ピクシブ百科事典

GTASA

ぐらんどせふとおーとさんあんどれあす

『グランド・セフト・オート サンアンドレアス』とは、Rockstar Gamesから発売されたクライムアクションゲームである。
目次[非表示]

概要

グランド・セフト・オート(以下GTA)』シリーズ第5作目。
架空の州・サンアンドレアスを舞台にギャングたちの抗争を描いたクライムアクションゲーム。

2004年10月に発売されたPS2版を皮切りに、PS3XBOXXbox360WindowsiOSAndroidWindowsPhoneKindleAmazonFireTV…と、現在まで様々なプラットホームで対応ソフトが発売されている。

ゲームシステム自体は『GTA3』をベースにしており、『GTAバイスシティ』に続く「GTA3の第3作目」とも称されているが、自転車、水泳、その他様々な機種の運転要素の追加や、プレイヤーの能力値や衣装変更による外見のカスタマイズ要素など自由度が大幅に増強されており、シリーズ屈指の出来と称される。反面、PS2のスペックを限界まで使い切ったために風景のロードが追い付かなかったりして障害物にぶつかってしまうなどといった不具合もあった。

シリーズ最大の問題となる「Hot Coffee(いわゆる性行為の描写)」問題を抱え、日本語版の発売の遅れや、やり過ぎの自主規制など散々な結果になってしまった。後に仕様変更により2007年にようやく日本語版発売となったが、それを嫌って北米輸入版(規制の最もゆるいPC版が推奨とまで言われた)を購入し、日本語MODを入れて遊ぶゲーマーが続出。それを教訓に日本で販売をしていたカプコンは次作GTA4をノーカットで発売した。

ストーリー

舞台は1992年のサンアンドレアス州。
主人公のカール・ジョンソンは、5年前に起こったとある事件をきっかけに故郷を離れ、東海岸のリバティーシティで暮らしていたが、兄のスウィートから母の訃報を聞き、再び生家のあるロスサントスへ戻る。

空港を出て間もなく、因縁ある汚職警官フランク・テンペニーとその部下達に捕まり、彼らの同僚ラルフ・ペンデルベリー殺しの罪をなすりつけられてしまう。また、かつてカールが所属していたカラーギャング「グローブストリート・ファミリーズ」は、敵対する他勢力のギャング団によるドラッグの拡散と度重なる抗争により弱体化しており、母やかつての仲間の多くもこうした抗争に巻き込まれ他界した事実を知る。

グローブのリーダーでもあるスウィートは5年前にファミリーを抜けたカールを冷遇するも、現状を知ったカールはファミリーを再燃させるために奮起する。

主な登場人物

Carl “CJ” Johnson/カール・ジョンソン

CV:Young Maylay
本作の主人公。通称“CJ(シージェイ)”。トップ画像にもある通り、彼は黒人である。
地味な見た目とアンチの嫌がらせによって脇役と良く誤解される不憫な主人公。
良く壁紙なとで主人公として紹介されるのが脇役であるシーザー・ビアルパンドである。
グローブ・ストリート・ファミリーズのサブリーダー。リバティーシティのジョーイ・レオーネの元で働いており、5年振りに帰郷する。
人気はアメリカではカリスマと言っていいレベルで非常に高いが上記のアンチによる嫌がらせによってシーザーが主人公だと広まってしまっている。

Frank Tenpenny/フランク・テンペニー

CV:サミュエル・L・ジャクソン
ロスサントス市警C.R.A.S.H.(Community Resources Against Street Hoodlums、組織犯罪対策課)所属の警官。CJとは彼が一介のチンピラだった頃からの腐れ縁。
ちなみに妻子持ちで愛妻家。
今わの際にかつては使命感と正義感に燃えた警官であったことをうかがわせるような言葉を遺している。それがこのセリフである。

さあバカども、全員連れてってやる! お前らは俺のものだ!俺のものだ!この街は俺が仕切ってる!おい、こっちだ!おい、警官が撃たれた、来い!バカ野郎、俺がやったことを理解していない!俺が50人いれば、この町は大丈夫だ!俺はゴミを出したんだ!俺がやったんだ!そしてまたやるんだ!

