ピクシブ百科事典

Calamitymod

からみてぃもっど

サンドボックスゲーム『Terraria』のPC版にで導入できる非公式Mod。
目次[非表示]

概要

サンドボックスゲーム『Terraria』のPC版において導入できる大型Mod。
数十体の新しい敵と凶悪なボス、そしてそれらに立ち向かうためのアイテムや作るためのレシピ数個、苦難を極める新バイオーム、そして既存のexpertモードに匹敵する難易度などを追加する、まさに闘争を求めるプレイヤーのためのModである。

大幅に強化された戦闘面以外にも、『Lore(伝承)』と呼ばれるボスやバイオームに関するバックストーリーが綴られていたり、DM DOKURO氏が手掛けた数々のハイクオリティなBGMが採用されていたりと、ユーザーを楽しませる要素が多い。
他にもCalamityならではの家具ブロックなどの建築要素があるらしいが、そこは割愛しておく。

新たな難易度

Revengeance

難易度設定expertのワールドでアイテム『Revengeance』を使用すると変更できる、高難度モード。
ボスの攻撃力が増加したり、AIに変更が見られたりと強化されるが、このモードでしかドロップしないアイテムが存在し、プレイヤー側も『Rageゲージ』と『Adrenalineゲージ』が追加される。

Rageゲージはボス戦中に敵に攻撃を当てたり、逆に受けたりすると溜まっていき、満タンの状態で解放するとダメージブースト+150%5秒間または被弾するまで得ることができる。

一方のAdrenalineゲージは、攻撃を一定時間回避し続けるとゲージが溜まっていき、満タンの状態で解放すると最大ダメージブースト+250%を5秒間得られる。
ただし、使わずにいるとダメージブーストが徐々に減少していく。

ちなみに、ボス戦中に難易度変更しようとすると即死する。

Death

"Death is active, enjoy the fun."
Deathモードが始まった。楽しんでくれたまえ。

Calamity mod最大の高難度モード。
Revengeanceモード中にアイテム『Death』を使用すると突入できる。

Rage/Adrenaline解放によるダメージブースト増加、敵のスポーン率及びダメージ増加、さらに討伐していない一部のボスがバイオーム別に確率でスポーンするようになる。
また、各バイオームでのペナルティがさらに重くなり、侵入しただけでデバフが付与されたり、トラップが発動するようになったりするため、通常以上の対策が必要となってくる。
特に雪原バイオームは雨天時(吹雪時)に侵入して30秒後に即死なんてことも。

Death is not active, not fun enough for you?
Deathモードが終わった。十分に楽しめたかい?

Armageddon

アイテム『Armageddon』を使用することで挑戦できる縛りモード。
平たく言えばボス限定オワタ式

ボス戦が開始されると全ての敵の攻撃が一撃必殺となり、一発被弾しただけでも即死する。
そしてプレイヤーが死亡するとボスは消えるようになり、ゾンビアタック戦法が使えなくなる。
恩恵はボス撃破時のTreasure Bagが多くドロップするようになる。

Defiled Rune

アイテム『Defiled Rune』を使用することで挑戦できる縛りモード。
翼系統アクセサリーによる飛行が不可能になる代わりに、
一部限定レアアイテムをどこでもドロップ、最低ドロップ確率5%に上昇、敵ドロップコイン額2倍など、破格の報酬を得ることができる。

Iron Heart

アイテム『Iron Heart』を使用することで挑戦できる縛りモード。
後から設定できる半ハードコアモードのようなもので、ボス戦で敗北すれば最後、キャラクターがロストする。
こちらの特典は不明。

登場人物

主要人物

Yharim/ヤハリム(ヤリム)

Yharim


『ジャングルの暴君』の異名を持つ謎の存在。
Auric tesla armor(本Mod最強防具)に似た金色の鎧を身に纏っており、大剣を携えている。
ゲーム中、各ボスやバイオーム伝承でその名を確認できたり、彼にまつわる装備を入手できたりと、Calamity modにおいて重要な人物であることが伺い知れる。

ボスとしてはまだ未実装だが、2020年のエイプリルフールでFargo's modに出張したことがある(もっとも、ボス『Mutant』のスキンを置き換える形でだが)。

Draedon/ドラエドン(ドレイドン)
ヤハリムの鎧を作った鍛冶職人。
メカボス3体の他に、後述のAstrum AureusとThe Plague bringer Goliathを創り出したとされる事から技術者でもある事が伺える。

Amidias/アミディアス
海の王国に居を構える、王族の後継者。
追加NPC『Sea king』名義で作中に登場し、Sunken seaにスポーンするGiant Clumを撃破することによって街に迎え入れることができる。
海に関連した武具や召喚アイテムを販売する他、彼から水中呼吸強化のバフを受けることができ、後述するAbyssの探索の助けにもなる。

Permafrost/パーマフロスト
世界に名を馳せる大魔術師。
追加NPC『Archmage』名義で作中に登場し、後述するCryogenを撃破することによって街に迎え入れることができる。
に関連した武具を販売し、それらは超強投擲武器のクラフトに必要となる。

Statis/スタティス

Braelor/ブレイラー(ブラエロール)

Silva/シルバ

タウンNPCなど

Bandit/山賊

Drunk Princess/酔っぱらいプリンセス
ステータス変動デバフを与える類を販売するNPC。
組み合わせ次第でゲームを有利に進めることができるが、一度に3つ以上使うとアルコール中毒に陥るため飲み過ぎ注意。
他にも設置バフを与えるアロマキャンドルと、エキスパートモードのクトゥルフののうみそのような資格効果を与えるマジックマッシュルームも販売する。
ブラッドムーン時に話しかけるとブン殴られる事もあるので注意。

追加バイオーム

大型バイオーム

Sunken sea/サンケン・シー
地下砂漠に生成される、大部分が水没したバイオーム。
ネイビーストーンで構成された洞窟に、シープリズムの光が灯されている。
息継ぎポイントが限定されるため、水中呼吸関連のアクセサリーやバフポーションは必須。
エキスパートモードでは後述するDesert Scourgeからドロップアイテム『Ocean Crest』を手にいれると、探索が大分楽になる。

Sulphurous sea/硫黄の海
硫黄の砂と濁った水で構成されたバイオーム。
酸性の水に覆われており、中に入っている間はスリップダメージを受け続ける。
過酷な環境に適応した強力なエネミーが出現したり、雨の日に侵入するとステータス変動デバフを付与されたりと、危険な環境となっている。

伝承によると元はきれいな海だったが、ヤハリムに反逆した者達の遺体が次々と捨てられ、結果今のような形になってしまったと言われている。
また、アビスへの入り口でもあり、赴くためには装備を整えてから潜航する必要がある。

Abyss/アビス
深淵の名を冠した、水と暗闇に満たされたバイオーム。
極めて危険なバイオームであり、受動的だが信じられないほど強力なエネミーが生息している場所である。
高水圧により呼吸ゲージが通常より早く減っていき、十分に装備を整えていないと探索はおろか、生還すら危ぶまれる。
最大四層に分かれており、下に潜っていくにつれ貴重な資源と宝物を発見できるが、光源確保の困難さやエネミーの遭遇など、その分危険性が増していく。

なお、Rod of discord(カオスロッド)の使用は基本的に御法度。
使用すれば最後、何処からともなくエネミー『Eidolon wyrm Adult』が出現し、プレイヤーを即座に殺しにかかってくる。

Brimstone crag/ブリムストーンの岩山
地底世界左側に生成されるバイオーム。
『brimstone』と呼ばれるブロックで構成されており、後述するBrimstone elementalとの戦いの舞台となる。
ここでの溶岩接触ダメージは甚大であり、毎秒30ダメージもの被害を受ける。

Astral infection/アストラル侵食地
不浄の地及び真紅の地、聖なる地に次ぐ、第三の侵食地。
宇宙より飛来した流星により発生した。
荒廃した地表に、緑と橙の結晶体が露出した謎の黒色の構造体が隆起しており、異様な様相を醸し出している。
エイリアンめいたエネミーが跋扈しており、いずれも強力なだけでなく『Astral infection』デバフによるスリップダメージでこちらの体力を削ってくる。

なお、侵食地の名を冠しているが、実はバニラの既存バイオームのような侵食能力が無い。
追加された『Astral solution』とスチームパンカーが販売するクリタミネーターで、一応人工的に拡大できるが……

ミニバイオーム

Planetoid/プラネトイド
上空に生成される無数の小惑星帯。
キノコやジャングルに、ハートクリスタルのあるものなど様々。
ムーンロードを撃破すると各所に『Exodium
Cluster』なる鉱物が生成される。

Draedon Arsenal Labs/ドラエドンの兵器研究所
v1.4.5のアップデートで追加されたDraedonの研究所。
そこでは彼の研究を記載したログを閲覧できる他、特殊な武器の素材と動力となる、エネルギーセルの生成機と充電器が入手できる。
ただし、防犯装置となるレーザービーム砲台が配備されており、探索には危険が伴う。

追加ボス

ハードモード前

Desert Scourge/デザートスカージ

テラリア


砂漠で遭遇できるワーム系ボス。
クトゥルフのめだまより弱く、攻撃方法はトゲを飛ばしてくるだけ。
伝承によると元は海を泳ぐ穏やかな生物だったが、海の砂漠化に巻き込まれ、気性が荒い今のような様子に成れ果ててしまったという。

Crabulon/クラブロン
ひかるキノコの生えた巨大なカニ
キノコ苗床地下で戦うことができる。
伝承によると元は海の砂漠化から逃れてきたカニで、キノコと共生している模様。
彼のテーマソングはアップテンポのテクノミュージックでとてもカッコよく、Calamity modにおいて名曲と名高い。 カニのくせに

Hive mind/ハイブマインド

究极真实之恐惧-耶里德·尼亚布


クトゥルフののうみそに似た怪物
不浄の地にて時折スポーンする『Hive Cyst』を破壊するとスポーンする。
最初のうちは管を地面に突き刺し、その場に固定されているように見えるが、離れると地中に潜行してプレイヤーの近くに再出現する。
体力が減ると管を切り離し、第二形態に移行する。
自ら体当たりで攻撃するだけでなく、『Hive brob』や『Dank creeper』などのエネミーを召喚してくる強敵。

The Perforaters/パーフォレーターズ

perforators


真紅の地にて時折スポーンする『Perforater Cyst』を破壊するとスポーンするボスグループ。
本体となるHiveは口や目が出鱈目にくっつき、血管が脈動している肉塊で、プレイヤーの頭上を陣取り、スリップダメージを与える『Burning Blood』デバフを誘発させる弾を撒き散らす。
その他にも大・中・小のワームがプレイヤー目掛けて突撃してくる。

伝承によるとクトゥルフののうみそに寄生している、いわば寄生虫のような存在らしい。

Slime God/スライムゴッド
キングスライムの強化形態を思わせるボス。
紫の『Ebonian slime(エボニアンスライム)』、赤い『Crimlan slime(クリムランスライム)』、そしてそれらを統率するコアの三体に別れている。
エキスパートモードのキングスライムのようにダメージを与えると分裂していく。

ハードモード

Cryogen/クライオジェン

Cryogen -クリオジェン-


雪原にて対峙できる氷の結晶体で、Archmageを封印している。
プレイヤーを追尾しながら、どこかで見たような障壁で攻撃を防いだり、フロストボルトを発射したりする。
凍え、凍結、フロストバーンの三種類の雪原由来デバフを網羅しているが弾幕は緩めなため、後に控えるボスと比べるとそうそう苦戦することはない。

Brimstone Elemental/ブリムストーンエレメンタル

硫磺火元素


炎の一種を司っている、単眼のエレメンタル。
バニラの地底世界で生成される追加バイオーム『Brimstone crag』にて対峙できる。
こちらに近寄りつつテレポートで撹乱したり、『Brimstone flames』デバフを与えてくる火の弾を放ってくる。
また、殻にこもってこちらのダメージを防ぎつつ、ショットガンのように弾をばらまいてくる強敵。

かなりの豊満なボディの持ち主で巨乳
ドロップ品の中にあるアクセサリ『Rose stone』を装備すると仲間として戦ってくれる。
魔物娘好きにはたまらないかも。

Aquatic scourge/アクアティックスカージ
硫黄の海で対峙できるワーム系ボスで、前述のDesert Scourgeの亜種にあたる。
自然にスポーンする事もあるが、普段はおとなしく、こちらから攻撃しない限りは敵対しない模様。
ワイバーンに似た飛行能力を持ち、残留する毒ガスや追尾能力を持つ猛毒のトゲといった戦法を持ち、どう攻撃を回避するかが求められる。

Calamitas/カラミタス
Calamity modにおける重要人物の一人。
ツインズのレティナイザーのような挙動でレーザーなどの飛び道具を放ってくるが、強さはもちろん段違いである。
体力の消耗具合に応じて、取り巻きの『Catastrophe』と『Cataclysm』の2体を召喚してきたり、周囲にミニオン『Soul seeker』を呼び出してこっちの攻撃を防いでくる。

Leviathan&Anahita/リヴァイアサン&アナーヒタ
人魚『Anahita』と巨大生物『Leviathan』のコンビ。
最初はAnahitaが『???』名義でスポーンし、何もしてこない。
しかし攻撃を仕掛けて倒すと???がAnahitaに変化し、初めて戦いが始まる。
Leviathanの方は、Sirenの体力が50%を下回ると召喚される。

最初Anahitaは『Siren』名義であったが、アップデートで見た目共々変更された。

Astrum Aureus/アストラム・オーリアス

彗星战舰


アストラル侵食地にて対峙できるボスで、アストラルウイルスに侵食されたヤハリム軍の探査マシン。
金属と有機物が融合して形作られたクモのような造形を持ち、背中に炎に似たエネルギー体が揺らめいている。
上から押し潰してきたり、ホーミング弾を打ち出して攻撃してくる。

The Plague bringer"Goliath"/ザ・プレイグブリンガー『ゴリアス』


クイーンビー機械化したかのようなボスで、前述のドラエドンの手によって改造されたと思われる。
スリップダメージ+防御と移動速度低下+暗闇状態の効果をもつデバフ『Plague』を誘発させる攻撃を多数持っており、プレイヤーめがけて突撃したり、ミサイルを射出して攻撃してくる。
ドロップする武器も相手に疫病を誘発させるものが多く、自分のものにできれば強力な戦力となる。

彼のテーマソングもClaburonと双璧を成すほどの名曲ぶりで、五拍子からなるハードコアBGMは一度聞く価値あり。
Ver1.4.4以前はクイーンビーに近い姿をしていたが、アップデート後の姿は、翅がエンジンになっているという上記の画像のような姿に変更された。

Ravager/ラヴェジャー
で構成された巨躯と、赤と青の眼光を宿す頭骨を持ったボスで、ヤハリムに反逆した者達の死骸で形作られている。
バニラのゴーレムのように飛び上がって上から押し潰そうとする他、両端のフックを射出したり、移動を阻害する石柱やフロストバーンデバフを誘発させる攻撃をする燭台などを召喚する。
また、HPが減ると頭部を分離させて襲いかかってくる。

何気にドロップ品が美味しいボスであり、Providence討伐後に倒すと多様なインゴットやコアを落としたり、Revengeanceモードで倒すとRage解放時のダメージを恒久的に強化する『Infernal Blood』をドロップしたりする。

Astrum Deus/アストラム・デウス
アストラル侵食地にて対峙できるボス。
数匹単位で徒党を組んだワーム系ボスで、体長が短い代わりに数の暴力で一斉に襲いかかってくる。

伝承によると後述するThe Devourer of Godsに襲われ、その末に一度息絶えた事と、自身の破片を流星に変化させて前述のアストラル侵食地を作り出し、そこで肉体を再生させていたという事が分かる。

ポストムーンロード

ムーンロード討伐後に戦うことができる。

Profaned Guardian/プロファンドガーディアン
メイン、ロック、クリスタルといったそれぞれ役割の違う敵で結成されたトリオボスで、昼間の聖なる地と地底世界に現れる。

The Dragonfolly/ドラゴンフォリー
後述するYharonのクローン生体兵器。
伝承によると自身を複製させる能力を持っており、自力で小型のクローンを作り出し襲わせてくる。
Ver1.4.4アップデート前はかわいいひよこのような姿だったが、適応後は上記の設定を反映したのか、後述のYharonに似た黄色い鳥竜のような姿になっている。
名前も『Bumblebirb/バンブルバーブ』から変更されている。

Providence the Profaned Goddess/冒涜された女神『プロヴィデンス』
燃え盛る炎の翼を持った神々しいボス。
多彩な攻撃方法を持っており、槍や火の玉による弾幕攻撃、巨大火炎弾攻撃、さらにムーンロードのような薙ぎ払いレーザービームなども放ってくる。
時折Profaned Guardianを三体召喚し、こちらの体力を回復させてくるため、取り巻きにも気を配る必要がある。

伝承によると古代に起きた天使と悪魔の戦争によるエネルギーで生まれたらしく、炎のエネルギーで戦争を終わりに導いたとされている。
撃破するとRaveger等の以前のボス達が強化される他、ドロップ品が追加される。

Sentinels of the Devourer/センチネル・オブ・ザ・デバウアー

Signus, Envoy of the Devourer


※画像はSignus

召喚アイテムを違う場所で使用すると呼び出せるボスが変わる特殊なボス群。
ダンジョンの中で使うと鏡のような姿形の『Ceaseless Void(ケースレスヴォイド)』、地底世界で使うとマントを羽織った暗殺者『Signus,Envoy of the Devourer(シグナス・エンヴォイオブザデバウアー)』、超高空もしくは宇宙で使うと電撃を操るワーム系ボス『Storm Weaver(ストームウェーバー)』が呼び出せる。

Polterghast/ポルターガスト

Feral Amalgamation


ダンジョン内で戦うことのできる、黒い甲殻のようなものを身にまとった霊体。
ポルターガイスト』ではない。

The Old Duke/オールドデューク
硫黄海で戦うことができるボス。
フィッシュロンこうしゃくが年月を経た姿をしており、身体中に皺が刻まれ、立派な眉毛を蓄えている。

The Devourer of God/デバウアーオブゴッド
Calamity modの中で最強と悪名高いボス。
イーターオブワールドなど、ワーム系ボスは長大な身体が仇となり総じて弱めの傾向にあるが、彼だけは例外的に凶悪な強さを強さを持っている。
胴体部分にはほとんど攻撃が通用せず、弱点の頭を狙う必要があるが、その頭部の接触ダメージが桁外れである(Deathモードに至っては即死)。
すなわち、致命傷覚悟で向かい合い、正面切って攻撃を仕掛ける必要がある。

"It's not over yet, kid!"
まだ終わっていないぞ、小僧!
体力が減ると第二形態に移行、甲殻がより刺々しくなり、等間隔でレーザーを上下左右から撃ってくるようになる。

なお、チートなどを用いて一撃で倒そうとしても無効化される。
"You think...you can butcher...ME!?"
貴様……この我を屠ろうとしたな!!

Jungle dragon Yharon/ジャングルの龍 ヤハロン

yharon >//∇//<


※デフォルメされてるけど、実際はもっとデカい

Yharimの忠実な側近にして、深紅体毛がなびく四つ目のドラゴン
フィッシュロンこうしゃくに似た挙動を持っており、火炎弾や炎の竜巻、高速突進攻撃などの怒濤の攻めでこちらを追い詰めてくる強敵。

スーパーボス

Supreme Calamitas/スープリーム・カラミタス
真の力を解放したカラミタス。
その強さは桁外れであり、某弾幕ゲームを彷彿とさせる激しい攻撃で襲いかかってくる。
ボスの体力と無敵時間も相まって長丁場になりがち。

一度呼び出すと絶対破壊不可能のブロックが周囲を囲み、どちらかが敗北するまで出ることはできない。
仮にすり抜けるなどして出たとしても死ぬ。

削除されたボス

THE LOADE

calamity stuff


Yharimに似たナニか。
ジョークボスであり、(恐らく)プレイヤーが勝てるように作られていない。
膨大なHPに加え、既存のバニラボス(スケルトロン、プランテラ、ゴーレム)のAIを切り替えながら襲ってきたり、防具を剥ぎ取るデバフを与えてきたりとかなり凶悪な性能を持つ。

ダンジョン寺院にて入手できるアイテムを使って召還できたが、何回目かのアップデートでいつの間にか廃止された。

Astrageldon Slime/アストラゲルドン・スライム
全身に隕石の欠片のようなものを巻き込んだ、紫色に輝く巨大スライム。
Astral infectionで交戦できるボスだったが、Astrum Aureus実装の際、取り替えられる形で削除された。

追加イベント

ボスラッシュ
アイテム『Terminus』を使用すると開始できるボス連戦イベント。
アイテムはAbyss最下層の小部屋で獲得することができる。

バニラのものも含む全てのボスと、休息無しで一体ずつ戦うというものであり、出てくるボスはどれも破格の強さを誇る。
特定バイオームでしか出現しないボス(ウォールオブフレッシュ等)の場合、そのバイオームにテレポートされる。
かなりの長期戦となるため、強力な武器及びアクセサリー、ありったけの回復・バフアイテム、弾丸などを用意する必要がある。

なお、クリア報酬は特に大したことはないというが……

余談

パトロンとパロディアイテム

当modの開発は多くのパトロンたちも関わっており、寄付のお礼に何らかのアイテムなど実装している。
その中に他作品のパロディが混ざっており、どこかで見たようなものが散見される(リンク先ネタバレ注意)。
それらに限ったことではないが、いずれもエンドコンテンツに相応しい超絶怒涛の性能を持っている。

関連タグ

テラリア / Terraria Mod
二次創作

外部リンク

ニコニコ大百科 - きりたん式 殺伐テラリア
Gamepedia - Official Calamity Mod Wiki(英文リンク)

関連記事

親記事

Terraria てらりあ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Calamitymod」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49991

コメント