ピクシブ百科事典

オリビアちゃんの大冒険

おりびあちゃんのだいぼうけん

1986年7月2日にアメリカ合衆国で公開されたディズニー映画。日本では1989年7月22日に公開。
目次[非表示]

概要

1986年7月2日アメリカ合衆国で公開されたディズニー映画

日本では1989年7月22日に公開された。ちなみに同時上映は『わんわん物語』。

イヴ・タイタスの『ねずみの国のシャーロック・ホームズ』シリーズを原案とする。映画ストーリーそのものは原作にはなく、ディズニーオリジナルである。

あらすじ(ストーリー)

舞台は1897年頃のイギリスロンドン。その日はネズミ女の子オリビア」の誕生日パーティだったが、突然フィジットがやってきて父親フラバーシャムを連れ去ってしまう。それは女王殺害して女王そっくりのロボットを身代わりにし、自分がこの国を征服しようと企むラティガンの仕業だった。フラバーシャムはを殺すと脅かされ、仕方なくロボットを作り始める。
オリビアは名探偵バジルに父親探しを依頼。この事件がラティガンの仕業と知ったバジルは、オリビアと医者ドーソンを連れ、愛犬トビーに乗って事件の捜査に乗り出すが、おもちゃ屋を探索中にまたしてもフィジットが現れ、今度はオリビアがさらわれてしまう。残された一枚の紙切れを手がかりにバジルはついにラティガンのアジトを突き止めるものの、にはまりドーソンと共にネズミ捕りの処刑台に捕らえられて絶体絶命の大ピンチ。
バッキンガム宮殿の式典当日、ラティガンは本物の女王とロボットをすり替え、国民の前で偽物の女王に「ラティガンに王位を譲る」と宣言させてしまう。本物の女王はエサにされる寸前だったが、そこへ処刑台から脱出したバジルが現れ、無事に救出。ラティガンの悪事はすべて国民の前でバラされた。
怒ったラティガンはオリビアを人質に取って飛行船で逃走するが、バジルたちが気球でビッグ・ベン時計台まで追いつめ、ついにバジルとラティガンの一騎討ちとなる。格闘の末にラティガンは時計台から墜落死し、ラティガンの部下も全員逮捕される。オリビアは父親と出会えて一件落着。
その後、バジルとドーソンはネズミ界の「ホームズワトソン」となって活躍する事になる。

登場キャラクター

バジル

ベーカー街221Bに住むネズミ名探偵。オリビアに頼まれて、さらわれたフラバーシャムを探しに行く。

ドーソン

アフガニスタンから軍務を終えて帰ってきた医師。道に迷っていたオリビアをバジルの元へ連れてきた。
ちなみに日本語版でのCV永井一郎氏である。

オリビア・フラバーシャム

イギリスのロンドンにあるマウストピアに住むネズミの女の子。父親は古いおもちゃ作りの職人、ヒーラム・フラバーシャム。
母親はおらず、父親が作ってくれるおもちゃで母親がいない寂しさを紛らわしている。

ヒーラム・フラバーシャム

オリビアの父親で、男手一つでオリビアを育てている。おもちゃ作りの職人。その腕に目をつけられラティガンに誘拐される。

ラティガン

今作のヴィランズ。犯罪王でバジルの宿敵ドブネズミと呼ばれることを嫌う。ヒーラム・フラバーシャムを誘拐して、マウストリア女王そっくりなロボットを開発させ、偽者のロボットを式典に呼んで、国王になろうとしたが、ビッグ・ベンの鐘が鳴りだし、バジルと一緒に転落死した(しかし、バジルは生きていた)。

フィジット

ラティガンの手下のコウモリ。片足が義足で羽が曲がっている。
日本語版のCVは大塚周夫

関連タグ

ディズニー ディズニー映画 ねずみ ネズミ シャーロック・ホームズ イギリス ロンドン

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オリビアちゃんの大冒険」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24470

コメント