ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ROMAN EMPIRE

概要

本名「リーチ・ジョセフ・アノアイ」。1985年5月25日、フロリダ州ペンサコーラ生まれのサモアアメリカ人
プロレスラーを多数輩出しているアノアイ・ファミリーの一人で、父はワイルド・サモアンズシカ・アノアイ、兄はWWEで「3 minutes warning」メンバーだったロージーである。
従兄にはヨコヅナリキシ、兄と組んでいたジャマール(後のウマガ)がおり、他にもリキシの子であるウーソズの2人、遠い親戚にザ・ロックナイア・ジャックスなどもいる。

ジョージア工科大学にてアメリカンフットボールで活躍。2007年5月にNFLドラフトによりミネソタ・バイキングスに入団するも同月下旬に解雇、8月にジャクソンビル・ジャガーズに加入したがこちらも一週間も経たずに解雇される。2008年にカナディアン・フットボール・リーグ(CFL)のエドモントン・エスキモーに入団し、5試合に出場したがまたも解雇された。

2010年にWWEと契約し、下部団体FCWで9月にロマン・リーキーのリングネームでデビューする。
2012年にFCWがNXTにブランド変更されると、ロマン・レインズと改めヒールに転向、同年11月、WWEのPPV「サバイバーシリーズ」のCMパンクライバックジョン・シナによる三つ巴の王座戦にディーン・アンブローズセス・ロリンズと共に乱入する。翌日のRAWにも現れ、3名はザ・シールドを名乗った。
ザ・シールドは最高責任者であるトリプルHの立ち上げたオーソリティーに加わり悪の限りを尽くしたが、2014年に反旗を翻してベビーターンする。
しかし同年、ロリンズが裏切るとチームは解散状態になり、レインズはシングルプレイヤーとなった。

以降、上層部からの大プッシュを受け、それがあまりにも露骨であったことから声援とブーイングが入り混じる状態となる。それでも2015年の「ロイヤルランブル」で優勝。2016年の「レッスルマニア32」でトリプルHを破ってWWE世界ヘビー級王座を獲得する。
しかしプッシュされる度にブーイングは大きくなり、そして2017年の「ロイヤルランブル」で、観客のほとんどが、サモア・ジョーフィン・ベイラーがNXTから昇格、あるいは復帰の噂のあったカート・アングルが30番目に登場するのを期待していたにも関わらず、レインズが登場したことから大いに失望させると、遂には入場曲が流れただけで大ブーイングが飛ぶようになった。
挙句、ジョン・シナと違い試合中も声援がほとんど無いという始末である。
それでもグッズ売り上げはジョン・シナに次いで2番目に良いというのだから不思議なものである。

2017年後半、ザ・シールドの再結成によりブーイングは止んだが、ディーン・アンブローズの負傷欠場で有耶無耶になった上に、2018年の「ロイヤルランブル」でも28番目での登場という好待遇であったことから、またブーイングされ始める。
同年8月19日にブロック・レスナーを破りユニバーサル王座を戴冠したが、10月22日に11年間もの間白血病と戦っていることを明らかにし、その再発により王座を返上し闘病生活に入る。
しかし、4ヶ月後の2019年2月25日、白血病が寛解したとして復帰を表明した。

だが、2020年4月4日(日本時間4月5日)放送の“レッスルマニア36”第一部の第8試合(セミ・ファイナル)にてゴールドバーグが持つ「WWEユニバーサル王座」に挑戦することが決まっていたが、当日の試合直前にキャンセルとなり、代わってブラウン・ストローマンが登場し王座を奪取している。
当初はレインズのキャンセルの理由が公表されていなかったために、またしてもゴールドバーグが我が儘勝手を言って相手を代えさせたのだろうと言われたが、のちに「レインズの白血病が再発し免疫力が低下していることが判明したのでコロナ感染を防ぐために急遽長期休養することになった」と理由が明らかとなった。
その後PPVサマースラムの王座戦に乱入し復帰と王座戦への挑戦を表明。
ポール・ヘイマンと結託し、ヒールに転向後、PPVペイバックにてユニバーサル王座に戴冠。
「トライバルチーフ」(族長)を自称するようになり、同じアノアイ一族のジェイ・ウーソとの抗争後、ジェイを従えるようになり、ヒールとして暴れ回っている。
ヒールターンしてからは、かつてゴリ押しだとブーイングしていたコアなファンがレインズを評価するようになるという逆転現象が起きている。

2022年のレッスルマニア38ではWWE王座を戴冠していたブロック・レスナーを破り、最高王座2冠を果たした。

得意技

The Shield_Roman Reigns



スピアー
NXTからの昇格後より使用。相手の腹部へタックルし、相手の脚部を抱え込んで倒す技・・・が本来の形であるが、レインズのは相手腹部への頭突きに近い。

スーパーマンパンチ
ジャンプして右拳を叩き込む技。プロレス技と呼ぶべきか否かは賛否の分かれるところではある。AJスタイルズも同じ技を使う。

トペ・スイシーダ
ザ・シールドの他の二人はトペを使用するのに、レインズは使わないため「飛べない」と思われていたが、単にロリンスとアンブローズが使うのでレインズは使わなかっただけだった。アンブローズ退団後はたまに使用している。

ギロチンチョーク
ヒールターン後に使用するようになった技。体格のいいレインズが太い二の腕で思い切り締め上げるので説得力は抜群。締める際に顔芸もするので見映えもする。ヒール時のレインズはローブロー後に放ったり締め落とすまで続けたりと悪どい使い方をしている。

関連動画

入場曲「The Truth Reigns」(元々「ザ・シールド」の入場曲)

レッスルマニア37以降使用している新しい入場曲
「Head Of The Table」

「Royal Rumble 2017」で30番目に登場した際のWWEファンのリアクション集

関連記事

親記事

WWE だぶりゅーだぶりゅーいー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロマン・レインズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2823

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました