ピクシブ百科事典

biim兄貴

びいむあにき

biim兄貴とはBB先輩シリーズ作者、RTA動画制作者である。
目次[非表示]

活動履歴

2011年4月16日にニコニコ動画にて「ドラ先輩BB」を初投稿。レトロゲームと淫夢をコラボした「クッソ汚いBB先輩シリーズ動画」を次々と産み出し、当初は淫夢好きのネタ動画投稿者として認知される。動画説明文ではいつも作品の出来について自虐的なコメントを発しており、やや謙虚な所が目立つ(視聴者からは「もっと自信持て」との事らしい)。

レトロゲームRTA動画の投稿は2012年5月16日から開始。貝獣物語を4時間02分14秒でクリアした。上述のように、BBネタ動画の制作者と見られていた彼が突然RTA競技を始めたことは、当時はちょっとした驚きをもって迎えられた。
加えて、それまで実技の映像証跡でしかなかった無味乾燥なRTA動画に無数の編集を咥え、お下劣極まりない淫夢ネタをネットリ混ぜ合わせたお笑い動画にするという、誰もやらないような狂気にして画期的な発想がインターネット上の国内RTA界隈および淫夢ネタ界隈に衝撃を与えた。

当然のように汚い参考動画(RTA初投稿作品)


その後も、後述のような既存のRTA動画の常識を打ち破るエンターテイメント志向のRTA作品を立て続けに発表しコアなファンを獲得。ファンの間ではレスリングシリーズや淫夢のようなホモネタ業界の礼儀として「biim兄貴」の尊称が定着した(なので、本人が自称するハンドルネームはあくまで biim である)。

また、そうした作風によって「カジュアルなRTA」という分野を開拓し、視聴するだけのファンに留まらず、彼の作風を模倣し動画の制作側となった「子」を多数生み出して界隈全体を盛り上げた功績から、「子」ことbiimチルドレンたちからは「親父殿」とも呼ばれたり。

投稿ペースは2013年から14年頃の最盛期から落ちたものの、現在も彼のTwitterやニコニコチャンネルのブロマガには活動中の内容が記されており、不定期にRTA動画の発表を続けている様子。

ゆっくり妖夢

ニコニコ動画で使用するアカウント名「biim」のアイコンは、彼がファンである漫画家・桜玉吉の「幽玄漫玉日記」の表紙自画像を元にしたイラスト。

玉吉さん



対して、RTA動画作品中では、ゆっくり妖夢を動画中でのアバターにしている。RTA発表初期は、読み上げソフトSoftalkのボイスはゆっくり霊夢のものという例に倣ってゆっくり霊夢を登場させていたが、4作目となる「FC版女神転生2RTA 5時間22分22秒」以降は妖夢で固定された。
そのため、本項トップにもあるようにpixvを含むファンによる兄貴のイラストは主に魂魄妖夢およびゆっくり妖夢の姿で描かれる。BB素材からやや雑に切り抜いた画像のためか、青色の背景が僅かに顔面の周囲に残っているさまを「青いオーラを纏っている」と面白がるファンも。


2019年5月のインタビューにて霊夢から妖夢に変えた理由を尋ねられると「ちょうど『東方妖々夢』ノーマルのーぼむちょうせんをしていて ようむで7乙したからですね!」とのことで、当時たまたまムカついたキャラを気まぐれに選んでみただけの様子。本人は東方キャラでは八坂神奈子好みらしい。

芸風

biim兄貴のRTA動画における特色を上げるなら「非常に新鮮で、非常に丁寧な解説」、「ふんだんに盛り込まれたネタ」、「単調になる長時間の作業には大人気アニメを流す優しさ」「softalkの巧みな調声による睡眠導入剤のごとき優しい音色」、そして「屑運とガバガバなプレイングと本番での大胆なチャート変更」である。決して超絶技巧なガチ勢中のガチ勢とまでは呼べない腕前だが、長時間のプレイ動画視聴がまるで苦にならない要素をたくさん盛り込む動画投稿者の鑑である。

そのあまりにガバガバなプレイングにより、「RTA芸人」、「RTA風」、「ちょっと早いゆっくり実況動画」と面白半分に揶揄されることもある。実のところ他のRTAプレイヤーよりは相当早く、いくつかのRTA世界記録に肉薄、記録を塗り替える事も少なくないほどの侮れない腕前なのだが、この一見するとヘタウマなスタイルが視聴者のライバル心を刺激し、ブームを起こす一因になったと言えよう。
本人はこうした自らの作風の流行を「ぐうぜん。」と語りつつ、その影響を「まじめにチャートをねる。れんしゅうせず本番かいし。とうぜんがばるわらわれる。じぶんでもできそうとおもわれる。走者ふえる。ふしぎ!」と自認し分析している(上述のインタビューより)。

ゲーム攻略案をまとめた攻略チャート(以下チャート)は、杜撰さや非効率から「ガバガバチャート」(通称「ガバチャー」)と頻繁に視聴者から呼ばれるが、実際のチャート内容は非常に綿密である。
本人曰く「チャートをかんがえるのが好きなのであって、同じげーむを何度もするのはきらいだと1作目できづきました。」と、自身の性分を語っている。

biim兄貴リスペクト

彼の動画特有の、テレビ番組のL字型画面に似た画面レイアウトは「biimシステム」または「biim窓」と呼ばれおり、これを使用した動画は「biim兄貴リスペクト」と分類され、後述するようにテレビゲーム以外の題材のプレゼンにも使われ、動画ジャンルの一つとして確立されたほど。
本人曰く「ニコニコ動画の投稿者コメント機能の見づらさ」がきっかけで画面レイアウトを練ることになり、「『狂った果実』をもとにしました(てきとう。」とのこと。

狂った果実=1992年発売のエロゲー。詳細は上記項目を参照。

biim窓のフリー素材



注意

…但し、画面レイアウトに留まらず、そのプレイスタイルや動画中の文体もリスペクトしているプレイヤー達も多いので、下手に乱用するとただのコピペと取られかねないので注意(可能な限り自分のオリジナリティを出して制作するとなお良い)。
更に、他のRTA動画にbiim兄貴RTA動画のノリとネタコメを持ってくるマナーの悪い視聴者も存在する為、他のRTA動画の製作者や視聴者の迷惑にならないようにしておきたい。

公式が病気

彼のネット上の人気にあやかってか、ファンのみならず企業側も一方的なリスペクト的ネタを披露することがあった。
2018年2月に放送されたアニメ版ポプテピピックの第5話にて、このbiimシステムをパロったシーンが流れた。原作者の大川ぶくぶは以前からbiim作品のファンだったらしい。
放送30分間の前半と後半で同じ映像を流して音声だけ変える、というのがこのアニメの独特すぎる作風であり、第5話後半は杉田智和中村悠一名コンビが声を担当している。前半では見られなかったbiim兄貴が動画内で繰り返す定番のセリフや、その棒読み具合から淫夢ネタ界隈に巻き込まれてしまった殿下ネタの完全なモノマネを追加しているあたり、淫夢ネタに明るいことでも知られるこの二人もbiim作品を鑑賞したことがあるのかもしれない。

また、兄貴本人もこのアニメについてTwitterで短く反応している。


2019年1月にはバーチャルYouTuber猫宮ひなたがbiimシステムを使用した忍者龍剣伝RTAを発表。チャンネル公式のコメントで「Biim式の編集やってみた。」と言明するほどの堂々たるリスペクトぶりだったが、兄貴からは右枠の編集量の足らなさをダメ出しされる(前述のインタビュー記事にて)。
しかしながら、このダメ出し発言によって自縄自縛に陥ったのか、後日に自身の新作についても右枠の編集量に悩む様子をこぼしている。


2019年9月にはSANKYOがパチンコ版機動戦士ガンダム逆襲のシャアの発表を記念した宣伝PVをYouTubeにアップするが、その内容はbiim兄貴リスペクト動画風に逆襲のシャアのストーリーを解説するものだった。
ゆっくりクェスが登場しているが、声はSofTalkのものではなく、クェス役の川村万梨阿本人が担当。肉声でゆっくり音声のたどたどしさを表現する川村女史の珍技は一聴の価値アリであった(現在は動画は非公開化されている)。

2020年9月、とうとうゲーム内でリスペクトされる事例が発生した。
この場合はあくまでレイアウトが似ているだけで淫夢ネタには全く触れていないので安心してもいいと思われる。

2020年10月には「栃木県県土ちゃんねる」の防災訓練の風景を撮影した広報用動画がbiimシステムを利用しているさまが確認された。栃木県県土整備部が運営するれっきとした行政組織の公式チャンネルである。

兄貴本人もさすがに驚愕したのか、ツイートに咥え、翌日の投稿動画の説明文で紹介するほど。


なお、こうした企業の便乗ネタについて、本人は
「だれもリスペクト税くれないのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
等のお気持ちをしばしば表明しており、自身の活動が収益化できないことにご不満の様子。

関連タグ

ニコニコ動画 ゆっくり実況 RTA メガトンコイン
ゆっくりしていってね ゆっくり妖夢 真夏の夜の淫夢

関連記事

親記事

ゆっくり実況プレイ ゆっくりじっきょうぷれい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「biim兄貴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1640492

コメント