ピクシブ百科事典

ロマン・レインズ

ろまんれいんず

ロマン・レインズはアメリカのプロレス団体「WWE」に所属するプロレスラー。
目次[非表示]

ROMAN EMPIRE

概要

本名「リーチ・ジョセフ・アノアイ」。1985年5月25日、フロリダ州ペンサコーラ生まれのサモアアメリカ人
プロレスラーを多数輩出しているアノアイ・ファミリーの一人で、父はワイルド・サモアンズシカ・アノアイ、兄はWWEで「3 minutes warning」メンバーだったロージーである。
従兄にはヨコヅナリキシ、兄と組んでいたジャマール(後のウマガ)がおり、他にもリキシの子であるウーソズの2人、遠い親戚にザ・ロックナイア・ジャックスなどもいる。

ジョージア工科大学にてアメリカンフットボールで活躍。2007年5月にNFLドラフトによりミネソタ・バイキングスに入団するも同月下旬に解雇、8月にジャクソンビル・ジャガーズに加入したがこちらも一週間も経たずに解雇される。2008年にカナディアン・フットボール・リーグ(CFL)のエドモントン・エスキモーに入団し、5試合に出場したがまたも解雇された。

2010年にWWEと契約し、下部団体FCWで9月にロマン・リーキーのリングネームでデビューする。
2012年にFCWがNXTにブランド変更されると、ロマン・レインズと改めヒールに転向、同年11月、WWEのPPV「サバイバーシリーズ」のCMパンクライバックジョン・シナによる三つ巴の王座戦にディーン・アンブローズセス・ロリンズと共に乱入する。翌日のRAWにも現れ、3名はザ・シールドを名乗った。
ザ・シールドは最高責任者であるトリプルHの立ち上げたオーソリティーに加わり悪の限りを尽くしたが、2014年に反旗を翻してベビーターンする。
しかし同年、ロリンズが裏切るとチームは解散状態になり、レインズはシングルプレイヤーとなった。

以降、上層部からの大プッシュを受け、それがあまりにも露骨であったことから声援とブーイングが入り混じる状態となる。それでも2015年の「ロイヤルランブル」で優勝。2016年の「レッスルマニア32」でトリプルHを破ってWWE世界ヘビー級王座を獲得する。
しかしプッシュされる度にブーイングは大きくなり、そして2017年の「ロイヤルランブル」で、観客のほとんどが、サモア・ジョーがNXTから昇格し30番目に登場するのを期待していたにも関わらず、レインズが登場したことから大いに失望させると、遂には入場曲が流れただけで大ブーイングが飛ぶようになった。
挙句、ジョン・シナと違い試合中も声援がほとんど無いという始末である。
それでもグッズ売り上げはジョン・シナに次いで2番目に良いというのだから不思議なものである。

2017年後半、ザ・シールドの再結成によりブーイングは止んだが、ディーン・アンブローズの負傷欠場で有耶無耶になった上に、2018年の「ロイヤルランブル」でも28番目での登場という好待遇であったことから、またブーイングされ始める。
同年8月19日にブロック・レスナーを破りユニバーサル王座を戴冠したが、10月22日に11年間もの間白血病と戦っていることを明らかにし、その再発により王座を返上し闘病生活に入ると発表した。

得意技

The Shield_Roman Reigns


スピアー
NXTからの昇格後より使用。相手の腹部へタックルし、相手の脚部を抱え込んで倒す技・・・が本来の形であるが、レインズのは相手腹部への頭突きに近い。

スーパーマンパンチ
ジャンプして右拳を叩き込む技。プロレス技と呼ぶべきか否かは賛否の分かれるところではある。

関連動画

入場曲「The Truth Reigns」(元々「ザ・シールド」の入場曲)


「Royal Rumble 2017」で30番目に登場した際のWWEファンのリアクション集

pixivに投稿された作品 pixivで「ロマン・レインズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1561

コメント