ピクシブ百科事典

戦刻ナイトブラッド

せんごくないとぶらっど

『戦刻ナイトブラッド』とは、オトメイト、KADOKAWA、マーベラスの3社による戦国恋愛ファンタジーゲームである。
目次[非表示]

概要

乱世を生きる武将達が、プレイヤーである主人公を巡り、熱く激しい戦いを繰り広げる“戦国恋愛ファンタジー”。

(公式HPより引用)


オトメイトKADOKAWAマーベラスの3社が新たに展開する女性向けプロジェクト。
公式による略称は戦ブラ
2017年5月29日よりスマートフォン(iOS/Android)向けに配信されている。また、2017年6月21日現在200万ダウンロードを突破。

ゲーム設定

世界観


青い空に白い雲……
いつもと変わらない穏やかなある日___
「あなたの力を貸して欲しい」
そんな言葉とともに光に包まれ 次の瞬間___
目覚めたそこは、まるで戦国時代の日本
吸血鬼人狼の武将たちが天下統一を目指す【神牙】と呼ばれる世界だった

(ゲーム内あらすじより引用)

特別な血を持つ主人公に魅かれる、月牙族の武将たちと共に天下統一を目指す。


用語

神牙
人間、そして“月牙族”と呼ばれる種族が住まう異世界。ゲーム内では、『現実世界の戦国時代に似た世界』と表現されている。
かつては姫神子が治めていた平和な世界だったが、その姫神子が行方をくらませてからは領地の奪い合いなどで戦が起こるようになってしまった。
そんな神牙を統一するため、様々な種族の武将たちが兵を挙げて戦っている。
月牙族
吸血鬼』、『人狼』といった特別な力を持った種族の総称。
織田軍、豊臣軍は『吸血鬼』、その他の軍勢は『人狼』である。
覚醒
月牙族が持つ本来の力に目覚めること。
覚醒には特別な血脈の血を飲むことが必要だが、主人公の血にはその力があるため、ゲーム内で主人公の血を飲んだ武将は覚醒することができる。
また、覚醒すると、身体能力や治癒力が上がるだけでなく容姿も変化する。
姫神子
かつて神牙の世界を治め、また、統治者に血を与えていたが、突然行方をくらませた。
主人公を神牙に呼んだのも姫神子であり、憶測ではあるが元の世界に帰る方法を知っているものでもあると主人公は考えている。
まだ不明な点が多い。
厄魔
人間を襲う魔物のようなもの。その力は強く、月牙族でないと太刀打ちできないほどである。

キャラクター

  • 武将

6つの軍勢があり、各キャラクターはそれぞれの軍に所属している。

織田軍
イラストレーター:薄葉カゲロー

名前声優
織田信長森川智之
明智光秀島﨑信長
森蘭丸小林裕介
柴田勝家森田成一
丹羽長秀前野智昭

豊臣軍
イラストレーター:花邑まい
名前声優
豊臣秀吉花江夏樹
石田三成佐々木喜英
黒田官兵衛武内駿輔
竹中半兵衛逢坂良太
前田利家山本一慶

上杉軍
イラストレーター:四季咲組
名前声優
上杉謙信鳥海浩輔
柿崎景家興津和幸
甘粕景持緑川光
上杉景勝荒牧慶彦
直江兼続柿原徹也

武田軍
イラストレーター:miko
名前声優
武田信玄小西克幸
山県昌景中島ヨシキ
高坂昌信木村良平
内藤昌豊西山宏太朗
馬場信春安元洋貴

真田軍
イラストレーター:黒裄
名前声優
真田幸村山下大輝
真田信之森久保祥太郎
猿飛佐助村瀬歩
霧隠才蔵北村諒
由利鎌ノ助八代拓

伊達軍
イラストレーター:悌太
名前声優
伊達政宗梅原裕一郎
伊達成実岡本信彦
片倉小十郎佐藤拓也

  • イマリ
(CV 藤原夏海
大きな茶釜を背負った、二尾の白いたぬき。
姫神子に『異世界から来た娘を探せ』と言われ主人公を探していた。
このゲームの案内キャラクターのようなもの。

コミカライズ

月刊コミックジーンにて、2017年7月号からおの秋人によるコミカライズが連載されている。
豊臣軍を中心としたオリジナルストーリーが展開されている。なお、こちら(と後述のテレビアニメでは主人公に名前があり、結月(ゆづき)となっている。

ノベライズ

2017年10月には角川ビーンズ文庫から三津留ゆうによるノベライズか刊行されている。

テレビアニメ

2017年秋アニメとして、TOKYOMXサンテレビおよびBS11、ついでにテレビ愛知で放送。
アニメーション制作は颱風グラフィックス。

ネットラジオ

隔週金曜日には、『戦ブラジオ』がインターネットラジオステーション〈音泉〉にて(〈響 -HiBiKi Radio Station-〉では一週間遅れで)配信されている。

関連動画



関連タグ

オトメイト  KADOKAWA マーベラス(企業)

関連リンク

公式サイト
音泉『戦ブラジオ』
アニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「戦刻ナイトブラッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2111879

コメント