ピクシブ百科事典

商船改造空母

しょうせんかいぞうくうぼ

商船から改造された空母
目次[非表示]

概要

商船改造空母とは、読んで名のごとく、商船(民間船)を改造してつくられた空母のことである。

そもそも空母らしい全通飛行甲板を持つ最初のものであるイギリスアーガスが商船改造空母である。アメリカ最初の空母ラングレーも、給炭船ジュピターを改造したものであり類似と言えよう。
しかし、大々的に作られたのは第二次世界大戦時である。空母を急いで入手しようと考えた列強諸国のほとんどがこれに手を付けた。ただし速力・防御力などの性能は一から空母として作られたものと比べるとどうしても劣るので、対潜・護衛や、航空機輸送を任務とすることが多かった。
中でも日本は、軍縮条約でアメリカ・イギリスに対して空母保有量で差を付けられていること、そもそもの国力から建造能力に劣ることから、平時から空母予備船を準備しておいたことに特徴がある。
一方で、アメリカ、イギリスでは徴用した一般商船をベースにした「簡易空母」を多数運用した。日本のような大型高速の旅客船改造の空母と比べるとスペックでは劣ったが、カタパルトの装備で必要最小限の艦上機の運用は可能であり、数の力と運用の妙で、大きな戦果を上げた。
イギリスのMACシップのように、商船(貨物船)としての機能を残しつつ、空母の機能を追加した船もあった。MACシップのベースには、荷役にクレーンなどを必要とせず、甲板がフラットな、タンカーや穀物運搬船が選ばれた。
日本でも同様の発想で、タンカーをベースとした特TL船(しまね丸、山汐丸)の例があるが、時機を逸し、全く活躍できなかった。

大戦後は、航空機が発達して空母に必要な能力が高くなり改造のハードルが高くなったことや、そもそも必要とするシチュエーションが出現しなかったことによりその例はない。
ただし、フォークランド紛争時にイギリスはコンテナ船アトランティック・コンベアー及びアトランティック・コーズウェイをVTOL戦闘機ハリアーヘリコプターの輸送艦として現場で発艦させている。あくまで輸送のみが目的で、実際の運用は空母ハーミーズ及び空母インヴィンシブルで運用することが前提で、無改造で運用しており、排気熱対策は耐熱マットを敷いて使い捨てるだけである。これは乗せ変えのための寄港や大型クレーの追加等をせずに済ませるためである。
またフォークランド紛争後に導入したヘリ空母機能を備える病院船アーガスも紛争中に航空機輸送船として徴用したコンテナ船コンテンダー・ベザントを改造したものである。
旧ソ連でも貨物船アゴスティニョ・ネトにYak-38Mの搭載が行なわれたが、これは実験のみで終わっている。
また、架空戦記では船型が平たく巨大なタンカーを改造すると言うギミックがしばしば登場している。

主な商船改造空母

日本海軍

日本の商船改造空母は、すべて「~鷹」という名前であった。
大鷹型 大鷹 雲鷹 冲鷹
飛鷹型(隼鷹型とも) 飛鷹 隼鷹
同型艦なし 海鷹 神鷹 

その他各国

ボーグ級アメリカ海軍

関連タグ

空母 軽空母 商船
護衛空母(米英で主に対潜用とされた小型低速の空母。商船改造空母の代名詞)
特設空母(民間船を徴用して空母としたもの、商船改造空母とだぶる)

pixivに投稿された作品 pixivで「商船改造空母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9189

コメント