ピクシブ百科事典

ファイアマン(仮面ライダー)

ふぁいあまん

『たのしい幼稚園新案カード』でのみその存在が示唆されるショッカーの改造人間の1人。
目次[非表示]

概要

元々は検討用デザインとして描かれていたが所持事情でTV本編に登場しないままお蔵入りとなったと推測されるショッカーの改造人間の1人。
がモチーフの怪人と思われ、その姿は『たのしい幼稚園新案カード』でのみ確認できる。

全身が高熱で金色に光り輝く毛で覆われており、300℃の高熱の風を吐き出し、あらゆるものを焼け焦がしてしまう能力を持っており、この力を使って大都会の住人たちを皆殺しにしようと目論む。

ライダーとの決戦でもこの力をいかんなく発揮して追い詰めるが、最後は水の傍に誘き寄せられ、急激に冷やされた事により、その温度変化に体が高熱エレルギーに遭え切れずに自爆したとされている。

その他のたのしい幼稚園新案カード出典怪人

  • くじゃくおんな

体に無数の毒羽を持った孔雀型改造人間で、毒羽を発射するのが主な攻撃手段である。
理論上は仮面ライダーすらも殺してしまえる強さの毒の強さを持つという。孔雀同様に羽を展開して周囲の敵に放つ事も可能である。

  • どくバラおんなバラ型改造人間で、体の半分が人間という奇怪な姿を持つ。バラランガではない。
猛毒のバラを花屋に紛れ込ませ、トゲに触れた人間を卒倒させる作戦を展開するらしい。

  • かっぱおとこ
おそらく仮面ライダー史上初の河童の怪人であろう改造人間。
発達した水かきにより、水中では無類の力を発揮できるが、陸上では動きが鈍る弱点を持つ。
顎の力が強く、これで敵を咬み殺す技を持つ。

  • イグアナおとこ
トカゲロンやカメバズーカを思わせる王道デザインのイグアナ型改造人間。
森林地帯での戦闘を得意としており、長い舌を伸ばしてコンクリートの柱もたやすく切断できる。
この舌はマニピュレータの役割を果たし、手足よりも強い力を持つという。

  • バッファローおとこ
アメリカバイソン型の改造人間。
時速150キロのスピードで疾走し、二本のツノによる突進が得意技。
しかし、マイナス5度以下の寒さに弱いという弱点を持っている。

  • きくおんな
菊という歴代ライダーを探しても絶対にいないであろう植物がモチーフの改造人間。
体から花びらをばら撒いて相手を窒息させたり、姿を消す際に利用するが、最期は仮面ライダーに火の中にぶち込まれて死んだとのことである。しかしながら仮面ライダーが苦戦するほどの強敵ではあったようだ。

  • サメおとこ
サメにそのまんま手足が生えたような姿を持つ改造人間。
水中を時速200キロで泳ぐ能力を持っていて、噛み付いた相手を死んでも離さない執念深い性格。
また、血や香水などの匂いに敏感であり、陸上では動きが鈍る。

  • ピラニドン
ピラニア型改造人間。アマゾニアでもピラザウルスでもない。
眩いまでに発光する鱗での目くらましや水深8500mまでを26秒もの速さで潜水するという凄い能力を持つ。設定では南米に住む半魚人をベースに改造したらしい…ピラニアとは一体…。

  • ワニおとこ
ワニ型改造人間で、ワニがそのまんま直立した姿をしている…あの、組織違いじゃありませんか?
一振りでトラックを横転させる尻尾、自動車から生き物までなんでも噛み砕く大顎、全身を覆う硬い鱗など強力な能力を数多く備える。水中戦を得意としているが、弱点は腹部。

  • モスキート
蚊型改造人間。モスキラスではない。
口吻を突き刺した相手を老化させる能力を持ち、羽を動かす事で巧みに他人に変装できるとの事。

  • タコおとこ
タコ型改造人間。頭の造形を一言で表すとランチャー・オクトパルド似。
無数の吸盤が生えた長い足で敵を締め付ける攻撃が得意で、水牛のように大きい相手の骨も粉々にしてしまう。
海や陸地でも活動できる一方で、一番早く動けるフィールドはなんと砂の上であり、時速120kmも出せる。
状況が不利だと判断すれば墨を吐いて逃げる。


関連タグ

ショッカー怪人 ショッカー 初代ライダー
ゴースター:同じく動植物がモチーフじゃない怪人

関連記事

親記事

ショッカー怪人 しょっかーかいじん

兄弟記事

コメント