ピクシブ百科事典

ショーンK

かわかみしんいちろう

ショーンKとは、テレビ番組などに出演していた(自称)経営コンサルタントである。
目次[非表示]

概要

1968年3月21日生まれ。ビジネス活動で用いる別名義のショーン・マクアードル(sean
・McAardle)川上としても知られている。
本人の公式サイト(現在は閲覧不可)によると、アメリカ合衆国ニューヨーク市でアイルランド-アメリカ系日本人の父と日本人の母の間に生まれ、11歳の時に日本に渡り、高校卒業まで日本で過ごしたとされている。アメリカに帰国後、米国テンプル大学でBA(学位)を、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学したとしている。
大学卒業後の1995年にニューヨークに本社を置く国際企業「ブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッド」を設立し、自ら社長に就任したとしている。

やがてその端正な顔立ちと低く渋いハスキーボイス、物腰柔らかな喋り方から、国際企業を経営するイケメン経営コンサルタントとしてメディアから注目を集め、多くのテレビ番組やラジオに出演する他、インテルのCMなどでナレーションの仕事も数多くこなしていた。

こうしてみると、まるで非の打ち所がない完璧超人だが、あるスクープをきっかけに彼は転落の道を辿ることになる。

疑惑

2016年3月15日発売の週刊文春において、ショーンの経歴詐称疑惑が持ち上がった。
それは、彼の公式サイトの英文プロフィールに長年載せられていた「高校卒業まで日本で教育を受け、大学で米国に戻り、フランスで2年間を過ごした。(中略)テンプル大学でBA(学位)、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。パリ第1大学に留学をした」という記述について文春が取材したところ、ショーンは、「学位は取っていない」「パンテオンソルボンヌ(パリ第1大学)には入っていない。オープンキャンパスの中で聴講した」「ハーバード・ビジネス・スクールには、オープンコースの3日くらいのコースに1回行った」と回答し、自身の経歴を詐称していたことを認めたというものだった。本人は「急ごしらえのプロフィールであり、誤った内容のまま放置してしまった」と釈明し、ホームページで謝罪した。
自分の所属事務所の社長にも会うたびに謝り続けており、「4月からどうやって生きていけばいいのかわからない」と不安な心情を吐露しているとのこと。

テレビやラジオに数多く出演していたイケメン経営コンサルタントによる経歴詐称騒動は、大きな波紋を呼んだ。ショーンは今まで出演していたテレビ朝日の「報道ステーション」、フジテレビの「とくダネ!」など全ての番組を降板した。その中には4月から放送を開始したフジテレビの深夜の大型報道番組「ユアタイム」も含まれていた。この番組ではショーンをメインキャスターに据えて大々的に放送を開始する予定だったこともあり、フジテレビは番組開始前から出鼻を挫かれてしまうこととなった。(後任はモーリー・ロバートソン

だが疑惑は学歴だけに留まらず、彼が経営しているとする企業「ブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッド」は経営の実態が不透明であり、会社の住所も普通の雑居ビルで到底国際企業とは思えない。(会社の設立年もHPでは1995年となっていたが、会社の登記簿には2002年と記されており、矛盾している)
また、彼の事務所もレンタルオフィスであったことが発覚した。

その後、続けて整形疑惑が持ち上がる。
文春においてショーンの高校時代の写真が掲載されたが、現在とは違い平凡な顔付きであるため、「あの端正な顔立ちは整形によるものではないか」という疑惑が浮上した。(特に、鼻の違いが顕著であるが、それ以外はほとんど同じ)
オリエンタルラジオ中田も、整形疑惑について言及している。

前述の会社の登記簿に「川上伸一郎」と記載してあったことから、それがショーンKの本名であることが発覚した。
また、ショーン自身は自分のことをクォーターだと語っていたが、本名が明らかになり、日本人離れしたあの顔立ちも整形によるものという疑惑が生まれたことから、実はクォーターではなく普通の日本人であり、帰国子女という話も全て嘘ではないかと囁かれている。
実際、熊本市中学および私立高校にショーンとみられる川上伸一郎少年が在学していたという。元同級生たちによると、当時は影の薄い典型的なガリ勉タイプの生徒であり、プライドが非常に高く癇癪を起こしやすい一面や、虚栄心の強さから人前ですぐに去勢を張る癖から、「ホラッチョ川上」「おっぺけぺー川上」と呼ばれていたらしい。
文春記事では「ホラッチョ」を「熊本弁で嘘つきの意味」としている。
尚、当時の同級生たちはこの川上少年とショーンが同一人物であることに気づかなかったという。

その上、シークレットブーツで身長を10cmくらい高く見せていたという疑惑まで噴出した。

なお、後日「ホラッチョ」という言葉に関してtwitterの熊本県民や別メディア、方言研究者から「そのような熊本弁は無い」というツッコミが出ており、実際のところはローカルタレント「ホラッチョ宮崎」の芸名からではないかという説も出ている。
そんな中、本人は持ち番組で謝罪コメントを行い、本当の学歴が「テンプル大学ジャパン」中退であることを認めた。

元々所属事務所にはラジオDJを希望して面接に現れたといい、上記の盛りまくった設定がいつからどのようにして始まったかはこれからの解明が待たれるところ。
しかし英会話は普通にうまく、これが設定に騙される人が多かった要因でもある。
後に他のTV局などの取材で英語は高校時代頃にはそこそこ難しい英語の参考書を読んだりしており、コンサルタント会社に実際に入社して通訳をしていたこともあったのが判明。
高校の偏差値は68で、熊本県トップクラスの超進学校であったそうだ。

何故その努力をマトモな方に活かさなかったのか…。

その後今回の騒動は収束し、彼の話題が取り上げられることもなくなった。
現在のところメディアへの顔出しは一切しておらず、自宅に引きこもって暮らしているらしく、彼の現況を伺い知ることは出来ない。

余談

今回の詐称が発覚する前から、一部の人物はショーンの発言内容に対し疑問を抱いていた。経済ジャーナリストの荻原博子氏はショーンについて「経済に対してはコメントしてなくて、どちらかというと普通の常識的なことを喋っているなって感じでした」「この人は本当にそういう人(経営コンサルタント)なのかな?と。どういうことに長けているのか分からない人でした」と述べている。
スッキリ!!の放送において加藤浩次も過去の共演番組でのショーンの発言に違和感を持ったことがあり、「人間というより、言ってることです。言ってることに疑問があった。納得いかなかった」(要約)と語っている。
また彼のことを擁護する芸能人もいる。
そもそも、ハーバード大学はOB同士の結びつきが強い学校である事もあり、学校側に問い合わせればすぐ該当人物が卒業したのかは判明するところでありバレるのは時間の問題であったともいえる。

関連タグ

コンサルタント とくダネ! 報道ステーション 週刊文春

pixivに投稿された作品 pixivで「ショーンK」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2251

コメント