ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

地球生まれは肩身が狭いよ。

CV:榎木淳弥


概要

アスティカシア高等専門学園地球寮の寮長を務める経営戦略科3年生。学籍番号KS117

ニカ・ナナウラチュアチュリー・パンランチと仲が良い青年。視聴者の心情を代弁するかのようなツッコミをよくしている。また、後述するが俗にいう「汚い高音」枠も兼ねている。


人物像

優柔不断でやや頼りない言動が目立つが、本質的には寮長に相応しい芯の通った人物

食事中に現れたスペーシアン女子集団との騒動の後、チュチュがその場に置いていったプレートも含めてその場を片付けるハメになったり、フライトユニットを製作する際に予算の超過を嘆きため息を吐くなど、いわゆる苦労人ポジション。

彼自身も6話で「まずいよー!。ペイル社のモビルスーツは機動力が売りなんだ。まして新型が相手じゃ……」と青ざめたてていた。


スレッタに対しても当初こそスペーシアン故に警戒していたが、ニカの発言からすぐに態度を切り替えて友好的に接する、第7話でエアリアルが解体されそうになった際は「まずいよ、このままじゃエアリアルが……」と心配するなど、入寮して間もないスレッタへの協力を惜しまない姿勢は、地球寮の寮長に相応しい人物と評価できるだろう


予算表の管理を行っていた際も、アリヤに先月の表の記入ミスを指摘される、音痴であるなど、何かしら強みを持っている地球寮メンバーにおいて何かしらの際立った個性を持ち合わせていないようにも見える。

あえて挙げるとすれば洞察力であり、実際エランとの〈決闘〉においては、グエル戦では「彼の豪快な戦闘によってレゴリスが飛散する」と分析し、スレッタ戦では「彼女の機体が機動力に優れたペイル系に翻弄される事態」を危惧し、ビットステイヴ一基がコラキに捕縛された際に狼狽えていた。

夜のニュース番組でアーシアンのデモが報道された際には偏向報道に嘆き、ヌーノやオジェロと共にアーシアンの肩身の狭さを語っていた。


上記の通り“人の上に立つ者の資質”は幾分欠けている節はあるものの、「自分が寮長だ」と威張り散らさない為、他の地球寮寮生から反発と萎縮を生まさず伸び伸びとできている。

マルタンがミスすれば他の寮生が率先してサポートする=自然と寮生達が活躍できる環境を作っているようでもあり、(結果的にだが)自己主張が弱いからこそ纏め役を担えているという、ある種の「縁の下の力持ち」とも評価出来る(仮にマルタンの性格が苛烈であるならば、確実にチュチュ辺りと不仲になり地球寮の結束が崩壊していると思われる)。


また、他の寮生の手綱を巧く握れていない現状を自覚しつつも、不貞腐れずに寮長を務め続け、唐突な組織樹立にも(挙動不審になる程)真剣に今後の事態を思案し続ける姿から、本質的には生真面目かつ責任感に篤い人物と評価できる。


インキュベーション・パーティでマナーがわからず、ローストビーフを取り損ねていたニカに対して、彼は普通にローストビーフを食べて堪能していた姿から、育ちはそれなりに良い模様。

宇宙船の扱いに関しては、帳簿とは対照的にアリヤの勘違いを指摘しており(血縁や支援者に水夫や宙運会社などがいるのかは不明だが)確実に誇れる点と評価できる。


動向

第1話から〈決闘〉の観戦客で登場しているが、本格的な台詞などがあったのは第2話から。

食堂でニカとチュチュとの食事中にスレッタの推薦企業について検索し、弱小企業ぶりに騒然とする。彼女がグエルと〈決闘〉する事態となり、寮の面々と観戦しながらジェターク寮が手段を選ばなければ確実に勝利するだろう」とぼやいていた。

スレッタの地球寮入寮時には「彼女がスペーシアンである」のを理由に不安げだったが、ニカの「スレッタさんは他のスペーシアンとは違うよ。私達を下に見たりしない」発言で安心したのかリリッケ、アリヤとともにその場で握手を交わしつつ自己紹介した。


ミオリネの起業を巡っては、インキュベーション・パーティにホルダーの同伴者として参加するが、食事を堪能していたところにニカとシャディクの密会を目撃してしまう。パーティの出来事をニカと共にチュチュ初め参加しなかった寮生に説明するも気が気でなかった様子。その後ミオリネに他の地球寮生と共に『GUND-ARM Inc.』に強制入社させられ、腹が決まるまでの間挙動不審に陥った。


グラスレー寮との決闘ではガンダムへの搭乗を拒否したが、パイロットの人員不足を解消出来ず、ハンドガンと飛行ユニットを装備した標準タイプのザウォートに搭乗・参戦する。メイジー機の接近に反応してオジェロと共にビームライフルを1発撃ったが、パイロットの技量差もあり瞬く間にやられてしまう。その後チュチュ機を復旧・調整し狙撃体勢を整え、グラスレー戦の勝利に貢献した。

ちなみにガンダムへの搭乗を拒否した際は「ガンダムに乗ったら死んじゃうんだろう!?」と口にしており、(中の人つながりで)かつて「パイロット」であったのを踏まえると味わい深い(?)。


無事起業が認められてからは、事業展開の為に動き「GUND義足のPV撮影」に屋上の利用を申請し、その際にマルタンは「グラスレー寮が実際に利用していた」前例を出して力説するが「アーシアンである」からか認められなかった。


関連タグ

機動戦士ガンダム水星の魔女

アーシアン

主要人物


アスティカシア高等専門学園

地球寮株式会社ガンダム




























































ALERT

警告! 直ちにスクロールを中止しなさい。


※ネタバレ注意!!

※以降から第11話以降の情報のネタバレが記されます! ネタバレが嫌なユーザーはブラウザバックを強く推奨します!


繰り返す、直ちにスクロールを中止しなさい!

ALERT































































第11話以降の動向

ミオリネが購入した社用船でベネリットグループ開発プラント「クエタ」への航海訓練が行なわれ艦長役を務めたが、何者かの襲撃に居合わせてしまう。警報に訓練ではないと説明するが襲撃部隊の一味が係留していたドックに迫る。

地球寮の面々と避難するが、マルタンは「寮長として“逃げ遅れた寮生が居ないのかの確認”を」と思って艦内に戻った折り、彼女がテロリストに対して意味深な信号を送る現場を目撃してしまう。


「ニカ……今のは……何をしたんだ……?」


その問いに、ニカは開いた口が塞がらなかった。

マルタンが信号……以前にニカの行動の意味を理解していたかは不明だが、少なくとも交渉や説得などに到底応じなさそうな連中を、艦内のコンソールをいじっただけで退けた彼女に対し、疑惑の眼差しを向けてしまうのは無理も無い。

仮に目撃していなければ、マルタンを含む地球寮の面々は「運良く助かった」と安堵していたのだろうが……。

今まで寮長として目立つ活躍をしていなかった彼が見せた、初めての寮長らしい活躍は苦く、やるせない形となってしまった。

センシティブな作品


第2シーズン

上記の演出もあってその後が心配されたマルタンだったが、第2シーズン・第13話で他の地球寮のメンバーとそろって登場した。

交わされたニカとの遣り取りから、どうやら彼女の行動は他の地球寮メンバーには内密にしている(恐らくニカを信じたい思いと、寮生間での不和を生みたくないからと推測)。

もっとも、ニカが真実を話そうとしない現状に不安を覚えているのも事実であり、挙動不審が更に酷くなっている風にも見える。

ニカが一端となったトラブルを地球寮の皆が心配する中、プラント・クエタの秘密を知るマルタンだけは

「ニカは昔から何も答えてくれなかった……。自分の事も……」


と前話での不満を混じえながら漏らしていた。


ランブル・リングの最中に、チュチュの異変に気付いたマルタンだが、直後にテロリストの介入に遭い、思わず「まさか……!?」と漏らしてしまう。

学園がプラント・クエタの二の舞と化すも、テロリストが撤退し事なきを得た地球寮の一同だが、直後に学園のフロント管理社の人員が現れるや、彼らは「ニカ・ナナウラにテロ等準備罪の疑惑がある。地球寮の生徒も事情聴取のため連行させて貰う(要約)」と宣言した。

その直後、地球寮のメンバーが集うフロアから離れた区画にシーンが変わると、不安の表情を浮かべつつ、携帯端末を強く握り続けるマルタンが居た……(この時の描写を見ると、ニカをフロント管理社に通報した事が窺われる)。


マルタンの行動は結果的に『ニカをフロント管理社に売った』という形になった為、一部の視聴者からは非難の声が出ていたが、


  • 彼自身は地球寮の寮長の立場にいる(社長のミオリネが不在なので、尚更責任感が生まれる)。
  • 「何とかしてあげたい」と思い再三説得したのに、当のニカが何も教えてくれない。
  • そんな中でテロリストのガンダムが再び現れた上、学園内で死者を出す程の事件が起こる。
  • これ以上ニカの件を黙っていれば、もしニカとテロリストとの繋がりが露呈した時「地球寮全員がテロに関与しているのでは」と疑われるのが免れない。
  • 下手すると株式会社ガンダムが解体される可能性もある。
    • そもそも、株式会社ガンダムは本来は禁忌とされているGUNDフォーマット並びGUND-ARMを所有する企業であり、社長の実父の認可と庇護があって存続できている上に、まだ世界中に認められる程の実績が出来ていない。
  • 最悪の場合、地球寮全員が無実の罪で逮捕されてしまう(当然アスティカシアを退学処分になる可能性もあり得る)。

等のリスクも否めなかった。


マルタンとしてもニカを信じて真相を話してくれるのを待っていたが、上記の事態の状況から完全に個人の手には負えないレベルまで陥ってしまった以上、考えた末に『地球寮全員の安全』を最優先し通報したのは、正しい判断だったと彼を擁護する視聴者もいる。


無事にフロント管理社から解放された地球寮一同だったが、疑いそのものが晴れた訳ではないのか、寮生の停学処分に加え、株式会社ガンダムの資材の一部(エアリアルやデミ・トレーナー)が接収されるなどの事態に陥っていた。

その最中、他の寮生から言われなき理不尽を押し付けられる地球寮だったが、マルタンは寮長として毅然に彼等に反論するも、スレッタの登場でその矛先が彼女に向けられた瞬間、マルタンが咄嗟にスレッタを庇い負傷してしまう。

地球寮の盾、マルタン

その直後、ミオリネの帰還で最悪の事態が回避できたものの、地球寮にスレッタの母が登場したため、ミオリネとスレッタを除く地球寮の寮生は呆然とするしかなかった。その後スレッタと学園に復帰したグエルの〈決闘〉を見届けたが……


ミオリネに会いに行こうとする地球寮のメンバーで唯一「負傷しているから」「留守中に他の寮生から悪戯されるかもしれないから」という理由で半ば強引に留守番を任される。


通話じゃダメなの……?


ニカの名前が出た際は拳が震えつつも留守番を引き受け、チュチュ達を見送った。

しかし、ニカの真相を抱えている現状やこれまでの事件による心労の蓄積により心身ともに限界が来ていたのか、ひとりカウンセリングルームへ出向き、カウンセラーハロに悩みを打ち明けた。


僕は……仲間が罪を犯してると知って、通報しました……罪は罪です。僕は、寮長として仲間を守りたかった……何もおかしくない! 僕のした事、正しいですよね!?


ハロに訴えるマルタンだったが、一通り言い終えた所で何故かクイズの不正解の如くブザー音が流れ、呆気に取られてしまう。

すると、ハロの奥にある壁からセセリア・ドートが現れ、これまで他人に隠していた秘密を握られてしまうのであった……


その後、地球寮にも帰してもらえず雑用などでこき使われながら煽られたが、彼女の説教で自分の行為が「一番じゃないやり方」だったことを自覚。


解放され寮に戻ると、朝食の席で自分がニカの行為をフロント管理社に通報したことを告白し謝罪した。皆マルタンがそうするしかなかったことを理解し(特にヌーノは「自分が同じ立場ならそうしていた」と同情していた)、それほど責められることはなかったが、チュチュには胸倉を掴まれ、ティルには頼ってくれなかった罰として厩舎の掃除を要求された。

地球寮のメンバーと和解した事を報告しようとセセリアとロウジを訪ねるが、そこで2人からエアリアルが地球でテロ行為を行った事を問い詰められる。マルタンは『何も知らないので自分達も驚いている』と主張するも尋問は終わらず、悲鳴を上げた。


その直後、スペーシアンを虐殺しようとノレアが暴走し、セセリアとロウジと共に地下シェルターへ避難し、そこで地球寮のメンバーとも合流。デミトレーナーを破壊されて歯痒い思いをしていたチュチュにセセリアがブリオン社の最新鋭『デミバーディング』を貸与され、同時に失踪していたニカと再会。ニカと一触即発になりかけるチュチュを宥めつつ、ニカにデミバーディングの調整を頼み、もう一度話し合おうと約束させた。

終息後、ひとり救助活動をしていたスレッタと合流し、地球寮みんなで救助を手伝った。


学園崩壊後、スレッタ達とトマトを配ったりしていた他、グストン・パーチェからの要請をスレッタが引き受けた際は「これ以上仲間を犠牲にしたくない」として地球寮全員で同行を申し出る。

チュチュと2人でセセリアにデミバーディングを借りたいとお願いして、その時に弁償した際の金額に戸惑うもチュチュに一喝されて渋々受け入れ、更にロウジの同行も許可した。

その後、クワイエット・ゼロへの潜入に「寮長としてニカとチュチュだけ行かせるわけにはいかないから」と自らも潜入する事を決意した。

が、寮長として逞しく成長した彼を拝見……する事は無く、危険な任務なのもあってヘタレ具合が暴走、パーメット無しの荒い運転やガンドノードに囲まれては情けない悲鳴をあげて思わず「ママ~!!」と叫んでいた。

その後、無事に潜入した後も警備のハロによる銃撃に怯えてエラン=5号に抱き着き、当人から「バカ! 頭を下げろ!!」と注意され、停止コードを打ちに行くミオリネに「出来るだけ早くお願い!!」と申していた。

一方でゲートが解放されるなり意気揚々と突撃しようとしたチュチュを制止しており、彼女が内部の防御機構に射殺される事態を回避させたともいえる。


ミオリネらがクワイエット・ゼロの停止に成功し胸を撫で下ろすや否や捕縛され、マルタンを含む突入部隊はスレッタへの人質にされてしまうがエアリアルを回収した彼女は内部に侵入しプロスペラと会話。紆余曲折の後エアリアルを再起動させ、一度きりの「魔法」を地球圏にかけミオリネの機転もあり人質も解放された。


3年後、学園を卒業しフロントで刑期と資格試験を終えたニカを出迎え、旧地球寮に加え元シャディクの側近らとともに地球の麦畑で黄昏の中スレッタとも再会するのであった。


第11話以降の余談

  • 休止期間中のゲストとして出演した2023年2月5日配信の魔女ラジ第17回にて、演者の榎木からもとうとう死亡説が囁かれるようになってしまったが……?
    • 第1クールの活躍にも触れており、当初は印象に残る(名ありの)モブとして演技していたところレギュラーキャラと伝えられ、無難な演技に切り替えたところNGを喰らい驚愕していたという。
    • 2023年2月26日にはヌーノ役の畠中祐とタッグを組んで『地球寮ラジオ』なる特別回にも出演したが、第17回で今後ラジオ等に出演しなければ(第2期に)登場しないのではないかとも発言しており早速出番を得たものの、今度はヌーノとセットで描かれる事が多いオジェロを演じるKENNがハブられる事態に……。
  • 第19話放映後、ルームウェア姿の設定画がようやく公開された。なお、公開回では着用していない。
  • 寮長として逞しく成長した彼だが、第23話では今まで以上のヘタレ具合が発揮された為、視聴者からは「劇場版のスネ夫だ」と評価された。
    • 一方でそのヘタレ具合ゆえに彼の周囲はギャグ空間となっているようにも見えているため、視聴者からはある意味彼の存在が周囲の人間をも巻き込む生存フラグそのものと評価されてもいる。

関連記事

親記事

地球寮 ちきゅうりょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1519631

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました