ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「人がプロポーズするところ、初めて見ました~!」

CV:稲垣好


概要

アスティカシア高等専門学園経営戦略科1年生。地球寮所属。学籍番号MS119

ふくよかな体型をしているが、人当たりがとても良く性格に表裏も少ないためか、誰とでも仲良くなれるようで、男子生徒からも密かに人気が高い(ただし、そのせいで逆恨みされてしまう事態が……。後述を参照)。


人物像

思春期の女の子らしい純朴な性格で、恋バナが好き。そんな性分だからかグエル・ジェタークスレッタ・マーキュリーへ向けたプロポーズを見て黄色い声を上げる、エラン・ケレス『氷の君』と呼ばれ少数の女生徒から「そのクールな佇まいが良い」と話題になっている事情を知っている等、良い方向でゴシップに詳しい。


それでいてスレッタを介してエランの暴言を知ると、すかさず「感じ悪いですよー」と義憤を示したり、先輩であるアリヤの「我慢できない子だな、チュチュは」に同調せず「あれは嫌がらせした人達が悪いですよー」とフォローするなど、真っ当な感性の持ち主であり、物事(特に相手の問題行為)をはっきり指摘するタイプでもある。美人でも癖が強かったり、性格に難あり女子が目立ち気味なアスティカシア内で、アーシアンでありながら男子人気が高いのも当然かも知れない。


また意外にも肝が据わっており、適応力と行動力が共に高い。ミオリネ・レンブラン立ち上げた新事業に巻き込まれた直後こそ動揺していたが、翌日にはすんなりと受け入れた上、同日のミオリネと地球寮の寮生との会議では率先して進行を受け持ち、実質的に同企業の社長秘書ポジションに就いた。

起業が無効とされチュチュが「それを無視して営業を続けるべき」との発言に校則を遵守するよう諭したり、設立に向けた諸準備を行い営業として「人体は宇宙空間での生活を前提としていない」事実を力説したりと、経営戦略科の面目躍如たる働きを見せている。


オジェロとヌーノが〈決闘〉で20万スった際や、宙間戦闘用の装備を持ち合わせていなかったスレッタを慰めたりと、何かと面倒見がよく寮のメンタルケアにも貢献。

ミオリネのインタビューに同年代かつ顔見知りが時の人として活躍する様に目を輝かせる一方で、オジェロが地球寮を「雑草」と自嘲した際は「食べられてしまう」と天然ボケを発揮したりと純朴。しかし「死」を前にして過呼吸を起こしてしまうほどの弱みも持つと、一般人だからこその脆さも秘めている。


地球寮生でも屈指の人格者だが、やはりスペーシアンに対する感情だけは朗らかな印象に反して悪いのだが、チュチュとは異なり一定の距離を置く程度で、理解し合えた者に対しては対等に付き合うだけの器量を備える。


動向

第1シーズン

第1話から〈決闘〉の観戦客の形で登場しているが、台詞などがあったのは第4話から。

下馬評を覆しグエルにスレッタが勝利した際は、彼のプロポーズに喜ぶもマルタンにツッコまれる。ニカとアリヤと会話し実技追試に追い込まれたチュチュに対して「妨害したスペーシアンに問題がある」とフォロー、同じく再試のため人員を探していたスレッタを発見する。「私達アーシアンですけど……」とスペーシアンである彼女に当初は不安を抱いていたが、ニカの「スレッタさんは他のスペーシアンとは違うよ。私達を下に見たりしない」との言葉で安心したのか、直後に笑顔で握手を交わしつつ自己紹介した。


ミオリネの起業を巡っては、インキュベーション・パーティには不参加だったがニカとマルタンからを聞き、スレッタが編入以来「彼女を巡って騒動が起き台風の目となっている」と評した。

グラスレー寮との団体〈決闘〉ではレネ・コスタからの指名により(リリッケ自身もそれを聞いて〈決闘〉メンバーに自薦したのもあって)出撃、ハンドガンと飛行ユニットを装備した標準タイプのザウォートに搭乗し、レネから逆恨みを受け一方的に攻撃されるも、なんと非戦闘員でありながら鍔迫り合いに持ち込むが、ティルが助太刀に入り体勢を立て直そうとした矢先に、彼がエナオに撃墜され続けざまにリリッケも撃破された。皮肉にも〈決闘〉前に告げられていた「異性をめぐってトラブルに見舞われる」アリヤの占いが的中した形となったが、機体そのものは大破していなかった為、ティルの指示を受けて地球寮の大金星の一翼を担った。


その後、購入した社用船でプラント・クエタへの航海訓練を行い物資の搬入でスレッタのサポートに向かうが、何者かの襲撃に居合わせてしまう。警報に怯えており、襲撃部隊の一味が係留していたドックに迫るもニカの決死の行動で寮生は難を逃れるが……。


関連タグ

機動戦士ガンダム水星の魔女

アーシアン


主要人物


アスティカシア高等専門学園

地球寮株式会社ガンダム


グラスレー寮

  • レネ・コスタ:彼女に因縁を持っていると思われる相手(もっとも、完全な逆恨みだったが)。















ALERT

ニカ?


※Season2以降のさらなるネタバレ注意!!


今のは、何を見せたんだ?

ALERT
















Season2以降の解説

第13話から他の地球寮メンバーと共に無事に登場し、前シーズンと同様に周囲に対し適切な配慮を見せていた。

しかし、プラント・クエタでの被災経験が尾を引いているのか、連戦形式で行われた〈決闘〉で挑戦者達を一方的に蹂躙するスレッタを見て、リリッケは苦しそうな表情を浮かべつつ口元を押さえる姿を見せていた。


続く第14話の前半ではオジェロの発案した屋台にて、ヤギのミルクを来場者に奨めていた。

同14話後半ではフォルドの夜明けの乱入で、エキシビションマッチに参戦していた生徒の死を目の当たりにしたリリッケは、プラント・クエタの事件を思い出して絶叫してしまった。


第16話ではフロント管理局の事情聴取から解放されたリリッケだったが、唯1人解放されていないニカを思う余り、実力行使に出ようとするチュチュをスレッタと共に押さえていた他、同15話後半では帰還したミオリネにより、彼女が後で行う執務の書類整理の指示を受けた。


第17話以降、ミオリネの暗躍により意気消沈するスレッタを心配し、負傷したマルタンを除く地球寮全員でミオリネの元に向かった……が、ベネリットグループの総裁選に勝つべく地球へ発ったために会えず仕舞いで学園に帰還。

帰還後は自らの過ちを告発したマルタンに対し、リリッケはヌーノやアリヤ、ティルと同様に彼の行動を肯定し落ち着かせた後、TVでミオリネの活躍を見ていたが、プロスペラの謀略により周囲を蹂躙するエアリアルを目の当たりにした……。


第20話では、前19話で起こった『GUNDの医療活用』を謳う企業のMSが戦闘する映像が流れた」に類するクレームが大量に送られ、それに困惑するアリヤにオジェロ&ヌーノの元にリリッケが来るや、ディスプレイの電源を切ってシャットアウト。

まさかの行動に困惑する3人に対し「見なければ(私達が)対処しなくて良いんです!。ミオリネ先輩が帰ってきたら、ミオリネ先輩にやらせれば良いんです!!(要約)」と珍しく立腹気味に返答した。

同20話後半では、解放されるや激情のままに暴れるノレア・デュノクガンダム・ルブリス・ソーンから逃れるべく、リリッケは地球寮の皆と共にハンガーに逃れる中、同じくハンガーに逃げていたブリオン寮の2人からブリオンの新型にチュチュを乗せて応戦させる」案を聞き、それに合わせるようにニカが帰還したのもあり、力を合わせその調整を実行、無事に終えた後はチュチュの出撃を見送った。


学園崩壊後、避難キャンプにて地球寮(会社として?)一同支援活動を行っていた。スレッタから電力供給が不安定となり保存が効かなくなった冷凍トマトを不在のミオリネでもこの状況下であれば許すであろうと事後承諾として持ち出し、カーゴに乗せて配布。

宇宙議会連合査察官グストン・パーチェを連れたベルメリアから、クワイエット・ゼロ計画を聞かされ、計画阻止のためスレッタはリミッターの設けられていないプロトタイプGUND-ARM「キャリバーン」搭乗を薦められたがニカやチュチュを中心に猛反対され、妥協案として地球寮一同が作戦に参加する事に。

学園出発直前にオジェロに対してフェルシーから同行したいと申し出る様を遠目から見守り、家族のためとはいえ命を投げ捨てる覚悟のスレッタを気にかけていた。ベネリット本社フロントでミオリネが再起のきっかけを作ったスレッタを伴ってホルダー決定戦以来再会すると暖かく(?)出迎えた。

作戦が決行されると、学園艦に乗船しそこから支援していた。成長か、あるいは(作戦前に顔合わせしたであろう)ケナンジからの指導かこれまでと異なり、発作を起こす様子もみられず戦闘に参加していた。


3年後、学園を卒業しフロントで刑期と資格試験を終えたニカを出迎え、旧地球寮に加え元シャディクの側近らとともに地球の麦畑で黄昏の中スレッタとも再会するのであった。


Season2以降の余談

関連記事

親記事

地球寮 ちきゅうりょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2043975

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました