ピクシブ百科事典

JBL(WWE)

じょんぶらっどしょーれいふぃーるど

JBLとはアメリカのプロレスラー及び、証券アナリスト、投資家。
目次[非表示]

人物

1966年11月29日アメリカ合衆国テキサス州スイートウォーター生まれ。身長198cm、体重130kg。
本名はジョン・チャーリース・レイフィールド(John Charles Layfield)。
WWE所属。

プロフィール

大学時代にアメリカンフットボールで名を馳せ、1992年カウボーイギミックでレスラーデビュー。
1997年にはバリー・ウインダムと共に全日本プロレスの「最強タッグリーグ戦」にも出場した。

ブラッドショー(BradShaw)
1998年ファルークロン・シモンズ)と共にアコライツを結成。ジ・アンダーテイカーの「MOD(ミニストリー・オブ・ザ・ダークネス)」に参加し、翌年にはWWF世界タッグ王座(当時)を獲得。
2000年には新ギミックとして、ポーカーを好み、ビールをもらえばどんな相手でも用心棒を引き受ける、APA(アコライツ警備保障。Acolytes Protection Agencyの略)をファルークと共に開業。ここでもタッグ王座を取得。WWFに買収されたWCW侵攻(インヴェイジョン)の際には切り込み隊となった。

JBL
2004年にファルークと別れ、で成功した嫌な成金にギミック変更し、リングネームもジョン・ブラッドショー・レイフィールド(John "Bradshaw" Layfield)に改名。内閣を意味する取り巻き集団JBLキャビネッツを従えてヒール人気を獲得。6月27日の特番「グレート・アメリカン・バッシュ」でエディ・ゲレロからWWE王座を奪取するまでとなった。
ちなみに、JBLという愛称は元アメリカ合衆国大統領リンドン・ベインズ・ジョンソンの通称であるLBJに掛けられている。
その後翌年レッスルマニアジョン・シナに王座を奪われ、次の「ジャッジメント・デイ」では“I Quit(参りました)”言わせ戦で“I Quit.”を言わされるという屈辱に塗れる羽目になった。

愛称

  • レスリングゴッド:WrestlingGod
  • レ神:上記の愛称が由来のニコニコ動画等での愛称


得意技

  • クローズライン・フロム・ヘル(ランニング式ラリアット

ランニング式のクローズライン(物干し竿)だが対戦相手が強烈にマットに叩きつけられたり一回転するほどの威力を持つ。
現役時代は屈指の使い手として認知されていた。
元々は彼が尊敬するスタン・ハンセンのウエスタン・ラリアート(投げ縄)を模倣したもので、アメリカ式の「倒す」クローズラインと、ハンセンの「殴る」ラリアットを組み合わせたものになっている。

足の間に敵の頭を捕らえたあとに、余裕の表情で手でロングホーンの角を真似したり、タバコをふかす仕草をする。
  • ビック・ブート
軽量級相手の時にブートでダウンさせ、立ち上がったところを上のいずれかの技で仕留めるパターンがある。
  • ラスト・コール
技名は、株用語から。いわゆるブロック・バスターでアバランシュ・プレスのように相手を横抱きにして、そのまま後ろに反り投げる。

人物像

  • 郷土愛

ギミック上、故郷のテキサスを小バカにしていたが、実際は非常に郷土愛の強い人物である。
入場時にはロングホーン()がついたストレッチド・リムジンを使用。
また、ブラッドショー時代はテキサスで興行を行う度に、同郷のスティーブ・オースチンと大暴れしていた。

  • 保守派
政治的には共和党支持を公言する保守派である。また米軍への慰問も積極的に行い、2003年以降WWEが行っているアフガニスタンイラク駐留軍への慰問興行には必ず参加している。また日本公演が行われた際も在日米軍基地を訪問している。

  • バックステージの武闘派
普段は温厚でまじめな性格だが武闘派としても知られ、バックステージにおいては問題行動を起こした選手の制裁役を受け持つことでも有名である。
また、アコライツ時代に、隣の酔客から「黒人のタッグパートナー(ロン・シモンズ)とはキッツイなw」と言われた際、「相棒悪口は許さんッ!」と一喝し、その酔客をブッ飛ばしたというエピソードもある。

  • 酒癖について
酔っ払った時にメキシコとの国境の検問所で検問官だというほど酒癖が悪い。

pixivに投稿された作品 pixivで「JBL(WWE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70

コメント