスリーは彼を見つけることはできなかった。

1996年の魔法省神秘部の戦いには参加せず。

1997年、ドラコ・マルフォイの手引きによりフェンリール・グレイバックソーフィン・ロウルなどと共に(映画版ではベラトリックス・レストレンジも)ホグワーツへ侵入。天文台の塔の戦いにて不死鳥の騎士団ダンブルドア軍団と交戦した。

ドラコ・マルフォイに、早くアルバス・ダンブルドアを殺すようにプレッシャーをかけている。その後到着したセブルス・スネイプがダンブルドアを殺害。最後はハリーにより全身硬直の魔法を掛けられた。おそらくその後は逃走したか、収監されたが脱獄したものと思われる。

その約一ヶ月後セブルス・スネイプと共にルシウス・マルフォイの屋敷に到着、ヴォルデモートの魔法省陥落計画とハリー殺害計画の打ち合わせに参加。この時点でヤックスリーは魔法省法執行部の部長シックネスに服従の呪文をかけることに成功していた。

さらにその約一ヶ月後、魔法大臣スクリムジョールが殺害され魔法省は陥落。ヴォルデモートの傀儡として魔法大臣になったシックネスの後を継ぎ、ヤックスリーが法執行部の部長となる。そして処罰を受けず依然として魔法省に在籍していたドローレス・アンブリッジは、ヤックスリーのもと、「マグル生まれ登録委員会」の会長に。マグル生まれから杖を取り上げて収監する政策を実行していた。

ハリーたちは魔法省に侵入した際、ヤックスリーに捕まりそうになっている。

1998年のホグワーツ最終決戦では、リー・ジョーダンジョージ・ウィーズリーの二人により撃破された。

映画版の外見は銀髪をオールバックの三つ編みにした壮年の男性。

ファーストネームの「コーバン」は本編完結後、ポッターモアのホラス・スラグホーンの過去編により明らかになった。

関連タグ

ハリポタ 死喰い人 三つ編み

関連記事

親記事

親世代 はりぽたのおやせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コーバン・ヤックスリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5899

コメント