ピクシブ百科事典

ホヤウカムイ

ほやうかむい

アイヌの伝承に登場する神。
目次[非表示]

概要

名は「蛇の神」を意味する。
またの名をオヤウカムイ、サクソモアイェプ(夏に語らざる存在)またはラプシヌプルクル(翅の生えた魔神)とも言う(ラプシヌプルクルの名の方が知られることもある)。洞爺湖とする伝承もある。

姿については、翼を持った大蛇や龍、魚または亀に似た生き物と考えられており、体色は薄い墨色で目と口の周りが朱く縁取られ、頭と尾が極端に細く胴体が太い(イルカチョウザメカジキミツクリザメのような感じか?)
鼻先が鋭く刃物のように鋭利魚のような感じもあり、その威力は大木を引き裂き、切り倒すほどと伝えられる。

ホヤウカムイ


一種の憑き神的な存在であり、巫女に憑依して託宣をもたらす事が多いが、その際巫女は必ず「寒い!火を焚け!」と叫んでしきりに寒さを訴えると言う。

また、甚だしい悪臭を有するとも伝えられ、この体臭に触れれば草木は枯れ果て、人間がホヤウカムイの居場所の風下にいると体毛が抜け落ちて肉が腐れ焼け、死ぬ事すらあると言われる。その体臭で人々に害を為す魔神的な存在かと思えば、人間のコタンに侵入を試みた疫病神と戦って追い払ったとも言われ、幾つかの湖や沼では守り神としてホヤウカムイを崇める事もある。縄張りに侵入した他の神々を焼き殺そうとしたりするのは荒神や魔物に思えるが、疫病神や病疫を破滅させるなど二面性が激しい。害益双方の特性を持つのは、「母なる自然」の象徴とも言えなくもない。

オキクルミサマイクルの両雄に退治されてしまうという話もある。

なお、ユーラップ岳にはイルカ程の大きさで両腕が退化した翼のようになっている化身が住んでいるとされ、近年にも目撃談があるとされる。

創作での扱い

うしおととら

「オヤウカムイ」名義で 北海道編のボスキャラとして登場。魔神なので白面の者の関係者以外では最強クラスであった。

女神転生シリーズ

初出は『ソウルハッカーズ』で種族は”竜王”。翼が生えたカジキの様な頭部の蛇という、神話に忠実な姿で登場した。おばちゃん口調で毒ガスブレスを得意とする。

水木しげる作品

妖怪画では翼が生えたという姿で描かれた。インパクトがある絵なので海外レコードのジャケットにも使用されている。

関連タグ

蛇神 龍神 アイヌ 神話
ケツァルコアトル - 翼をもった蛇神という意味で近い。

外部リンク

ラプシヌプルクル - 悪神としての紹介しかしていないので留意
ホヤウカムイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ホヤウカムイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3882

コメント