若かりし頃の彼はマンハントシリーズ1作目にて無名の黒人新人警官としてカーサーシティ警察署ゲイリー・シェーファーの要請によりカーサーシティに派遣されたのが確認出来る。
〔参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=9_phQOPNi0k
MODによるかつてのカーサーシティ警察署の仲間達とフランク。右端が若かりし頃のかつてのCJが知っていた頃の彼。今とは違って凛々しく何より表情がやる気に満ち溢れているのが解る〕
なおゲイリー・シェーファーはGTA3にも出演している。
事件後は生き残ったフランク・テンペニーに一応の口止めとしてロスサントスに出世させた上で戻してやっている。後に署長自身は何の責任を負う事もなく生き残り無罪を主張する。

元々の事件の発端はマンハント1の主人公ジェームズ・アール・キャッシュと女性ジャーナリストが麻薬中毒者との嘘の通報により仲間達と共に派遣された。
彼と仲間達は本当の事は何も知らされずに単にそのまま派遣され「エキストラ」に使われたのが解る。
後に自分自身が現実逃避で麻薬の常習者になってしまっているのは何の皮肉だろうか。日本版では描かれていないが北米版では麻薬を吸引するシーンがしっかり描かれている。

ライオネル・スタークウェザーの嘘の通報と狂気のスナッフフィルムを製作すると言う陰謀にそれに手を貸すゲイリー・シェーファーにより警官仲間達が悪と殺人狂に染まって行き、仲間達や民間人が目の前で殺されて行くと言う凄惨な過程にさらされる。

最終的にスタークウェザーは警察を買収して、謀略に関わった者達を自分が撮るスナッフフィルムの「エキストラ」へと変えて行った。後にCJに語った哲学は、自分の仕事への取り組み方は「割合」であり、より大きな利益を達成するために多少の犯罪を見過ごすことを哲学としていると主張する。これをCJに語った彼の言葉はある意味、本音でもありCJ達に後に降り掛かるかも知れないライオネル・スタークウェザーの陰謀から警官として市民を守ろうとする一面が解る。
ただの一介の警察官である彼には愛する家族を守るにはそれ以外の道は用意されていなかった。おそらくは市民と自分の家族のどちらかを守るか天秤に掛けた結果が悪徳警官に墜ちた理由だと思われるが彼の持ち前の正義感がそれを許さず結果として精神が耐え切れなかったのが解る。
そして現在は麻薬に逃避する悪徳警官にまで墜ちてしまった。
ロスサントスの各ギャングから金品を巻き上げたり、恫喝して汚れ仕事をやらせたりしており、その一方でギャングの動向を敵対ギャングに伝えたり、汚れ仕事に必要な武器を提供したりもしている。

Sean “Sweet” Johnson/ショーン・ジョンソン

CV:Faizon Love
ジョンソン家の長男で、CJ、ブライアン、ケンドルの兄。通称“Sweet(スウィート)”
カラーギャング「グローブストリート・ファミリーズ」のリーダー。グローブへの思い入れは人一倍強く、それ故に頑固で気難しいところがある。
当初は5年間ロスサントスから逃げていたCJに対して辛く当たっていたが、彼の活躍によりグローブがが再び勢力を取り戻してきたことで信頼するようになる。
モデルはアイス・キューブ。

Cesar Vialpando/シーザー・ビアルパンド

CV:Clifton Collins
ヒスパニック系ギャング「バリオス・ロス・アステカ」のリーダー。良く壁紙にされているのは彼で未プレーヤーからは、しばしば彼が主人公であると誤解される事が多い。CJを差し置いて作中1番の凄まじいまでのイケメンである。見た目だけなら、どこかの刑事ドラマの主人公と言われるくらいである。あえて言うが主人公は彼ではなくCJである、誤解なきよう。
ちなみに現実のアメリカでも彼は、他を差し置いて男女問わず人気がかなり高い。
ケンドルと付き合っており彼女の事を心から愛しているが、主にあまりのイケメンっぷりと肌の色の違いを理由にスウィートからは快く思われていない。かなり最初の時点からシーザーを信頼していたCJとは信頼関係を築き、良き友人としてCJに力を貸すようになる(CJがシーザーに力を貸す事も)が、それはそれで尚更面白く無いスウィートからは、ますます不興を買っている。
スモークとライダーと違って決して裏切る事はせず、最終的にCJの本当の意味での家族になる。
ローライダー愛好家で非合法のストリートレースにもしばしば参加しており、CJがサンフィエロに移住してからは自動車に関する知識や技術を活かしてガレージ経営や盗難車転売ビジネスに協力するようになる。

Kendl Johnson/ケンドル・ジョンソン

CV:Yo-Yo
CJ、スウィートの妹。
ギャングファミリーに生まれ、兄たちもギャングとして生きている中で、こうした危険な世界から足を洗って真っ当に生きてほしいと願っている。ヒスパニック系ギャング「バリオス・ロス・アステカ」のリーダーであるシーザーと付き合っている。発売当初はプレーヤーからの嫉妬が凄まじく『彼女のような女にシーザーは釣りあわない、もったいなさ過ぎる』との批判も日本と海外でも多かった。その直後にシーザーとケンドルのラブラブなイラストが公式より投下される。その後の炎上具合は推して計るべし。イケメンと付き合うと色々と苦労すると言う教訓でもある。
スウィートからは敵対勢力かつ、凄まじいまでのイケメンっぷりから(形の上では肌の色の違いを理由にしている)恋仲であることを快く思われておらず、顔を合わせるたびに喧嘩をしている。

Melvin “Big Smoke” Harris/メルヴィン・ハリス

CV:Clifton Powell
グローブの古参幹部。通称“Big Smoke(ビッグ・スモーク)”
実はファミリーズをテンペニーの差し金によって裏切っており、CJの母親の暗殺を主導した張本人。
黒いハットと黒縁メガネが特徴の肥満体の男。本人は理論的な考え方の持ち主かつ、みんなのためを常に想う聖人君子で慈悲深くかつ、頭も切れて自分こそリーダーにふさわしい、と口には出さないものの思い続けていた。
敵対ギャング「バラス」が行っている麻薬ビジネスについては表向きは推進派としてスウィートと意見を対立させている。実際は脳筋なスウィートがリーダーを長年やっている事の不満と裏切りによるもの。

帰郷したCJには罠に嵌めるべく親身に接しているが彼等兄弟の母親を直接手に掛けている。彼にはよく聖書や哲学書から引用した人生訓を語る場面もある。見た目に違わず大食漢であり、とある任務で仲間と食事をしにドライブスルーへ立ち寄った際にはとんでもない量の注文をし、CJたちを唖然とさせた。
日本では、翻訳字幕でのスウィートの「トンカツ野郎」という台詞が引用され「とんかつ」と渾名されることも。

Lance “Ryder” Wilson/ランス・ウィルソン

CV:MC Eiht
グローブの古参幹部。通称“Ryder(ライダー)”
黒いキャップとサングラスが特徴の小柄な男。実はファミリーズを裏切った張本人のうちの1人でスモークの手下。重度のナルシスト。粗暴な性格かつマリファナ中毒者で、普段から口汚い言葉を用いたり、時偶支離滅裂な発言をすることもある。言ってしまえば狂人を装う小心者の小物で組織を裏切る覚悟すらスモークほどには出来ていない。よく任務にCJを連れ出すこともあるが、彼に関わる任務は大概強盗や襲撃といった苛烈なものが多い。
モデルはイージー・E。

Wu Zi Mu/ウージー・ムー

CV:James Yaegashi
チャイニーズマフィア「トライアド(三合会)」を構成する「マウンテン・クラウド・ボーイズ」のボス。通称“Woozie(ウージー)”。漢字表記では「武梓穆」。
常にサングラスをかけた盲目の青年。だが視覚以外の感覚がズバ抜けている上に類稀な幸運の持ち主で、自動車運転や銃撃を人並み以上にこなせる。聡明で組織のボスとしても有能である事から、「幸運の土竜」という通称を持ち部下から慕われている。
サンフィエロの中華街に拠点を置き、賭博場の経営による収入を得ている。CJとはレッドカウンティでのストリートレースで知り合い、サンフィエロに移住してきたCJにいくつかの仕事を任せて良好なビジネス関係を築き、後に自身がラスベンチュラスに進出してカジノ経営を始めた際はCJを共同経営者の地位に据えている。

The Truth/トゥルース

CV:Peter Fonda
フリントカウンティの農場で麻薬の栽培や生産、販売をしているヒッピーの老人。国家の陰謀論や宇宙人など意味不明な話をする事がある。
テンペニーに麻薬の横流しをしており、彼を介してCJと出会う。テンペニーが麻薬の代金支払いをCJに押し付けた為、CJに仕事を与え代金を回収しようとしていたが、麻薬捜査官に農場が見つかってしまい農場を焼き払ってCJと共にサンフィエロに向かう。その後は用がある時のみCJの前に現れるようになる。

Mike Toreno/マイク・トレノ

CV:James Woods
麻薬密売組織「ロコ・シンジケート」の謎多きボス。CJに組織と幹部をまとめて潰され、自身もヘリで逃亡を図るも撃墜される。しかし実際にはヘリに乗っておらず生存しており、後にCJの前に姿を現し自らの正体と真の目的を明かす。
自身の目的の為、スウィートを人質に取りCJを恫喝してまで危険な任務に就かせようとするが…?

その他

舞台となるサンアンドレアスは、実は『GTA(シリーズ第1作目)』で初登場している。
ただし、この頃は州ではなく都市という扱いだった。名称の由来はアメリカの実在の都市であるロサンゼルスサンフランシスコラスベガスから。

『GTASA』では、上述の3都市を持つカリフォルニア州ネバダ州をベースに3エリアからなる広大なマップにリメイクされており、それぞれ、ロサンゼルスがモデルのロスサントス、サンフランシスコがモデルのサンフィエロ、ラスベガスがモデルのラスベンチュラスで構成されている。

後の『GTA5』もサンアンドレアスを舞台としているが、『SA』とは別世界設定かつ構成が異なり、大都市ロスサントスを抱える「ロスサントス郡」とその北に位置する自然豊かな「ブレイン郡」の2つのエリアに分類される。舞台も1990年代から2010年代へ変化していることもあり大幅に近代化が進んでいる他、『SA』での主要舞台であったグローブストリートは見る影もなくなってしまった。

武器

リンク先はモデルとなった武器。

殴打武器
メリケンサック

近接武器
ナイフ
バット
日本刀
ゴルフクラブ
警棒
チェーンソー
キュー
シャベル

拳銃
ピストル
消音拳銃
デザートイーグル

散弾銃
ショットガン
短銃身ショットガン
スパスショットガン

短機関銃
Tec9
マイクロSMG
MP5

突撃銃
AK-47
M4

狙撃銃
ライフル(マーリン M336)
スナイパーライフル

重火器
ロケットランチャー
熱追尾式ロケットランチャー(9K32 ストレラ-2)
火炎放射器
ミニガン

投擲武器
手榴弾
火炎瓶
リモート爆弾
催涙ガス

その他
スプレー缶
カメラ
消火器
花束
ディルドー
ステッキ

関連タグ

GTA

関連記事

親記事

GTA ぐらんどせふとおーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「GTASA」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「GTASA」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141234

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました