ピクシブ百科事典

焼きそばハロウィン

やきそばはろうぃん

一ノ瀬志希、鷺沢文香、城ヶ崎美嘉。アイドルマスターシンデレラガールズのビジュアルが強い三人組。
目次[非表示]

概要

『焼きそばハロウィン』とは、アイドルマスターシンデレラガールズ一ノ瀬志希鷺沢文香城ヶ崎美嘉の3人の組み合わせである。
3人が共演した際のキーワードが焼きそばとハロウィンだったためこう呼ばれる。縮めて『焼きハロ』とも。
『しき・ふみか・みか』を縮めて『しきふみか』と呼ばれたり、ラブライカに対するラブランコのようにイノセント・アニマ(志希、美嘉、速水奏)の派生系名称で呼ぶPも見られる。

初めて3人が揃ったのは2014年7月の月末ガチャの各属性SR枠であり、『シンデレラガールズ劇場』でも3人揃って登場した。
総選挙CD『We're the friends!』発売とリリースイベント翌日のガチャであり、このCDで声が付いたばかりの文香がさっそく水着ガチャの筆頭で登場、先行申し込み権が付いてきた2ndLIVE『PARTYM@GIC!!』に参加する美嘉が二番手を務めつつ、2月の初登場後すぐにイベントR化した期待の新人志希が三番手で初のSR化――といった状況だった。
なお、志希は翌年の総選挙で総合5位に入賞しボイスを獲得した。

その後も3人はそれぞれ安定した人気を維持しつつシンデレラガールズやスターライトステージでも活躍した。
個々でも然る事ながら、2人の組み合わせでも以下の通り交流がある。
志希と美嘉は『LiPPS』のメンバーとして共演し、二次創作も含めて人気を博する。
美嘉と文香は美嘉が『デレラジ』のパーソナリティーだったため文香がゲストだった95回で共演し、肌や髪の美しさに驚嘆している。
文香と志希はP達の間では文系と理系のインテリゲンチャアイドルとして対比される事があり、スターライトステージ1周年ガシャのSSRで共演したためこのガシャを回したPにとっては印象深い組み合わせとなった。

シンデレラガールズのアニメ展開第2弾として『劇場』がアニメ化(『しんげき』)された際も、上記の劇場354話はシーズン1の12回、シーズン3の5回(通算31回)で356話もアニメ化され、スターライトステージのみのPも『劇場』での描写を知る事となった。なお、この3人が揃った『劇場』は全てアニメ化されている。

そして2018年秋のローソンキャンペーンで3人がキャンペーンガールとして選出され一躍脚光を浴びた。ハロウィンをテーマにした衣装であり、志希は魔女、文香は黒猫、美嘉は悪魔
9月まで放送されていたシーズン3でアニメ化された記憶も新しい『劇場』356話が海辺で焼きそばの香りに誘惑される話であり、このふたつを結び付けたプロデューサーによって『焼きそばハロウィン』と呼ばれる事になった。

シンデレラガールズの『ぷちデレラ』が3人編成であり、スターライトステージでも季節曲などMVが3人表示になる曲があるためこの3人で編成するプロデューサーもおり周知に寄与した。
出自から各属性1人の3人ユニットなのでバランスが良く、偶然か属性順と五十音順が一致する(下記のようにローソンキャンペーンは毎回属性バランスが取られる)。
3人とも人気が高いアイドルであり、ゲームでのユニットとしての登場や楽曲歌唱(そしてその曲のデレステイベント)を望む声も多い。

シンデレラガールズの書き下ろしイラストを含むローソンキャンペーンは2016年冬(『お茶会』,櫻井桃華,二宮飛鳥,十時愛梨)、2017年夏(『夏』,緒方智絵里,神谷奈緒,堀裕子)、2019年秋(『ハロウィン』,小日向美穂,佐久間まゆ,白坂小梅,速水奏,大槻唯,相葉夕美)にも行われているが、その中でも衣装の柄やアクセサリのリボンが共通しており統一感がある。

ハロウィン焼きそば

焼きそばを作る際に具として紫キャベツを使うとアントシアニンとかん水が反応して麺が緑色になる。SNS界隈ではこれを『ハロウィン焼きそば』と呼び、2018年のハロウィンの季節には当記事の焼きそばハロウィンを求めて検索するとこちらの焼きそばも複数ヒットした。
製作の際のコツは添付のソースを使用するとその色で染まってしまうためコショウや薄口醤油などを使用して味付けする事と、かん水を使用している焼きそばを使用する事。
愛媛県総合科学博物館の解説ページ

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ / スターライトステージ
一ノ瀬志希 / 鷺沢文香 / 城ヶ崎美嘉
しきふみ / しきみか
焼きそば / ハロウィン
ハロ…ハロ型のどら焼きも存在するがこれは『ハロドラ』。

関連記事

親記事

シンデレラガールズユニット しんでれらがーるずゆにっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「焼きそばハロウィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8635

コメント