ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

愛知県尾張地方北部にある市。人口は約14万8千人(2019年10月現在)。
名古屋市から見て真北にあり、隣接する自治体は一宮市春日井市犬山市江南市岩倉市北名古屋市西春日井郡豊山町丹羽郡大口町

戦国時代末期、織田信長小牧山城を築き、一時は尾張の中心となった。

小牧市は陸上交通の要所であり、東名道名神道中央道名古屋高速が交わっているほか、名古屋飛行場(小牧空港)が立地する。そのため戦後は三菱重工業等の軍事企業やその下請け企業の工場や倉庫が集まり、名古屋圏における(海上を除く)広大な軍事工場へと変貌した。かつては物流センターの拠点だったが、リーマンショックに伴う世界的な不況によって倒産や自主廃業する事業者が現れ、近年は東海北陸道の全線開通や東海環状道の開通区間の増加に伴い、規模の縮小や隣接する自治体(遠くは岐阜県土岐市)に拠点を移した事もあり、もはや過去の存在となっている。
一方、商業や娯楽、教育の場は市内に少なく、これらの点では名古屋市への依存度が高い。

市北部では日本三大奇祭の1つである『豊年祭』が行われる田県神社がある。

交通

複数の高速道路が交わっており、自動車交通の要になっている。
一方で、鉄道は各駅停車しかない名鉄小牧線だけと非常に不便。しかも名古屋駅栄駅に行くには必ず乗り換えが必要になる。そのため小牧駅の1日の乗降客数は約1万人ほどに過ぎず、名鉄名古屋本線犬山線の主要駅と比べてかなり少ない。

かつて小牧駅から桃花台ニュータウンに向かって桃花台新交通ピーチライナーが走っていたが廃線となってしまい、現在桃花台ニュータウンは鉄道空白地帯となってしまっている。この地域では春日井市春日井駅高蔵寺駅までバスで移動したり、あるいは自家用車で直接名古屋に行く人の割合が高い。

名古屋飛行場は地元では小牧空港とも呼ばれる。かつては名古屋における空の玄関口であったが、中部国際空港が開業して以降はかなり機能が縮小した。

鉄道

名古屋鉄道


道路

高速道路


国道


県道


関連項目

桃花台新交通 愛知県 尾張国 田縣神社
井戸田潤・・・小牧市出身の人物。

関連記事

親記事

愛知県 あいちけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小牧市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227

コメント