ピクシブ百科事典

スーパーシャーマン

すーぱーしゃーまん

スーパーシャーマンとはイスラエルがかつて運用していた戦車の系列名である。
目次[非表示]

イスラエル建国と周辺国との対立

西アジアのユダヤ人国家・イスラエルは国家として存続するには軍事力は不可欠なものであった。それというのも周りをアラブ人国家に囲まれ敵だらけの国だったからである。

そんなイスラエルは建国時、あの手この手でその後起こるであろう独立戦争に備え武器を調達していた。アメリカ製の戦車M4シャーマンもそのひとつで、ヨーロッパやアメリカから購入し、独立戦争から戦い続けたが、時代は冷戦真っ只中、東西の対立は激しく、米英ソはそれぞれ中東の友好国に兵器を供与していった。イスラエルもM4シャーマンやM46などを供与されていたが、エジプトシリアにはより強力なT-54戦車が供与されており、このままでは戦車戦が不利となると感じたイスラエル国防軍はM4シャーマンの強化に乗り出した。

M50スーパーシャーマン

第一弾として投入されたのが、フランスのAMX-13軽戦車に搭載されたCN-75-50 75mm砲を搭載したM50である。この75mm砲はドイツのV号戦車パンターに搭載されたKwK42 70口径75mm砲をベースとした61口径の長砲身砲であり、同じ75mmでもかつてのM4が搭載したM3 37.5口径75mm砲とは段違いの破壊力を誇った。
1956年の第二次中東戦争では、M50とエジプト軍が装備する「AMX-13の砲塔をつけたM4」との戦車戦という一風変わった戦いが行われることになった。

M51スーパーシャーマン

1960年代アラブ諸国にT-54等の供与が始まったことで、M50でも不足すると考えたイスラエル軍は、さらなる武装強化を図ることとした。
それはフランス軍最新鋭のAMX-30戦車の主砲、CN-105-F1 56口径105mm砲の短縮型(44口径砲)への換装を行うことであった。
大口径化を図った理由は成形炸薬弾の使用が前提にあったためである。成形炸薬弾は理論上口径が大きいほうがより威力が増すので、砲身長にこだわらなくていい利点があった。

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーシャーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2577

コメント