ピクシブ百科事典

ルナール(グラブル)

るなーる

Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクターの一人。[妄想少女A]ルナール
目次[非表示]

「この島では多少、市民権を得てるわね(たっからっのっやっまだ♪)」
「そんな時、先生の作品に出会いました。……生まれて初めて、心が震えました。……生まれて初めて、夢が持てました」

概要

レアリティR/サマーR/SSR
属性
タイプ特殊
種族ハーヴィン
年齢22歳
身長94cm
趣味夜更かし、部屋の模様替え
好き陰のある男性、早朝の無精ひげ、乱れた長髪、甲冑、夜
苦手チャラい男性、髭、不潔な長髪、軽装、朝
CV大久保瑠美


魔物絵師として人気を博している画家。しかし実際は…
ガチャで「ナイトベル」を入手することでR版(妄想少女A)が、「ナイトエアーベル」を入手することでサマーバージョン(夏と海と妄想)が、「ルーリングペン」を入手するとSSR版(妄想少女X)加入する。

奥義アビリティサポートアビリティ
Rカラミティ・ピクチュアルファクシミリ フォークシング・アイなし
サマーカラミティ・ピクチュアルファクシミリ ホワイト・バーンなし
SSRカラミティ・コミックスファクシミリII ハンサム・ゴリラDA インスピレーションデッドライン クオリティアップ

容姿

黒髪ロングヘアーでゴスロリ風の服を着た少女。目には眼帯を付けており、この眼帯の下には「邪眼(ドライアイ)」が封じられている。

人物

普段は落ち着いた冷静な口調だが、耽美モノを目にするとテンションが上がる。
内心では盛り上がっていても口では何でもない風を装う事が出来るものの、あんまり昂ぶると口にも出てしまう。
魔物絵師として人気のルナールだが、彼女が目指しているのは「耽美絵師」。ようするに彼女は腐女子である。
加えて中二病も患っており、興奮すると「邪眼が疼く」と騒ぎ出す。そのため「ぐらぶるっ」ではゼヘクと仲良くなっていた。
ただ、常時発症しているゼヘクと比べると、いかにも中二病的な台詞の頻度は低め。

幼い頃にとある耽美絵物語に魅せられて以来、耽美絵師を志している。
だが彼女の画風はおどろおどろしいもので、明らかに耽美絵を描くのには向いていない(ビィからは男同士で殺しあっている絵だと誤解された程)。
故に耽美絵師としては全く大成しない一方、その作風が魔物図鑑の挿絵に丁度いいことから魔物の絵が売れ始めたため、嫌いではないが好きでもない魔物の絵を仕方なく描いて生計を立てている。効率を優先するため筆が速くクォリティも高いため評価は高い。
耽美絵を始め、色々な絵物語を見て研究したいものの、それらはマニアック且つ個々で出版している所が多く流通が狭いため、島を巡りたいと思っていた所で主人公達の勧誘を受け、耽美絵物語を探すべく騎空団に加わるのであった。
ハンサム・ゴリラのプロローグ(ならびに三大少年誌に出た広告)や通常版のフェイトによれば運動も勉強も得意ではなかったが笑われない程度に頑張り、一人で居るほうが楽しかったが親や周囲を心配させないようにみんなと同じように楽しむふりをする「地味な少女」、そんな人生だったようだ。

甲冑(ダークトーンだと尚よろし)男子が好き。また「ポポル皇子」の物語が大好きで、以前から聖地巡礼したがっていた。

ぐらぶるっ!では輪をかけて腐女子属性が強調されており、美少年にスモックを着せようとしたり相撲に盛り上がったりしている。
特に969話にて爆弾で服が燃え落ちながらもシャノワールを追跡しようとするバロワをみんなが止めようとするなか毅然と「――行け!」と言うさまはスタンプ化されていろいろ使われている。

共感を覚えるのか、ファクシミリがロマンを感じさせるのか、レアリティがRなのも手伝ってか人気投票ではかなりの人気で、しばしば上位入賞してガチャ対象になっている。
SSR化後初の第23回では結果が注目されたがSSR3位、R2位と堂々の結果。

各イベントでの活躍

設定が設定だけに、リアルの腐女子や同人作家の心の声を代弁する存在となりつつある。また、故意か偶然か、例のイベントの開催時期に近いイベントでの登場が多い。

盛夏、来たりて

エクストラストーリーにてパーシヴァルとの絡みがあったが、絵物語から抜け出したようなイケメン騎士ぶりにすっかりほだされて、終盤には立派な家臣になってしまった模様。

ポーチャーズ・デイ

コルワやジークフリートと共演。
ジークフリート本人や彼の語るヴェイン達の話に腐女子として妄想をたくましくする一方で、終盤では魔物絵師としての技量を発揮し本物そっくりの魔物絵を描き上げ分断作戦の要を担った。
その姿は突貫作業で疲労困憊するところまで含めて同人作家の生態。このイベント、まさに夏コミ直前の開催であった。

年年歳歳(2017年版)

耽美絵物語の創作に行き詰っておこたでダラダラしていたら締切当日になっていたという絶体絶命のピンチを迎えてしまい、元々煮詰まっていたこともあって諦めようとする。
そんな時、マキラ達「おこたの民」が「ルナールの書いている本がどんなものか知りたい」と言い出し…
開催時期が丁度冬コミと被っていることも相まってますます同人作家の生態を体現する存在となってしまった。
ただし彼女の言う締切は自己目標であり、そういうイベントに参加しようと思っていたわけではないらしい。
未成年者には絶対にそういう場面の原稿は見せない。

ハンサム・ゴリラ

待望の主役イベント。SSRバージョンと館詰スキンと召喚石が登場した。また、過去の姿「地味な少女」もイベント内で登場。
今回はコミケとは離れた時期…と思いきや、最終日にコミックマーケット94の当落通知が発送される。また、自分の原稿だけでも大変なのにゲームの中でも原稿を手伝うなんて苦行という意見も出ているので正しいのかも知れない。直後だとこのイベント自体をネタにした同人誌間に合わないしね。
年年歳歳で切ったネーム本にするため館詰するルナールのため「おこたの民」こと「おこたみ」が再集結して尽力する一大同人物語。「おこたみ」はサークル名としても使用される。
SSRの奥義と合わせ、ついにルナールの耽美絵が公開された。ちなみにこの絵柄は研究や先達の指導によって耽美絵向きにしたもので元々のおどろおどろしい画風とは異なっており、本人も魔物絵ほどのクォリティはないと認めている。

性能

味方のアビリティをコピーして使用できるという特異なアビリティ「ファクシミリ」を持つ。
サラーサの「グラウンド・ゼロ」などの強力なアビリティもコピーでき、使い方次第では大化けすることも。
ただし成功率が設定されており、コピー可能なアビリティであっても失敗することも多い。
もうひとつのアビリティ「フォークシング・アイ」は邪眼の力を解放した……という思い込みでパワーアップする。この時付加される高揚というステータスはルナールが初登場。

サマーバージョンでも「ファクシミリ」での模倣が引き続き使える。
だが2アビが「ホワイト・バーン」に変更され、「ファクシミリ」の成功率を上げることが可能。
ちなみに「ホワイト・バーン」で体温が上がり、体温が高ければ高いほど「ファクシミリ」の成功率が上がるという仕組みだが……何を考えているかはこれ以上言及すまい。

SSRはサポートに特化した性能になっている。対象なら確実にコピーできるように強化された「ファクシミリ」に加え、闇属性の仲間を強化する「ハンサム・ゴリラDA」と、奥義ゲージとファクシミリを再利用する「インスピレーション」を持つ。奥義は原稿を上げて闇属性の味方の奥義威力を上昇させるもので、打ってもダメージを与えられないので注意。
2アビと3アビは自分の最大HPを消費する上最大HPが減るほど味方が強化されるサポートアビリティを持つ。同人作家らしさの表現が結果として我が身を犠牲にして味方を支援するタイプのキャラクターに。

ポポル・サーガ

ルナールの愛読する物語。
史実と空想を織り交ぜた娯楽作品で作者は不詳。現存するのは9巻だが結末にあたる第10巻は失われており未完の大作とされる。しかし、そのためプロアマ問わず様々な作家が自分の考えた結末や派生作品を発表している。
登場人物は男性ばかりなので女性読者が多いのも特徴の一つ。もちろん男性読者も存在しており、ルナールの人生を変えた一冊『戦場に咲いた一輪のキミ』の作者はむくつけきドラフの男性。
一番人気カプはポポル皇子と親友(そして敵国の大将の息子)のマキリ君。遊学中にアウギュステの浜辺で出会い夢を語り合ったが数年後二人は戦場で再開し国の威信をかけて望まぬ死闘を繰り広げるのだった。
ちなみに「ハンサム・ゴリラ」の投稿絵物語の短髪で髪にベタが塗られていない方がマキリ、ウェーブがかかった黒い髪の方がポポル。

余談

同人誌専攻科のルナールちゃん



関連イラスト

通常Ver.

ルナール詰め合わせ
ルナールふみふみ


サマーVer.

ルナール先生の水着はこうなってるぞ!
グラブルとその他のらくがき


SSR

♬
ルナール


館詰ウェア

ルナール
ルナール!


関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧 ハーヴィン 腐女子

pixivに投稿された作品 pixivで「ルナール(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2733647

コメント