ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

株式会社ガンダム

かぶしきがいしゃがんだむ

株式会社ガンダム(GUND-ARM Inc.)とは、アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の劇中で設立された学生企業。
目次 [非表示]

株式会社ガンダムは、GUND技術による医療事業を目指します。


概要

機動戦士ガンダム水星の魔女』に登場する新興企業。アスティカシア高等専門学園の経営戦略科、ミオリネ・レンブランベネリットグループ主催のインキュベーション・パーティ(起業家たちがプレゼンを行なって投資を募る場、Incubation=事業支援)に飛び入りで登壇し、設立を宣言した。

本社事務所は学園内の地球寮に置かれ、寮生をそのまま社員として巻き込み――もとい採用している。

社章は義肢の関節部分をアルファベットの「G」の形に意匠化したものと思われる。


設立までの経緯

第7話冒頭でベネリットグループの事業資料らしきものにミオリネが目を通している描写があり、構想自体は前々から温められていたもの思われる。

近いうちに発表する予定はなかったようだが、不本意ながらも参加することとなったインキュベーション・パーティの場で「花婿」のスレッタ・マーキュリーエアリアルのGUND-ARM疑惑について吊し上げられてしまう。その際に「スレッタの花嫁」として彼女らを守るべく、周囲からのスレッタへの糾弾を遮って登壇、その場で資料を書き上げながらプレゼンを行い投資を募った。


GUND-ARM INC.

会場でGUND-ARM開発に関与したことを公表し、関係部署の解体を宣言したペイル・テクノロジーズガンダム・ファラクト開発部門と、同様の経緯で責任を問われていたシン・セー開発公社の開発部門を買収、統合したものであり、「パイロットの身体・生命の安全」を前提にGUND-ARMの倫理的リスクの解決を目指す。

出資形式には匿名組合契約を採用し、表向きはベネリットグループと直接の関係がない独立企業の形をとるため、グループ各社はGUND-ARMに付随する倫理的問題から距離を置きつつも恩恵を得ることができる。


当初はミオリネ個人の実績・信用の不足から出資者の賛同を得られなかったが、ミオリネによる直接の嘆願の結果、グループ総裁であるデリング・レンブランが投資に参加したため信頼性の問題が払拭され、直後に目標金額が達成されて事業が始動する運びとなった。


一時はシャディク・ゼネリの工作により、学生規則に安全確保に関する条文が追加された事で新規事業は早速暗礁に乗り上げるも、ミオリネが仕掛けた決闘によって妨害を排除。正式に企業として設立される。


事業内容

エアリアルの迅速な保護を目的として急遽立ち上げられた会社であるため、当初は本社事務所や基本的な事業内容も定まっていない状態であった。

出資者に向けた事業内容や目標の説明については、当初ミオリネが考えていた兵器販売路線は地球寮生に難色を示され、プロスぺラを始めとしてGUND技術に関して調査を行った結果、エアリアルの量産も困難として見送りとなった。

その後ペイル社でファラクト開発に携わったベルメリア・ウィンストンへの聞き取りをきっかけに、カルド・ナボおよびヴァナディース機関が目指していた、GUND技術が本来目指していた医療分野での研究開発を目指すこととなる。


社員


協力者


備品…もとい保有機体



会社PV

「株式会社ガンダムは、(メェェ~~ェェェ)GUNDによる医療事業を目指します!(コケッコー)


編集初心者の学生クオリティが如何なく発揮された、医療事業のCMとしては類を見ないレベルの凄まじいクソダサPVである。

  • 開幕からいきなりスレッタの立ち位置がズレている
  • カンペかスタッフの指示を確認するため視線が上や横に向く
  • よく分からないエフェクト素材を多用して画面の印象が散漫
  • 合成ではめ込んだエアリアルからグリーンバックを消しきれていない
  • 背景の日が暮れてもエアリアルの明度調整をしていない
  • ポースを合わせるために機体の右腕だけ無理やり拡大する
  • 地球寮のヤギが画面を横切って合成範囲外へと消えていく
  • 突貫撮影による演者の疲労度が克明に映し出されている
  • 社長のオーダーに沿った希望に溢れる社歌の合唱
  • 明らかに音を外している社員がいる
  • 寮で収録したナレーションに家畜の鳴き声がモロに入り込んでいる

……等々、視聴者の共感性羞恥を誘発する出来栄えだが、一方でスレッタの動きに合わせて踊るエアリアルの機動性は十分にアピールできており、あまりにもダサいので(作中世界でも)話題となっている様子。

ミオリネが担当に作成を命じた「ガンダムの悪いイメージを払拭できるようなPV」という意味では、検索サジェストが「呪い」などのネガティブなワードから「PV ダサい」「変な歌」などに変化することが期待できることから良いPV…なのかもしれない。これも経営戦略科首席の深謀遠慮の策なのだろうか…?

水星の魔女ラクガキ謎漫画⑧

また、このPVを見た後のプロスペラベルメリアの2人は明確な事業が決まった事に喜びの表情を示していた(但しプロスペラの方は単に娘のPVを喜んでいるとは思えず何処か別の意図があるような不敵な笑い方を示しており、一方でベルメリアはGUNDを使った事業が明るい未来に繋がると感じたのか安堵の表情を浮かべていた)。


面々からもPVの存在自体が知る所になったかどうかは不明だが、今後の物語と事業の展開次第では、様々な賛否両論の声が上がっていく可能性があるのは間違いない(とあるキャラなら「大草原」と大爆笑をかましそうである)。


その後、9話でエアリアルが見せた圧倒的性能と、御三家の筆頭及び肝いりのモビルスーツ全てを撃破した功績が絶大な宣伝となり、PVの視聴数が急上昇。シャディクの工作も無力化した事で、株式会社ガンダムは無事に起業出来たのであった。


経営実態

社長のミオリネは見るからにワンマン型看板社員のスレッタは実戦以外はポンコツで先行きはかなり不透明。事実上、地球寮自体を吸収して設立されたも同然であり、その強引さからスレッタ以外では唯一のパイロット要員である令和のカミーユが一時半ギレ状態になっている。

強制的に入れられたアスティカシア校から脱走するつもりだった孤高の令嬢たるミオリネにとっては、株式会社ガンダムという組織自体が初めて形にした「自分の派閥であり、様々な意味で泥縄になってしまうのは致し方がなかったりする。

无谓的浪费启动资金PV撮影の疲れが取れてないたぬきちゃん株式会社ガンダムのPVの編集作業をしているチュチュ

定款(=会社の基本方針)こそ定められたものの、社員への給金および福利厚生その他は未定である様子。第8・9話時点では社員全員が手弁当での労働とトラブル対処であった可能性すらある(スレッタ曰く「部活動」)。

とはいえアド・ステラの最高学府とも言えるアスティカシアの学生だけあって卒無く業務をこなすメンバーもおり、ベルメリアの協力もあってGUND義肢の実用試験に漕ぎつけるなど、社員のモチベーションも向上している様子。


なお、社長の方針として他寮(派閥)との連携は現段階ではお断りな模様。「グループ総裁の一人娘であるミオリネと並び立つ者は必然とグループ全体の後継者候補になる」という暗黙の了解をミオリネ自身も熟知しているため、シャディクによるグラスレー寮との提携をはねつけてしまい9話での決闘騒動になっている。


ただ、GUNDフォーマットを扱えるテスターがスレッタのみなので、彼女の負担を軽減する為にペイル寮から同じくGUNDフォーマットを扱えるエランを雇った。


『わたしの株式会社ガンダム!』

2023年5月7日配信の『魔女ラジ』第30回では、Season2からの新コーナーとして本作の登場人物をCEOとして架空の企業を提案する『わたしの株式会社ガンダム!』が開始されたが、その第一投稿は……。

詳細はSeason2中盤のネタバレとなるため解説は割愛するが、第一投稿では投稿者から任命された人物よりはリリッケが適任ではないかとツッコミが入れられていた。


ちなみに第二投稿はグエルメイド服を着させ「全然好きじゃないんだからな!」「俺と 結婚してくれ」と給仕させる『株式会社ツンデレ喫茶』。何だこの投稿は!!

エランに給仕させるのも一見『ツンツン喫茶』と思いきや悪くないと盛り上がっていた。


余談

  • デリングが出資した3%という割合は現実の株式会社に即するなら「経営資料の閲覧および株主総会の招集が出来る」という、最低ラインの株主の権利が行使できる持株比率である。経営に口は出すが(少なくともスポンサーとしては)強権は使わないという意思表示に取れなくもない。
    • ミオリネが試算・提示した目標金額が2400億に上るため、額としては72億。これだけの額を指先一つで顔色変えずに出せる辺り、デリング及びベネリットグループの資本力がどれほど巨大なのかがうかがえる。
  • 現実に株式会社ガンダムこそ存在しないものの、「動く実物大ガンダムの制作」をテーマに活動している団体として「一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGE」が実在している。詳細はお台場ガンダムを参照のこと。
  • 取り扱う商品ブランドをそのまま社名にしている企業の代表例として、ゲームポケットモンスター関連作品を取り扱う「株式会社ポケモン」があり、比較する視聴者もいた。
  • この回はここまで皆勤賞だったグエルがついに一度も登場しなかったが、視聴者視点では家を追い出されて進路に困っているグエルにとってまたとない再起のチャンスに見え、勝手に「GUND-ARM.inc」へ就活させられる二次創作ネタが作られた。

ガンダム面接グエル君(高卒)株式会社ガンダムに就職しようとするグエル君水星のたぬきと面接

  • また、本タグのネタとして様々な物?を売るイラストも作られた。

シャル・ウィ・ビジネス百合ガンダム 7話より

  • 他にも、あまりにそのまんまな社名から某ガンダムが反応したり、あるいは入社に来たりするというネタも作られている。

先を越されてしまった刹那CEOシャル・ウィ・クルジスのガキ


関連タグ

機動戦士ガンダム水星の魔女

ベネリットグループミオリネ・レンブランデリング・レンブラン

地球寮:学生寮を所在地、寮生を社員とした企業母体
















ALERT

ニカ?


※以降から第17話以降のネタバレが記されます! ネタバレが嫌なユーザーはブラウザバックを強く推奨します!


今のは、何を見せたんだ?

ALERT



















































第17話ではミオリネのワンマンな経営が暴走して最悪過ぎる事態が起きてしまい、社員の信頼を揺るがす展開が起きてしまった。


詳しくは『さようなら、水星のお上りさん』を参照。



その為、株式会社ガンダムの解散が予想されていたが、第18話での描写を見るに会社は継続している模様。どうやら地球寮にはクレーム対応などの雑務を任せているらしい。


ミオリネが正式にグエル・ジェタークと婚約したことで、現在は新たにジェターク・ヘビー・マシーナリーのCEOに就任した彼をビジネスパートナーにして経営、実質的にジェターク社との業務提携となっている。株式会社ガンダムの人手不足はジェターク社とシン・セー開発公社の社員で補っている模様。


ガンダム・エアリアルは〈決闘〉の戦果としてジェターク社が獲得したが、実質的には株式会社ガンダムとの共同管理である模様。

一方でもう1機のガンダムであるガンダム・ファラクトの保有状況は現時点では不明のままだが、22話でのエランの発言から引き続き保有している様子。


紆余曲折を経て、第22話ではミオリネがスレッタと地球寮のメンバーと和解し、他寮の生徒や頼れる大人達からの協力を得てクワイエット・ゼロに立ち向かうべく、一致団結した。



奮闘の末、クワイエット・ゼロの停止に成功するも突入メンバーは拘束されてしまったが、直後に起きた呪いを断ち切る祝福もあって無事に収束した。




3年後、ベネリット・グループ解散後も活動を続けており、GUND医療の本格的な実用化にむけて研究を行っている模様。





社員とその関係者(第17話以降)


社員


  • ニカ・ナナウラ(地球寮のメンバーだが第14話にて失踪、20話で復帰)
  • エラン・ケレス(ペイル・テクノロジーズからの出向だったが第17話にて失踪、21話で復帰)


外部の協力者


離反

  • プロスぺラ・マーキュリー(シン・セー開発公社のCEOで、総裁選に向けて協力。21話から離反して暗躍開始)
  • ゴドイ(シン・セー開発公社の社員にしてプロスぺラの秘書兼ボディーガード。21話からプロスぺラと共に離反)

備品…もとい保有機体


余談

  • 株式会社ガンダムの設立当初、グエルの再起チャンスとして就活ネタが流行ったが、ミオリネのパートナーとして半ば公式となった。

関連記事

親記事

地球寮 ちきゅうりょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2408310

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました