ピクシブ百科事典

9・18事件

きゅうてんいちはちじけん

バンダイナムコのゲーム『アイドルマスター2』に関する一連の騒動。
目次[非表示]

初めに

当記事は非常にデリケートです。中立性を持った編集を心がけてください。
また現在では騒動から7年経ち、複数の解釈が生まれ必ずしも中立性を保っているわけではなく一部には編集者による個人的な解釈が含まれている場合があります。当記事で初めてこの騒動を知る方々は、その事を踏まえた上で、閲覧して頂けると幸いです。
意見、不満、感想等は、当記事の掲示板でお願いします。

概要

9・18事件(きゅうてんいちはちじけん)とは、2010年9月18日に行われた東京ゲームショウ2010(以下TGS)で起こった『アイドルマスター2』に関する出来事。

読み方は様々あり、きゅういちはちじけんとも読める。表記も点を無くした「918」と書かれることも。場合によってはアイマス2に関する騒動全体を表すこともある。

事の始まり

それまで人々は皆、新しくなった『アイドルマスター』に興奮し、醒めない熱気で『アイマス2』の支援をしていた。そしてTGS2010にて行われたアイマスのイベント「アイドルマスター 765プロ決起集会」では声優陣も登場し、ミニライブから始まり当初会場は大きな盛り上がりを見せていた。
そしてまず、PVで黒井社長が登場する。
961プロから新キャラクターが登場する」との発表は前々からなされていたため、これは演出として受け入れられていた。
黒井社長は打倒765プロ宣言をしたのち、新ユニットの発表をしていくのだが……。

発表された新要素

男性アイドル

黒井社長が発表したその瞬間、聞こえてきたのはまさかの男性アイドルの声だった。
アイドル全員が女性の765プロのライバル役である新キャラクターとして現れたのは「Jupiter」という男性3人組のユニットであった。いわゆるジャニーズ系のいでたちである。
アイドルマスターはプロデュース(育成)シミュレーションゲームではあるが、女性キャラクターをメインとしたゲームであり、ギャルゲーと捉えられる場合もある。そのため、ギャルゲーにおいてはあまり慣例のない「メインポジションに男を追加」という采配は驚くべきものだった。
一応前作『アイドルマスターDS』にも男性アイドルは存在していたものの、こちらは女装アイドルであったため、その衝撃は大きいものとなった。
しかし発表はこれだけに留まらず、シリーズの総合プロデューサーである坂上Pによってさらに衝撃的な発表がなされていくのだった。

既存アイドルのNPC化

過去作でプロデュースできた水瀬伊織三浦あずさ双海亜美秋月律子の4人のうち、伊織・あずさ・亜美の3人は765プロ側の3人組ライバルユニット「竜宮小町」となり、律子はアイドルを引退してその竜宮小町のプロデューサーとなった。
これにより4人ものアイドルがNPCキャラ、つまりプロデュース不可となった。ギャルゲーで言うなら攻略対象からの除外である。
この変更には、前作までその4人をプロデュースしていたPの多くが頭を抱えた。

選抜レース

これから発売される『MASTER ARTIST 2』というCDシリーズで、同時発売される3人を1組としてオーディションをし選抜する。そして、オーディションを勝ち抜いた1組が「The World is all one!!のM@STER ver.」、つまりアイマス2の主題歌のようなものをCDで歌唱できると発表された。
オーディション方法はTGSでは明言されず、様々な憶測が飛び交い「AKB48のようにCD売上を競うものではないか」という推測もされ、もしそうならばアイマス2のテーマである「団結」が空虚なものになってしまうと予想された。
ただし後日発表されたオーディション方法は「携帯電話からの1人1票形式の投票」であり、投票結果も「全員で歌唱」が1位になったため、想像していたような選抜レースにはならなかった。

問題点・課題点

竜宮小町の扱い

竜宮小町のメンバーのNPC化については前情報である程度告知されていたものの、製作側から直々に、何のフォローもなく告げられた事で、観客に大きなダメージを与えた。
クリア後の裏ルートやDLCの配信に期待した者もいたが、それも予定されておらず追い打ちをかけるものとなった。
またゲーム本編での活躍も、序盤に先輩ぽい活躍を見せたものの後はJupiterの引き立て役で終わりその後は目立った活躍もない、というあんまりなものであった。
過去にも、『アイドルマスターSP』において以前プロデュースできていた星井美希がプロデュースできなくなったという事例がある。SPでの美希はライバル事務所の961プロへ移籍したという設定を課されてしまい、1人だけプロデュース不可能だったのだ。そのため、この竜宮小町の一件はこれと同じ問題だとする見方もある。
ただし、楽曲は他のプロデュース可能なアイドル達と同じ曲数が収録されており、ライブを鑑賞できるモード「S4U」で歌わせる事が可能で、条件を満たせばストーリーでも5人組でのライブにゲスト参加させる事ができた。
PS3版では、エクストラエピソードとして竜宮小町の4人を指導(プロデュースではない)しJupiterにリベンジする短編ストーリーを遊べるようになった。
後に、これはバンナム上層部からの予算や時間の制約の影響だったと電撃オンラインのアイマス10周年記念インタビューで元総合ディレクターの石原氏が語っている。

Jupiterの存在

前述したとおり、Jupiterは3人組の男性ユニットである。
アイドルマスターはアーケードからDSまでほとんど女の子のアイドルばかりの世界なのに、男性アイドルの登場によってその世界が壊れてしまうという懸念が相次いだ。
また、「竜宮小町をプロデュース不可にしてまで出す必要があったのか、彼ら用のキャプチャー・ボイス・ボーカルの費用を竜宮小町に使えなかったのか」などの声も出ている。
ただし、これに関しては彼ら3人のゲーム内でのデータ使用容量を合わせてもプロデュースできるアイドル1人の容量にすら満たしていないという点では注意。
他にも「公式で恋仲になったり、NTRイベントが起こるのでは」など男女関係についても色々と不安視されたが、公式で「それらの要素はない」と発表され、実際に765プロアイドルとJupiterが恋仲になるような展開はなかった。
しかし2発売前に発表された曲である「団結2010」に、あるアイドルが歌詞を噛んで本来の歌詞とは異なる「男の人が大好き」という言い間違えをしてしまうくだりが存在したり、前述の大幅な変更などから疑心暗鬼を生じざるを得なかった者が多く存在した。
またニコニコ動画では、総統閣下が「恋愛描写がなければいいという話じゃない、可能性を生み出しただけでアウトなんだよ!!」と発言する動画が投稿され(元の動画は削除済み)、再生数881,097、コメント数61,394、マイリスト数4,021を叩き出し、一躍脚光を浴びた。

ただし、容量解析などは、「リバースエンジニアリング」と呼ばれる行為であり、
いわゆる「クラッキング」に相当する行為であるため360版(俗に言う無印アイドルマスター)の説明書にすら記載されている違反行為であることを明記しておかなければならない
(リバースエンジニアリングはソフトの脆弱性などを見つけるためなど、アンチウイルスソフトなどを作成するためにも使用されるため、2017年現在は違法行為ではないが、著作権上では何度も問題が指摘されている)

過去作からの変更点

本作ではこれら以外にも様々な変更がなされている。
これらは9月18日のTGS以外で発表・確認された情報であるが、一部本騒動に飛び火している。
まず、今作から萩原雪歩の声優が長谷優里奈氏から浅倉杏美氏へ、765プロ社長は徳丸完氏演じる高木順一朗から大塚芳忠氏演じる高木順二朗へと変更された。
これらは事前にアナウンスされてはいたものの、公式からはっきりとした変更理由が語られることはなかった。
システム面ではより多くの要素が変更され、好評だったオンライン対戦機能も廃止されスコアのランキング形式のみとなった。これによりゲーム性が薄まり、かつてのような熱い戦いができなくなったとの声もある。
他にも新たな要素としてアイドル同士の不仲や対立が行われるシステムが導入されたが、これにより仲間外れやいない者扱いなど陰湿な行為を行うアイドル達の姿が描かれ、あまり見たいとは言えない部分が露になった。シナリオ面でも枕営業など生々しい描写を暗喩するテキストや芸能界特有の圧力など暗い要素が多く見られ、低評価の一因となっている。

また今作は『アイドルマスター』シリーズで唯一Xbox360PS3の2機種で発売されたソフトであるのだが、Xbox360版より半年程後に発売されたPS3版にはPS3版限定の新要素や特典が数多く存在し、先にXbox360版を購入したユーザーからは非難の対象となっている。またDLCもXbox360だけ先に配信が終了され以後はPS3のみとなっている。
他にも前作アイドルマスターDS876プロの3人がステージを見たり戦ったりすることができるDLC追加キャラクターとしてPS3版限定で登場した。プロデュースは不可。

疑問点

オーディション形式の必要性

前述のとおり後日「全員で歌唱」という選択肢によって選抜レースにはならなかったこの企画。そのような選択肢があるのならばオーディション形式である必要があったのか疑問視されている。
後にこの選抜レース的な方法はシンデレラガール総選挙に受け継がれ、こちらは毎回大きな盛り上がりを見せている。団結がテーマでありながら票で対立するという矛盾した打ち出し方に問題があったのだろうか。

声優陣への扱い

本人の心情は不明だが、秋月律子役の若林直美氏が発表中に涙を見せる場面があった。
若林さんはアイマスに対してはプレイヤーとしても私費でアケマス行脚するなどの熱心さで知られている。そして役者としてもアイマスについて真摯に向き合い、振り付けを自ら考え出すなどアイマスに多大に貢献してきたことで知られる程の人である。涙の真意は不明ではあるものの、外部から見れば数々の変更点で泣かされたようにも見えてしまったかもしれない。
水瀬伊織役の釘宮理恵氏についても一考がある。今や国内外問わず熱狂的ファンが多数存在する釘宮氏だが、アイマスの5thライブの出演依頼の際、アメリカでの他作品の公演予定が既に組まれていたものの、企画立ち上げから関わった立場としてアイマスを優先し、アメリカでの公演をキャンセルしている。このような頃に既にプロデュース不可が伝えられていたのだとすれば、心情を慮るのみである。

雪歩の声優交代については長らく発表されなかったが、事件発生から約5年後の2015年11月2日に雪歩の初代声優である長谷優里奈氏がTwitterにて声優交代の真相を暴露している。


社長の代替わりについては、徳丸氏は2制作当時病気療養中であり、それ故の変更と見られ、発売数か月後に徳丸氏の訃報が所属事務所により発表された。

反応

当日の反応

これらがまとめて発表された「765プロ決起集会」では、発表が次々なされていくにつれ、最初はいつものように熱狂していた参加者達が徐々に沈黙していった。
発表をした坂上陽三プロデューサーは静まり返った会場をすぐに退場。その場のフォローを声優たちののアドリブに任せるという始末だった。
そしてイベントは終了。アイドルマスターイベントでは恒例のアンコールは起こらず、最精鋭であろう700余名のP達は、アンコール枠のため照明が落ちたままの場内をただ静かに後にした。
ここまで書くと「大げさだろ」と思う方もいるかもしれない。
しかし、これらは映像に記録された事実である。
TGS2010におけるイベント状況を示した実際の映像はこちらを参照。
アンコールについては終了直後に即座に参加者退席のアナウンスが流れた事もあるし、辛い雰囲気であったのもあるが、普通では映されない観客退席が中継されていた所を見るとアンコールを想定内のものとしていた事が伺える。

近年のゲームショウではライブに合わせて騒ぎすぎる、いわゆる「厄介勢」が非常に増えたためゲームショウ各所での発表イベントでも基本的に「静かにしていること」が大前提となっているため注意されたし。
なお、これはアイマスに限らずほぼすべてのゲームショウ内イベントで適応されるだろうことが予測されるものである
(余所の発表を邪魔するなど苦情も多数あっただろうことが予想されるため)

発表後

この衝撃的な発表は瞬く間にネット上に拡散し、ネット上のアイマス関連コミュニティは大炎上した。
また当時全盛期であったまとめブログによりシリーズを知らなかった層にまで拡散され、その影響はどんどん拡大していった。
当時の空気は凄まじく、公式を叩く者からプロデューサーを引退する者、それを面白がり彼らを煽る者、最終的には少しでも肯定的な意見が出ると猛烈にバッシングを受けるなど内輪揉めまでに発展し阿鼻叫喚といった風情であった。

ユーザーレベル以外の反応

TGSは東京モーターショーなどと同様プロモーションの場であり、「会場で何があったのか」は投資家向けプレスにも載るため、TGSに向けて上げ基調に変わりつつあったバンダイナムコHDの株価は再び下げ基調に転じ、10月1日には年度最安値を記録した。
当然ながらバンナムグループはアイマス以外の事業も手がけているので全ての原因がこれであると考えるのは早計である。
ちなみに、この最安値は765(ナムコ)円という、ちょっとした偶然も起きた。

後日談

この騒動を受けて2011年2月24日に発売されたXbox360版アイマス2の初回限定版は売り上げ不振となり、通常版が販売前に廃盤になった。
また、CDもこの騒動により2関連のものは売り上げが伸び悩む形になってしまった。
発売日の一連の流れは2・24事変を参照。

一連の騒動によりアイマスというブランド自体の勢いが衰えたように見えたが、アニメ化により、それまでの経緯を知らない新規ファンが流入、アニメ終了に合わせてリリースされた『シンデレラガールズ』や『ミリオンライブ』などもあって、勢いを取り戻した。
現在では765プロ13人全員がプロデュースできる『ワンフォーオール』や『プラチナスターズ』、『ステラステージ』、男性のみのアイマスである『SideM』など、ある種ファンの要望に応えた後続作が誕生しており、それぞれが人気を獲得している。

関連項目

アイドルマスター アイドルマスター2
9.18事件 2・24事変

pixivに投稿された作品 pixivで「9・18事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245170

コメント