ピクシブ百科事典

ブロック・レスナー

ぶろっくれすなー

ブロック・レスナーはアメリカのプロレスラーで総合格闘家。WWEで活躍し、UFCにも一時期参戦した。
目次[非表示]

BEAST INCANATE

概要

本名「ブロック・エドワード・レスナー」。1977年7月12日、サウスダコタ州ウェブスターのドイツアメリカ人の酪農家の家に生まれる。

高校時代はアメリカンフットボールアマレスに興じ、ビスマルク州立大学のレスリング部ではNJCAAヘビー級レスリング選手権で優勝したが、廃部によりミネソタ大学へ編入、全米大学体育協会(NCAA)のヘビー級チャンピオン、2度のNCAAオール・アメリカン、2度のビッグ・テン・カンファレンス・チャンピオンなどになった。また、ミネソタ大学の同窓生にはシェルトン・ベンジャミンがいる。

2000年WWEと契約し、下部団体OVWでプロレスデビュー。2002年ポール・ヘイマンをマネージャーとしてWWEでのデビューを果たすと、同年8月のPPV「サマースラム」でザ・ロックを破りWWE統一王座を獲得した。ちなみに、これはWWE最高王座獲得の最年少記録であったが、2004年ランディ・オートンにより更新されている。

相手の巨体を物ともせず持ち上げる超人的なパワーと身体能力により団体のトップとして有り続けたが、2004年にアメリカンフットボールへの挑戦を考え、「レッスルマニア20」でのゴールドバーグの試合を最後に退団することを決意する。しかし、ゴールドバーグもこの試合を最後に退団すること、また両者の退団がインターネットを通じてファンにリークされてしまったこともあり、終始「大ブーイング」の中での試合という最悪の幕切れとなった。
またアメフトも、ミネソタ・バイキングスに入団こそしたものの開幕選手にはなれず解雇される。

2005年10月、新日本プロレス東京ドーム大会へ参戦、その初戦かつIWGPヘビー級戦にて藤田和之蝶野正洋との三つ巴戦を制して王者となった。
その後の中邑真輔との防衛戦も制したが、翌年10月に契約上のトラブルを理由に以降の新日での防衛戦を拒否する。新日は王座を剥奪したがベルトは返却されず、2007年6月にアントニオ猪木が興したIGFの旗揚げ戦にてカート・アングルに対して防衛戦が行われる。そこでカートに敗れ、その後にカートが新日に参戦して棚橋弘至が同王座を獲得するまで混沌とした状況が続くことになった。

2007年6月、「K-1ダイナマイト」にて総合格闘技デビュー。キム・ミンスを1ラウンド・1分9秒で破った。
同10月にはUFCと契約、翌年2月のフランク・ミアとの初戦では敗北したものの、11月にはランディ・クートゥアとの戦いを制してUFC世界ヘビー級王座に君臨した。

2011年、総合格闘技の引退を宣言するも参戦継続は視野に置いており、2012年に主にPPVへのスポット参戦という形でWWEへ復帰する。実際、UFCに復帰して2016年7月にマーク・ハントと対戦しているが、これに勝利こそしたものもドーピング検査でレスナーから陽性反応が出たため無効試合となった。

関連動画


「Next Big Thing」WWEでの入場曲。

人物

  • 最初の婚約者(事実婚)との間に男女の双子を儲けている。その後、2005年に元WWEディーバのセイブルと結婚し、2人の男子が生まれている。
  • 全米ライフル協会の会員である。

得意技

F5
代名詞ともいうべき必殺技。相手をファイヤーマンズキャリーの状態で肩に担ぎ、旋回させながらマットに叩き落とす技。
名前の由来は竜巻の強さの最大値から。WWEが商標登録しているため、他団体では「バーディクト(評決)」と呼ばれる。

ブロック・ロック
中西学のオリジナル技であるマフラーホールド。相手の片脚を自分の首にかけて締め上げる技。
UFCからの復帰後は使っていない(たぶん)。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロック・レスナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 538

コメント