ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:乃村健次

概要編集

スペースコロニーファーデーン」に住む男。38歳。正義感が強い。

ケツアゴで金髪異様なまでの逆三角体型が特徴的な男の中の男

「ファーデーン」の下層に娘として育てている養女のリリア・ブライア(CV:斎藤千和)と住んでおり、上層の街中で旧国家派閥の「ザラム」と「エウバ」の戦闘に巻き込まれたフリットエミリーを助ける。その後、一人で地上へと行ってしまったリリアを助けるため、作業用MSデスペラードに搭乗する。リリア救出後に「ザラム」のMS、ジラを1機ヒートスコップで倒す活躍も見せた。また、MSだけでなくトラックも所有していたようで、「ザラム」に捕まったフリットをエミリーとバルガスが助けに向かう際に、それを貸し出している。


なお、コロニー下層のスラム街に住む身でありながら、18m級のモビルスーツだけでなくトラックを所有し、更にリリアを養っていることから、「生活にはかなりのお金が必要ではないか?」と思われるが、イワーク自身の職業や収入源は不明である(リリアが屑鉄拾いをしていたので、ジャンク屋或いは廃品回収を生業にしていると思われる)。PSP版『ユニバースアクセル/コズミックドライブ』では退役した元軍人と明かされているので、退職金等で蓄えがあったのかもしれない。


そして、BD第2巻の特典イラストにおいて、スタッフ(?)のコメントで「就職したようだ…。」と書かれ、何らかの店員の服を着た彼がミレースと2ショットで描かれているが、そうなると「え…じゃあ今まで無職だったの?」という疑惑が(それ以上いけない)。きっと、ファーデーン下層の仕事でなく、ファーデーン上層の店に就職できたのでは、と思うのだが…。


下記の通り知名度は物凄いが、実は登場したのはわずか3話だけである。



イワークさんが有名になった理由。編集

  • まず、その「イワーク」という名前。

どう聞いてもその世代の方々にとってはポケモンな名前であり、レベルファイブといえばゲームフリークにバチバチに対抗心を燃やしている事でも知られているため、「イワーク」というネーミングセンス自体が本当にポケモンもといゲーフリに対する当てつけと思われた。


  • 体形がおかしく、上半身が筋肉隆々な割に下半身が細いという微妙なフォルム。

公式ページの立ち絵発表時から頭身のバランスがおかしいと指摘されていた。バルガスディケを始め、この作品は子供向けな側面から頭身がポップなメインキャラはごまんと登場しているが、一般人ポジションのキャラまで頭身がおかしいのはおかしいと指摘された。


  • 彼が叫んだ「俺達は、そのしわ寄せでこんな生活を強いられているんだ!」というセリフ。

ストーリー上はなんてことない台詞であり、別に叫ぶ必要もないシーンなのだが、何故が強いられているんだ!と叫ぶシーンに集中線が付いており、明らかに過剰演出となっている。


  • アニメ放送前から一部で話題になっていた、デスペラードの搭乗者だったこと。

スコップとピッケルを武器とする工業用MSであり、安全ヘルムを被っただけの二足歩行重機なデザインがやっつけすぎると話題になっていた。作中では勢いよく登場した割には次のカットでいつの間にかボロボロになっており、キャラの濃さに反して戦闘での活躍が無さすぎる事が逆に話題となった。そもそもデスペラードは「ならず者」という意味なので、ジャンク屋専用MSならまだしも工業用MSの名前としてはふさわしくなかったりする。


タイトルはDesperado Blues。強いられ続ける人生を懸命に生き抜く姿、そしてその原動力となる娘への愛を切々と歌い上げた名曲である。

ネットで話題になったキャラがキャラソン化されるケースは今までにも多くあったが、彼の場合はあまりにもスピードが速すぎた。しかもこういう時はだいたいネタ曲を期待される所なのだが、Desperado Bluesは普通に名曲である。



以上のことから、機動戦士ガンダムAGE内において屈指のネタキャラとなってしまった。ちなみにPSP版やGジェネ等の外伝作品では若干頭身が上がっており、一般人と同じような体型となっている。


なお、当たり前だがポケモンイワークとは何の関係も無い。まあ結局こうなるんだけどね↓

イワークイワークの いかり!


第二回人気投票一位編集

上記に起因するネット上での人気から、ブルーレイ特典イラスト掲載キャラを決める人気投票の男性部門において「72.0%」という圧倒的得票数をはじき出して堂々の一位を飾った。 ⇒ まさかの配役


まさかの参戦編集

そして本編登場から実に12年後の2023年2月、機動戦士ガンダムアーセナルベースLINXTAGE1弾(通算第5弾)において、ガンダムAGE本格参戦に伴い、本職のウルフラーガンを差し置いて、愛機(?)デスペラードを伴いまさかの参戦を果たす。肝心の性能こそ控えめ(というか民間人?だけあってぶっちゃけ弱い)なものの、デモ映像にも出演したり、同年5月稼働のLINXTAGE2弾においても継続参戦したり、レベルアップ時のセリフ(「強いられているんだ!強くなることを!」)であったり、運営も確信犯と思われる。



関連タグ編集

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE フリット編 フリット・アスノ エミリー・アモンド リリア・ブライア

デスペラード 強いられているんだ! 強いられているんだ! 強いる

廃品回収業 ジャンク屋


貧困格差社会:彼らのみならずガンダムシリーズ全般に言える社会風刺



ククルス・ドアン:中の人が同じで共に戦災孤児を育ているところなど共通点が多々ある。

関連記事

親記事

フリット編 ふりっとへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 667391

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました