ピクシブ百科事典

銀河魔神バールギン

ぎんがまじんばーるぎん

銀河魔神バールギンとは、『地球戦隊ファイブマン』に登場する敵怪人である。
目次[非表示]

デカい奴が出て来たな。究極の超魔力を見せてやる!」
CV:青森伸

概要

前回の一件でグンサースターファイブをメドーが助力した事を快く思わないガロアが、打倒ファイブマンとグンサーの為に送り込んだ刺客。
緑色の身体に羊の様な角をした魔神と言うべき姿を持ち、額と胸部にも顔が付いている他、背中にも後光の様なリングが有る。ゾーンに与しているが、銀河闘士ではない。

悪魔の様なその外見に違わず超魔力と呼ばれる超常的な力の使い手で、木の枝を蛇や相手の動きを封じるリングに変えるたり、念力による攻撃や石化能力、果ては自力で巨大化する事も可能と、魔神の名に恥じない多彩な力を持つ。
おまけに3本の角を生やした強化形態も存在するが、スーパーファイブロボによってあっさり撃破されている為、劇中ではその引き立て役の印象が強い。

活躍

スターファイブの是非を巡って争うとグンサーの様子を伺い、2人が掴んだ木の枝を超魔力で蛇に変える。その拍子に岩山を転げ落ちてしまった2人の前にガロアと共に姿を現すと、超魔力でグンサーの棒を操り、2人を拘束した。

「ガロア艦長、お前の様な何処の馬の骨とも分からぬ様な者の力を借りる程落ちぶれてはおらんわ!2人纏めて片付けてやる!」と言って2人に襲い掛かり、ガロアと共に止めをするバールギンだったが、其処へブルー達4人がファイブラスターを撃ちながら加勢に現れた為、ガロアがバツラー兵を送り出すも返り討ちにされてしまう。

一方、メドーはガロアのプライドが傷付けられた事を喜び、「バルガイヤー艦長たる者、そうでなくてはならんのだ」と呟いていた。

その頃、バールギンはガロアと共に4人を追い詰めようとしていたが、そのどさくさに紛れて学と共に拘束されたまま、グンサーはスターキャリアを取り戻そうとする。そんな2人の様子に気付いたガロアが2人を成敗しようとするも、誤って2人を拘束していた棒を斬ってしまった。
後始末を自身に任せてガロアが撤退すると、残されたバールギンは超魔力で巨大化。念力でスターキャリアを動かすと、変身が解けた4人諸共、学とグンサーを押し潰そうとし、そのままグンサーを庇った学を岩に押し飛ばしてしまう。

其処へアーサーの操るファイブロボが加勢に登場。パンチを受けて怯むバールギンだったが、相手もその衝撃で転倒。それでも達4人とアーサーが合流し、改めてファイブロボに乗り込んでバールギンとの戦闘を続行する。
対するバールギンは自身の念力でファイブロボを圧倒し、更に念力でスターキャリアを岩山から引きずり落とす。尚もファイブロボを攻撃するバールギンに対し、両親からの通信を受けてファイブロボとスターキャリアをスーパーファイブロボにすべく、学は単身スターキャリアに乗り込んで起動させようとする。
無論、そんな事をバールギンが許す筈も無く、牽制して来るファイブロボを退けて学を石化しようと攻撃するも、グンサーに庇われて未遂に終わる。

スターキャリアを学に託したグンサーが石化して宇宙へ飛ばされると、残された学はバールギンの追撃を回避しつつファイブレッドに変身し、スターキャリアへ乗り込む。
そうはさせじと岩山を崩すバールギンだったが、スターキャリアは間一髪で空を飛んで難を逃れ、逆にジエンドカノンで自身を攻撃して来る。
そしてファイブロボがスターキャリアと合体し、スーパーファイブロボになった事で形勢は完全に逆転。上記の台詞と共に強化形態になると、強力な突風で攻撃するも通用せず逆に殴り飛ばされ、ジェットナックルでバールギンを追い撃ちに怯んだ所へ、止めのスーパーベクトルパンチを叩き込まれて爆散した。

余談

モチーフは名前から察するに、ソロモン72柱の悪魔であるバアルと思われる。デザインは篠原保氏が担当し、『百化繚乱上之巻]』では「トーテムポールや神様の像みたいな物をイメージして描いた」とコメントしている。実際のスーツは緑色となっているが、デザイン画の段階では白主体のカラーリング緑色はほんの一部であった。

声を演じた青森氏は『バトルフィーバーJ』にてコブラ怪ギザ歯怪人ノロイ怪人と言った怪人の声を演じて以来、11年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となったが、それ以降の出演はすっかり途切れてしまっている。

関連タグ

地球戦隊ファイブマン 銀帝軍ゾーン 魔神 バアル

愉快犯ゴウガン:デザインコンセプトが似ている5年後の怪人。

関連記事

親記事

銀河闘士 ぎんがとうし

兄弟記事

コメント