ピクシブ百科事典

EM(エンタメイト)

えんためいと

EM(エンタメイト)とはアニメ遊戯王ARC-Vの主人公榊遊矢が使用するモンスター群。攻守の変動に携わる効果を持つモンスターが多く、 また遊戯王ARC-Vから登場した召喚方法・ペンデュラム召喚をテーマに持つ。
目次[非表示]

EM(エンタメイト)は遊戯王OCGのカテゴリーの一つである。

概要

アニメ遊戯王ARC-Vの主人公榊遊矢が使用するモンスターたち。名前の由来はエンターテインメントとメイト(仲間)をかけ合わせた造語であるらしく、その造形は蝶ネクタイや星型のペイントが施されるなどとしており、サーカスをモチーフにしたものと伺える
その性能は自分フィールドのモンスターのステータス強化や、相手モンスターのステータス弱体化をする効果を持つモンスターたちが多く存在する。また新たなカテゴリーであるペンデュラムモンスターが半数を占める。
榊遊矢以外では彼の父榊遊勝が使用しており、遊矢が使用しているのも遊勝の影響が強い。

下級モンスターが多い為、元のステータスこそ貧弱だが、ペンデュラム召喚により大量に呼び出されたモンスターたちが互いの効果でステータスを強化していくことによって相手の3000程度の大型モンスターをも容易に上回り倒していくことができる下級ビートのテーマとなっている。
EM(エンタメイト)はペンデュラム召喚のテーマのひとつだが、ドクロバットジョーカーが出るまではEM(エンタメイト)モンスターのスケールは2から6までしなかく、他のペンデュラム召喚テーマに比べて狭い。
EMのメインである下級ビートでならとくに問題ないが、肝心の遊矢のエースであるオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンが登場から1年もの間ペンデュラム召喚では出せない点に関しては、アニメ再現がしにくいデッキとなっていた。

当初は動物や非人間型のモンスターが多かったが、近年では人間型やアイドルカード系のEMも登場する様になった。

強さの変遷

OCGでは「スペシャルサモン・エボリューション」の「EMペンデュラム・マジシャン」の登場からテーマの大幅な強化と組み意義が出来、「マスター・オブ・ペンデュラム」で登場した「EMドクロバット・ジョーカー」の登場で統一はもちろん魔術師やオッドアイズとの混合デッキでテーマとしての完成度は高くなった。

テーマの強化としてはここまではよかったのだが、アニメでデニスが使用していた「Em(エンタメイジ)」を軸に、ドクロバットジョーカーとペンデュラムマジシャンを主に出張させた【EMEm】は非常に強力なデッキに仕上がっており、特に「EMモンキーボード」の登場以降はかの全盛期征竜以上ともされるほどの他のデッキの追随を許さないほどの圧倒的な強さにまで仕上がってしまった
そのため、使用者である榊遊矢の「みんなに笑顔」という概念から大きく外れているという皮肉な話になってしまったのである。

このデッキの大流行を経た後の次の改訂では、Emから禁止カードを2種出したにもかかわらず、EMは規制無しとなり、その後も結局【EM竜剣士】として環境を支配したため、アニメの「(遊矢は)トップスと繋がっている」「お前(遊矢)のデュエルは独りよがりにすぎない」という台詞がネタに聞こえないという事態に陥っている。このころはアニメの評価の低さも手伝い、使用者の遊矢へのヘイトの集まり方も最早かわいそうなレベルで異常となってしまった。八つ当たりもいいところ…と思いきや、遊矢は遊矢で通常モンスター愛用者の神経を逆なでするかのような(通常モンスター不使用のデッキを使う中学2年生の発言と考えれば割とリアルでもありそうな)発言が出るなど、フォローしきれない状況を作ってしまっている。

一応遊矢の名誉のために言っておくが、アニメではデュエル中盤以降手札が足りずAカード頼りになりがちだった彼であるが実はEMをOCG環境トップに押し上げた原因であるペンデュラムマジシャンの「自分のカードを破壊して、その数だけEMをサーチする」というモンスター効果を1回も使っていない。
恐らく「仲間を爆☆殺したのに相手には何の影響も無いなんてエンタメとは程遠くね?」と制作サイドに考えられたためだろう。
そもそも「自分のカードの『破壊された場合』の効果を使えるしどうせ次のターンにはペンデュラムモンスターは場に戻せるし」という理由で当時の大会に臨むOCGプレイヤーが誰もが思いついた、「サクリファイス・エスケープや防御手段の発動、または意味のある特攻以外の目的で自分から仲間側だけを破壊しにいく」という冷徹なプレイは闇堕ち状態以外で遊戯王シリーズの主人公がやっていいものだろうか?」と疑問符がつく行為だろうし。
以上のことから、「ペンデュラムマジシャンのモンスター効果を使えればAカードに頼る頻度はそこまで高くなく、悪評もつきにくかったのではないか?」という予測をつけられないこともない…「いつもの人格こそが闇人格なんじゃね?」という別の悪評がつくであろうことを除けば。

なおドクロバットジョーカーに至ってはモンスター効果を使われたことが1回も無いどころかアニメで使用すらしていない。
ちなみにアニメで初出のモンキーボードは(すぐ後で言及するが)OCGで恐るべきスピードで禁止カード指定されたためかアニメでの出番はほとんど無かった。アニメではペンデュラム効果で毎ターンEMをサーチできたため、アニメで使い続けられていればAカードの出番を減らせただろうに残念である。

幸い次の改訂でEMを含む非常に多くのパーツが規制されてパワーダウンすることになるのだが、その規制ではEMモンキーボードが登場からわずか167日で禁止カードとなっている。
この記録は登場から禁止カードになるまでの期間では最も短い記録になっており、同時に主人公の使用『カテゴリ』から禁止カードが登場するという不名誉にも程がある記録を成し遂げてしまった(ちなみに更新と言いつつ同率1位なだけなのだが、そのもう一つの1位はかつて同じデッキに組み込まれていたEmヒグルミであり、また禁止化は閏年だった2016年の4月1日なので、「仮に閏年が無かったら166日で禁止化している」とも言えなくもない)。

その後は元のEMに加えてそれまでに登場したペンデュラムテーマをとにかく詰め込んだようなデッキ(主にマジェスペクター等)がそれなりの頻度で上位入賞を果たし、メタルフォーゼが登場するまでは代表的なPデッキの一つとして活躍した。
この過去のペンデュラムテーマを詰め込んだという要素が、アニメで遊矢が自身のデュエルの答えとして出した「俺はみんなと一緒に戦う!」という台詞に合致している事から、かつて皮肉に使われたアニメの台詞が良い意味で使われるようになったという副産物もなくはなかったりする。

ちなみに混ぜ物では無い純性の【EM】に関しては結果が出た事は特にない為、キャラクターデッキの強さに収まっている。前述の通り火力アップ効果の重ね掛けによって、トンデモない攻撃力を叩き出す強みは他には中々ない個性を持つデッキである。

EM(エンタメイト)モンスター一覧

ペンデュラムモンスター


非ペンデュラムモンスター


エクストラモンスター


余談

このテーマと同じくエンターテインメントを意識した「Em(エンタメイジ)」シリーズが登場している。こちらはダメージに関係した効果を持つモンスターが特徴である。

関連タグ

カード カードゲーム モンスター 遊戯王 遊戯王ARC-V 遊戯王OCG 効果モンスター EM 遊戯王OCGの種族一覧 遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧 サーカス エンターテイメント アクション 動物

pixivに投稿された作品 pixivで「EM(エンタメイト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60781

コメント