ピクシブ百科事典

文野環

ふみのたまき

文野環(または野良猫)とは、いちから株式会社提供のアプリ『にじさんじ』の公式バーチャルライバーの2期生である。
目次[非表示]

フフン♪

概要

ユーザーがバーチャルアイドルになってネット上でライブ配信する新感覚アプリ『にじさんじ』のリリースに先駆けて登場した、同アプリ公式キャラクターの第2期メンバーの一人。2018年3月活動開始。主にYouTubeを中心にライブ配信を行っている。

キャラクターデザインは他の多くのにじさんじ公式ライバー同様にねづみどし氏が担当。猫耳を生やした茶髪のショートヘアに魚を模した水色のヘアピンをつけており、首から「ねこかん ください」と書かれた看板を下げている。黒いシャツの上にパーカーを着ている。お給料は猫缶で貰っているらしい。

デビュー当時は「野良猫」という仮名で名前募集中だったが、その後にファン公募で本項の題名にあるように「文野環」と設定された。また、改名以前からの旧知の配信者やファンからは愛称の意味で「野良猫」とも呼ばれ続けている。

人物像(公式設定)

日中は寝てばかりいるが、自分の縄張りを守るため一日数回散歩する。縄張りにくる者には一度襲いかかる。縄張りを奪う気がないとわかると、優しくなり道案内をする。そして猫缶を要求してくる。道端でスマホを拾ったらしい。名前はまだ無いようだ。
(※公式サイトより引用)

実際の人物像

  • 猫がモチーフの外見に違わぬ奔放さが特長。語尾に「ニャ」などとつけて喋るわけでもないのに、興味の対象をコロコロ変える行動そのものが実に猫っぽい自由人である。
  • 攻略できなくなったゲームを代わりにいちから社の社員にプレーさせたり、飼い猫虐待される中継をしたり、二次元キャラなのに生身の少年ユーチューバー「少年革命家ゆたぼん」を無断で配信ゲストに呼んだり、料理配信中に思いつきで一円玉を溶かそうとして犯罪未遂騒ぎを起こしたり(貨幣損傷等取締法違反)、配信中のマイクについた汚れをとろうとミュート設定にせずそのまま掃除機を当てて爆音を放送するがマイクごと掃除機内部に吸い込み、その後も掃除機の吸込口に向かってトークを続けたり等などのフリーダムな企画や放送事故で人気を集めた。配信の遅刻や切り忘れもしょっちゅうなのでにじさんじの同僚もファンも慣れっこになっているほど。
  • 配信環境が貧弱なため、にじさんじ配信アプリのウリのはずのライブ2Dアニメーションが全く動かない。常に立ち絵の静止画像である→活動開始から2年9ヶ月後の20年12月にようやく動くようになった(上述のような芸風がバズって人気を得て収入が増えた後も、配信環境改善の投資そっちのけで高級焼き肉を食べたりアナ雪を見まくったり等々好き放題やっていたせいである)。とはいえ、当初のキャラ設定を放り投げた振る舞いをするvtuberも珍しくない中では、与えられた役に忠実なロールプレイを(結果的に?)遂行する彼女の態度はある意味「非常にマジメ」と言えなくもない。
  • 息をするようにイキる。イキリ芸はすでに1期生のエルフのえるが持ちネタとしているが、そちらと比べても極めて自然な流れでサラッとイキるため、“プロのイキリ”と称されることも。本人曰く、「自分は何だってできる」のだそうだが、現実はクソザコな側面を披露することが少なくない。そういう時は必死の言い訳をして乗り切ろうとする。
  • 配信中によくモノマネをするのだが、その一貫なのかやたらとかしこいかわいいエリーチカを連呼する。そのためイラストレーターのねづみどし氏にもネタにされたことがある。ちなみに、セミとタラちゃんのモノマネクオリティは圧巻の一言。
  • 配信中に顎が外れる事がたまにあり、その度に視聴者から心配されている。2020年3月、卒業式が中止になった方々の為に「バーチャル卒業式」と題した動画配信を行ったが、国家斉唱中に顎が外れてしまい…
  • 配信環境があまり整っていない点においては「拾ったスマホで配信している」という設定に準じている。配信中、どういうわけか「ゴォーーーーーッ」というノイズが鳴り続けることが多く、そうした状態はファンから“野良ジェット”と呼ばれている。
    • なお、2020年6月3日の月ノ美兎とのコラボ配信(結果的に)では、「(配信機器は)ノートパソコンだよ」と、ごく自然に白状してしまい、「拾ったスマホ」設定は名ばかりとなった。


エピソード

文野環裁判

「ぽんぽこ24 vol.4」の企画のひとつとして、数々の悪行を重ねてきた文野環が裁判にかけられた。以下はその罪状の一部。

  1. 事務所に黙って革命家ゆたぼんとコラボ
  2. 一円玉をアルミホイルかなんかにしようとした
  3. FLASH暗算をするという口実でスパチャをせびる
  4. 樋口楓を麻雀で泣かせた
  5. 100ワニ最終回のニセモノをRTした
  6. 歯磨きをしたことがない
  7. 薪を作ろうとして火災報知器を作動させる
  8. フミ様との初対面時に「M○テのアナ雪あるんで」と返信
  9. 月ノ美兎の配信でモデレーター権限を使い、スパムと間違って善良なリスナーからコメント権限を剥奪
無事、有罪判決が下った模様

野良猫和了

「にじさんじ最強雀士決定戦」の予選ブロックにて、逆転チャンスのあったイブラヒムを差し置いて最下位確定のタンヤオで勝負を決っしてしまった。本人は点数計算ができなかった為仕方のない面はあったが、後日雀魂公式でこれを元にした4コマ漫画が作られるなど大会のハイライトとなる。それなりに炎上して本人は凹んだ様子。
「でも私悪くなくない?wow wow♪」

さよなら、陰キャット

自身のコミュ障を直すという名目で舞元啓介を司会として突発的な配信を始めたあげく、ギルザレンⅢ世周央サンゴをアポなしで呼び出し無茶ぶりの限りを尽くすという暴挙を行った。
「文野環とコラボは、しない!イェー!」

にじさんじ麻雀杯 花鳥風月戦

4人対抗のチーム戦で行われた「にじさんじ麻雀杯 花鳥風月戦」にて鳥チームの先鋒として参戦。今回は練習として麻雀プロでyoutubeでも活動行っている多井隆晴に指導を受けるなど、かなり勉強して望んでおり、打牌は以前は見違えるほど成長した。
しかし結果は残念ながら大きくマイナス点数となってしまい、試合後のインタビューでは涙ぐんでしまう程に。後の感想配信では、それほどに配信で泣いてしまったのは初めてという事と、今回のこのチームで麻雀できて良かったという感謝を語った。雀士野良猫の今後の活躍に期待がかかる。

変則麻雀

一方、ときおり変な麻雀を催す。
2021年1月に、野良猫より上の順位になってはならず、最下位になってもいけないというルールの文野環王麻雀(主催:グウェル・オス・ガール)が開催され、参加者であるグウェルや伊東ライフちゃん歌衣メイカを納豆の民にした。
雀魂もこれを観ていたのか、公式番組の野良猫ゲスト回は「野良猫に振り込んだ点数を競う」というルールの『野良猫接待麻雀』が行われた。
また9月には振動するフィットネスマシンに乗りながら麻雀を打つという『ブルブル麻雀』をあろうことか多井隆晴を巻き込んで開催した。ちなみにこちらでも伊東ライフは巻き込まれている。

チャンネル登録者数20万人達成、しかし…

2020年11月、youtubeのチャンネル登録者数20万人超えを目前にして、何を血迷ったのか自らの乳首に洗濯ばさみを挟んで耐久配信を敢行。
配信から僅か数分足らずで20万人突破するが、案の定youtubeの規約違反により即削除された。
だが数日後、再審査により規約違反が取り下げられアーカイブの公開が許可された。


なぜか他人の10万人耐久配信、その後

2021年4月、なぜかギルザレンⅢ世のチャンネルの10万人到達耐久配信を自分のチャンネルで敢行し、10万人突破前で配信を切る。
(記念スパチャをギルザレンの方に回すためと見られる。ギルザレンは自枠で10万人達成)
2021年9月には自身の30万人到達耐久配信を行うが、なぜかギルザレンにOBSの権限を持たせる。
しかも途中で寝落ちし、樋口楓を始めとした1期生・2期生らが場を繋ぐなか、当人寝落ち中に30万人を達成した。


関連動画




関連イラスト

むぎたま
むぎたま
早い猫勝ち(=`ω´=)
文野環



外部リンク


関連タグ

にじさんじ 野良猫 バーチャルYouTuber バーチャルライバー 家長むぎ
顎関節症(?)

関連記事

親記事

にじさんじ にじさんじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「文野環」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「文野環」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7746777

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました