ピクシブ百科事典

三国ヶ丘駅

みくにがおかえき

JR阪和線と南海高野線が交差する駅。
目次[非表示]

概要

所在地:堺市堺区向陵中町二丁7-1
JR西日本阪和線南海電気鉄道高野線の駅。阪和線は特急列車を除く全ての種別が停車するのに対して、高野線は各駅停車準急のみの停車である。
駅の構造はどちらも相対式2面2線。どちらも分岐器がない棒線駅の構造だが、JRの駅は踏切の警報機が鳴る時間を短くするため、駅前後に絶対信号機があるので、停留場ではない。南海のホームは10両編成、JRのホームは8両編成に対応。
正式な表記は南海が「三国丘」、JRが「三国丘」。

南海電鉄

駅番号:NK57
駅名標には2013年9月6日まで、他の駅でローマ字表示を行うべきところにローマ字表示がなく、「阪和線 のりかえ」と書かれていた。現在は最新のデザインに更新され、すべてアルファベット大文字で"MIKUNIGAOKA"と表記されている。
1番のりばにはLED式の簡易行き先表示機があった(2013年9月6日までは行灯式)。次の電車が堺東駅を発車した時に「通過」「北野田方面行き」「泉北泉ヶ丘方面行き」のいずれかが表示された。
2013年9月7日、2番のりばにLED式接近表示機が新設され、放送も「○番線」から「○番のりば」、「足元の白線まで」から「足元の黄色い点字タイルまで」に、言い回しも「~いたします」から「~します」に変更された。
2016年12月20日、詳細型のLCD式行き先表示機が導入され、種別・行き先・発車時刻・通過電車が通過する時刻が表示されるようになった。放送も更新され、1番のりばに電車が到着する時、北野田方面行きの場合は「泉北線内の、各駅には停まりませんので、ご注意ください」、泉北直通和泉中央行きの場合は「高野山方面への、各駅には停まりませんので、ご注意ください」と放送されるようになった。2番のりばにおいては準急行を含めて「ただいま到着の電車は、なんば行きです」としか案内されず、乗り間違いが問題視されたため、2017年10月に種別・停車駅案内と英語による放送が新規収録された放送に更新された。

のりば路線方向方面
1南海高野線下り中百舌鳥河内長野橋本高野山和泉中央方面
2南海高野線上り堺東天下茶屋新今宮なんば方面

JR西日本

駅番号:JR-R29
2007年に天王寺方面行きホームの堺市寄りの部分の拡幅が行われた。エレベーターはどちらのホームとも鳳寄りに設置され、2008年12月20日にエレベーターの供用を開始した。

のりば路線方向方面
1阪和線下り日根野和歌山関西空港方面
2阪和線上り天王寺西九条大阪方面

利用状況

近況

南海電鉄

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は39,989人である。
  • 南海本線に接続していない駅だと堺東駅に次いで多く、南海本線単独で最大の利用者を持つ堺駅より多い。

JR西日本
  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員は23,956人である。
  • 阪和線の駅では天王寺駅に次いで2位。

乗降人員比較表

年度南海電鉄JR西日本
乗降人員乗車人員乗降人員
2008年度37,820人21,197人42,394人
2009年度37,295人20,918人41,836人
2010年度37,761人21,267人42,534人
2011年度37,696人21,685人43,370人
2012年度38,267人22,217人44,434人
2013年度38,716人22,870人45,740人
2014年度39,047人23,008人46,016人
2015年度40,257人23,956人47,912人
2016年度39,804人24,000人48,000人
2017年度39,989人


隣の駅

南海電気鉄道高野線


JR西日本阪和線
  • 関空快速・紀州路快速・快速・区間快速
  • 直通快速(大阪環状線天王寺・西九条方面行きのみ)
    • 堺市駅(JR-R28)←三国ケ丘駅(JR-R29)←鳳駅(JR-R33)
  • 普通
    • 堺市駅(JR-R28)-三国ケ丘駅(JR-R29)-百舌鳥駅(JR-R30)

関連タグ

阪和線 高野線 中百舌鳥駅 大阪府内の駅一覧
三国が丘駅:これは西鉄天神大牟田線の駅。

pixivに投稿された作品 pixivで「三国ヶ丘駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138

コメント