ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 小説『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』に登場するサンクキングダム戦闘機
  2. 雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場する地球連邦軍の戦闘機。本項で解説


機体データ

型式番号FF-08WR / FF-08GB
所属地球連邦軍カラバ
開発地球連邦軍
生産形態量産機
全長15.32m
全幅9.5m
本体重量15.3t
全備重量20.0t
推力21,000kg
最大速度マッハ20
武装60mmバルカン砲ほか


概要

型式番号FF-08WRまたはFF-08GB
Pixiv上では、単なる「ワイバーン」タグも用いられる。

宇宙世紀0080年代中頃に開発された地球連邦軍の戦闘機。連邦軍の中でもエゥーゴ寄りの勢力が開発に関わったようで、Ζ計画で開発されたモビルスーツ(MS)とも技術的な繋がりがある。
ターボ・ファン・モードとロケット・モードの切り替えが可能なハイブリッド・タイプのエンジンを2基搭載しており、大気圏内外双方で運用できる全領域戦闘機となっている。
機体は、胴体と主翼が一体化されたブレンデッド・ウィング・ボディ。端部には可変後退翼を持つが基本的にはデルタ翼型で、ウェイブライダーとしての機能も持たされている。また、コックピットを含む機首周りの設計はコスト削減のためにコア・ファイター系列のものを流用しており、後のGコアとも共通化されている。
十分な武装を搭載できるよう、トリアーエズTINコッドといった以前の戦闘機と比べて機体の大型化が図られており、それによる運動性の低下を防ぐため、エンジン部のベクタード(推力偏向)式ノズルに加えて、AMBACによる姿勢制御を可能とすべく可変モビルスーツ(TMS)でも用いられたテール・スタビレーターが採用されている。

高高度から低軌道にかけてで極超音速飛行が可能な性能から、高高度迎撃機フライダーツの後継機として同様の地球防空および制空任務に就いていた。
練習機として用いられた機体もあり、宇宙世紀0085年には、訓練生時代のリョウ・ルーツも月面の第3訓練基地所属機に搭乗している。さらにグリプス戦役以後になると、ウェイブライダー形態の機体特性が近いΖプラスなどのTMSの操縦訓練にも使用された。
また、その搭載量を生かす形で、主翼下に兵装搭載用のトリプル・イジェクター・ラック4基を取り付けた対地攻撃仕様も存在し、こちらには「FF/A-08WR」の型式番号が与えられている。この仕様はカラバで用いられた。

バリエーション

ダガーフィッシュ

型式番号FF-S4
『ガンダム・センチネル』に登場。
宇宙空間におけるセイバーフィッシュの後継機として、ワイバーンを元に開発された宇宙戦闘機。エンジンがロケット・モードのみに限定されるなど、大気圏内での運用に必要な装備は撤廃され、その分コストも抑えられている。
セイバーフィッシュと同様に、主翼部の上下に計4基の固定式ブースター・パックが装着されており、ここにはそれぞれ2基のロケット・エンジンとともにミサイル・パイロンを1つづつ備える他、上部2基のブースターにはメガ粒子砲も1門づつ装備されている。

クインビー

型式番号FE-08WR
『ガンダム・センチネル』に登場。
ワイバーンを元に開発された、ミノフスキー粒子が少ない領域で用いられる電子戦機。機体各部にレーダーなどの敵の電子機器を妨害・撹乱するための電子戦兵器を搭載しており、それを管制する電子戦士官を搭乗させるためにコックピットは複座式になっている。
なお、複座化と電子戦兵器搭載によって肥大化した機首と釣り合いを取るため、テール・スタビレーター周りも大型化されている。

ミスルトゥ

型式番号X-08WR
『ガンダム・センチネル』に登場。
ワイバーンに亜音速域での格闘戦(ドッグファイト)能力を取り入れるべく試作された実験機。
機首にGコアをそのまま装着し、格闘戦時にはGコアのみを切り離して対応するというプランだったが、戦闘後の帰還方法などに問題が存在したため、3度の飛行試験のみで計画は中止された。なお、Gコアを切り離した機体本体にもコックピットが存在する複座機となっている。
その後、機体は宇宙での運用に向けて再設計された後、SガンダムΖΖガンダムのような分離合体能力を持つTMSの練習機として用いられた。

タングラム

型式番号FT-08WR
ゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスド・オペレーション』に登場。
連邦航空学校などで運用されている練習機で、TMSパイロット訓練生の高等訓練に用いられている。型式番号や用途などからワイバーン系列の機体と推測される。

関連タグ

ガンダムセンチネル カトキハジメ
フライダーツ セイバーフィッシュ

ジェット・コア・ブースター - ワイバーンと同様に、コア・ファイターの機首周りを流用した戦闘機。
レイヴン・ソード - ダガーフィッシュと同様に、セイバーフィッシュの後継機として開発された戦闘機。

F7U XF5U - デザインの初期段階でイメージソースとなった実在する戦闘機。

関連記事

親記事

ガンダムセンチネル がんだむせんちねる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ワイバーン(ガンダム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました