ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ヤナワサとは、モナ・リザの戯言に登場するヤナギワサビNLカップリングタグである。


髪色が近いこともあってかワサビと常識人男子のカップリングの中では夫婦役で組む回数が多いが(2022年9月12日の回でフジがワサビと夫婦役を初めて組むまで唯一夫婦役を組んでいた)、離婚オチであることがほとんどであるが故に、ワサビの不貞が原因で離婚したこともある。親子役でも父子役・母子役ともにあるが、絶縁オチで終わるのは母子役の方が多く、ワサビが毒親化しヤナギが被害にあう展開が多いが、ある動画では、ヤナギが常識人初のDQN役として登場した回であった。

一方で関係が良好な回があり、親子役の場合、父子役の方が圧倒的に多く(こちらはヤナギが故人という設定)、母親(主にヒサメ)の問題行動ワサビが割を食う展開が多く、その後はヤナギが妻の虐待行為を知って激怒した後に離婚し、ワサビの親権を取るオチになっている(その点はソラとカスミも多く稀にクルミワサビの姉も同様のオチを迎えることもある)。離婚オチの多い夫婦役でも破綻しなかった例外の回が10回と他の常識人×DQNカップルと比べて結構多い。


ある回では夫婦ではないが主役ペアの親として登場し(ヤナギはコウジ、ソラはワサビ)、ソラの母のワサビがテツがコウジの母のヒサメと不倫していると知り、DQNのようなやり方で2人を成敗することを決意。コウジとソラの結婚式でヒサメにライダーキックをかましたうえで不倫を暴露。ヤナギもワサビに同調して不倫した2人を非難。結果、テツとヒサメはソラによって出席停止になった上に、それぞれ離婚という憂き目を負った。一方で、騒ぎを起こしたワサビは出席する資格はないとして以降の参加を見合わせる決意を固めるも、ソラによって不問にしたことで参加を許してもらえた。

またワサビがドルオタでヤナギがアイドルとして登場した22年2月19日の動画ではワサビがヤナギのファンになっている。


カップリングの顔ぶれ

個人的今日のハイライト! (2021.06.10)ワサビ×シル・ブ・プレジデント描いてみた


余談


関連タグ

モナ・リザの戯言

ヤナギ(モナ・リザの戯言) ワサビ(モナ・リザの戯言)

NL カップリング 緑髪 年配 認知症

ゲンソラ:当カップリング同様まともな夫婦役も散見されるようになったカップリング。

ゲンクロ:両者ともDQN担当だがこちらも髪色が似ている点と当カップル同様認知症になった老人役を経験している

テツスミ:お互いメインカップリングを組んだことがあるカップリングで(ただし、ヤナスミは初期時代のみメインカップリングとして組んでいた)、当カップルとは対にあたる存在。また当カップル程ではないものの老人役や祖父母役が多い組み合わせとなっている(幼少期の役も比較的多い)またテツは当カップルと同じく緑髪で年配役が多いだけでなく認知症の老人を演じたこともある点など共通点が多い

フジヒサ:当カップルとは実質シンメにあたるカップリング。またフジは全常識人どころか全メインキャラ中最も多く幼少期の役を演じておりヒサメは2021年で多く演じたからか、全メインキャラとはいかなかったものの全DQN担当の中では幼少期の役が最も少なく男女逆ではあるものの当カップル以上に幼少期の役の数に圧倒的な差がある。

ヤナクル:当カップル同様、テツに対して容赦のない制裁を下すことの多いカップリング。

ソラ:当カップルとは逆に老人役を一度も経験したことがないメインキャラ。コウジとカラシもほとんど老人役を経験していないが美魔女コンビとは違い多少演じていた(コウジカラシ12)がカラシは現時点で祖母役も一度も経験していない。


カップリングタグ一覧


ヤナギ

→相手ソラクルミカスミカラシ
カップリングタグヤナソラヤナクルヤナスミヤナカラ
→相手クロハヒサメワサビ
カップリングタグヤナクロヤナヒサヤナワサ

ワサビ

→相手コウジフジヤナギ
カップリングタグコウワサフジワサヤナワサ
→相手エンジゲンテツ
カップリングタグエンワサゲンワサテツワサ

関連記事

親記事

モナ・リザの戯言のグループ・カップリングタグ一覧 もなりざのたわごとのぐるーぷかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました