ピクシブ百科事典

彭侯

ほうこう

中国や日本の伝承で語られる木の精霊の一種。
目次[非表示]

概要

中国及び日本の伝承に伝わる人の顔を持つ犬の様な姿をした木の精霊の一種。
それぞれの解説は次の通り。

中国

生えてから1000年たった樹木に取り憑くとされる存在。
怪異説話集『捜神記』に記載されている記述によると、呉の時代に敬叔という名の人物が楠の大木を切るとこれが血を流しながら現れたので、捕えて煮て食べると犬の味がしたとされる。

また、同書によればかつて白澤が述べた魔物たちの名前を書き記した書物『白澤図』にこれの名前が記述されているという。

日本

江戸時代の怪談集『古今百物語評判』や百科事典『和漢三才図会』、鳥山石燕著の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』に中国の妖怪として紹介されており、『和漢三才図会』では上記の中国の逸話を紹介した上で、彭侯を木の精、あるいは木霊の事だとしている。

また、山彦は木霊が起こすという考えから、彭侯と山彦を同一視する事もあったとされている。

ゲゲゲの鬼太郎

CV:永井一郎北川国彦杉浦宏策富田耕吉(1期)、玄田哲章増田均岐部公好稲田徹増谷康紀(4期)、宮澤正(異聞妖怪奇譚)

原作「妖怪ほうこう」(アニメ第1期最終回)に登場。

般若天狗が混ぜ合わさったかのような顔をした妖怪で、アニメ第1期のラスボスでもある。
なお、本作では平仮名表記で“ほうこう”という名で登場している。

漬物を好物としており、ねずみ男を騙して村中の大根を盗ませて漬け込み、調査に訪れた鬼太郎をも毒牙を撃ち込んで痺れさせて漬物に付け込み喰らおうと目論む(なお、第4期の設定では自らの妖力を高める為に鬼太郎を漬物にして喰らおうとしていた)。

しかしその目論見は目玉おやじたちの機転やねずみ男の裏切りにより失敗するが、その直後に火、水、風、土の4つの属性の姿に分裂。再び襲い掛かるが、最後は復活を遂げた鬼太郎に火と水、風と土といった相反する属性同士の者をぶつけ合わされ無と化し消滅した。

なお、その正体は二千年以上たった巨大な縄文杉であり、長い年月を得て生命の根源である四大属性を操る事が出来る様になったという事が判明している。

FC専用ソフト『妖怪大魔境』ではステージボスとして、
PS2専用ソフト『異聞妖怪奇譚』では敵妖怪の1人として登場している。

地ほうこう

4体に分裂したほうこうの1人。地の能力を持ち、砂嵐を起こしたり、体を地面と一体化させる能力を持つ。体の色は黄色。

水ほうこう

4体に分裂したほうこうの1人。体の色は青色で、水属性を有しており、水流を起こす力を持つ。

火ほうこう

火の力をもつ4体に分裂したほうこうの1人。赤色の体をしており、炎を吐いて攻撃する能力を持つ。

風ほうこう

4体に分裂したほうこうの1人で、風の力を持つ個体。体色は緑色。竜巻を起こす力を持つほか、体を回転させて体当たりする能力を持つ。

関連項目

木の精霊 中国妖怪 妖怪 ゲゲゲの鬼太郎

関連記事

親記事

中国妖怪 ちゅうごくようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「彭侯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント