ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 国鉄JR北海道が1959~88年まで運行していた急行「かむい」。
  2. JR北海道の特急列車。2007年に「スーパーカムイ」として運行開始し、17年よりカムイに名称変更。


本項目では主に2を扱う。

概要

運行区間札幌~旭川
運行路線函館本線
車両789系1000番台5両(札幌運転所)


札幌旭川を約1時間半で結ぶ都市間特急。自由席主体かつ、同区間で運行するライラックとあわせて30~60分間隔の高頻度運転を行っているため、道内の特急としては手軽に利用できるのが特徴で、高速バスと激しく競り合っている。
オールモノクラスで運行し、4号車はuシート(普通車指定席)となっている。列車名は神居古潭遺跡に由来する。現在のカムイは2代目で、初代は旧国鉄時代に同じ区間で運行されていた急行列車であった。

運行区間が被るライラック(2代目)との違いは充当編成で、ライラックはグリーン車つき6両編成、カムイはモノクラス5両編成である。

沿革

この特急のルーツは1980年に運行開始した「ライラック」(初代)(室蘭~旭川)と、その速達型として1986年に運行開始した「ホワイトアロー」→「スーパーホワイトアロー」(千歳空港(現・南千歳)・札幌~旭川)(いずれもL特急)である。

1992年新千歳空港が開業して千歳線の新千歳空港支線が開通すると「ライラック」「スーパーホワイトアロー」は旭川~札幌間の運行となり、うちライラックの一部が札幌~新千歳空港間快速「エアポート」運用で直通運転となり、新千歳空港に入るようになった(室蘭線方面は「すずらん」として系統が独立)。のちに2002年に「エアポート」直通運用は「スーパーホワイトアロー」に変わり、この頃にuシート(普通車座席指定席)が導入され、5両運転に統一された。

2007年789系(1000番台)が導入されて「ライラック」「すずらん」の781系が置き換えられたことで785系・789系が共通運用化され、「ライラック」「スーパーホワイトアロー」の区別は不要になり「スーパーカムイ」として統合され、初代かむいが88年にそらちに統合されて以来19年ぶりにカムイの名称が復活した。

2016年3月ダイヤ改正の時、旭川~札幌間L特急「スーパーカムイ」、札幌~新千歳空港間快速「エアポート」として直通運転していた運用は、事故による混乱時などの721系733系の「エアポート」運用との混用を避けるため、札幌で分割となる形で廃止となった。

2017年3月ダイヤ改正で函館から789系(0番台)6両編成が転入してスーパーカムイから785系が撤退、スーパーカムイはカムイと名称を変えて札幌生え抜きの789系1000番台5両編成による運行となり、元函館の6両編成の充当列車がライラック(2代目)に分離されたため、「カムイ」は10往復の設定となる。

関連項目

スーパーカムイかむいカムイ JR北海道 特急 uシート 列車愛称
スーパー宗谷/サロベツ/オホーツク/スーパー北斗北斗

コメント