2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

あずさ2号

あずさにごう

兄弟デュオ「狩人」による、70年代後半から80年代前半にかけての時代を代表するヒット曲。
目次[非表示]

概要

あずさ2号とは1977年にヒットした狩人である。
現実にJR東日本中央本線で走る同名の列車名から取られているが、正確な意味での曲名と同じ「あずさ2号」は現存しない(事情は後述)。

解説

失恋した女性が心の傷を癒すために、新宿8時発の特急あずさ2号に乗って信濃長野県)路へ向かう心情を現わしたである。
「2号」が選ばれたのは当時のダイヤで「1号」は朝6時40分発のしかも不定期列車で、知名度的に低かったので、実質の1番列車である2号が選ばれている。

現在では新宿駅から西に向かって発車する下り「あずさ2号」は存在しない。これは旧国鉄の号数表記が歌発表当時は始発駅を発車する順に「1号、2号、3号…」とつけられていた(このためあずさ2号は新宿発・松本発(こちらも「8時ちょうど」)の2つが存在した)が、曲が出た翌年の1978年10月の国鉄ダイヤ改正で列車の号数の付け方が変更され、奇数番号が下り、偶数番号が上りの列車になったためである(下りは1号、3号、5号となり、2号は上り(甲府発)のみの存在となった)。
これは、予約システム「MARS」の取扱の関係で、大量に指定席を捌くことになる東海道新幹線に合わせたものだ。この頃、まもなく東北新幹線が開業すると思われていた。実際には沿線の反対運動や労使闘争の駆け引きの材料にされ1982年までずれ込む。東京から各方面に向けて走る列車を「1号、3号、5号…」とつけているので、将来的にも新宿発松本行きのあずさ2号が復活する可能性は0に近い。

2002年、まだ廃止もされていないのに「なつかしのあずさ2号」というリバイバル列車が運転されたのはこの為で、この列車はもちろん新宿発松本行きの列車であった(ただし、ダイヤは当時新宿発8時ちょうどの列車であった「スーパーあずさ3号」との兼ね合いで8時2分発となった)。列車名は「あずさ」ではなく「あずさ2号」とされ、ゲストに狩人本人も登場した。

のちにこの曲のアンサーソングとして「かいじ101号」(歌:SUPER BELL''Z)がつくられている。ただし特急「かいじ」が誕生したのは1988年3月改正からで、それまでは東京・新宿~甲府・竜王間の列車も「あずさ」であった。

「あずさ2号」の定期列車は存在し、2019年時点では松本発東京行として運行されていたが、2020年3月のJRグループダイヤ改正では、特急「富士回遊」併結便との兼ね合いもあって「あずさ」「かいじ」の号数を統一することになった。松本発東京行の「あずさ2号」が「あずさ4号」へ変更、この結果定期列車「あずさ2号」そのものが消滅することになった(こちらは前述の新宿発下りあずさ2号よりは復活の可能性はあるが、新宿駅到着の一番列車という兼ね合い上、甲府発のかいじ一番列車より早いあずさの設定は時間帯的に難しいと思われる)。

現実では

先述の通り、「午前8時ちょうどに新宿を出発するあずさ2号」は存在しない。しかし号数や出発駅を限定しなければ、それに近い運行をする路線は実在する(した)。

現行ダイヤ(2019年3月16日改正)

  • あずさ5号松本行(8:00新宿始発)
  • あずさ6号東京行(8:00松本始発)
  • あずさ33号松本行(20:00(午後8時ちょうど)新宿始発)


過去のダイヤ

  • あずさ2号東京行(6:25松本始発→8:00大月発):2019年3月15日をもって消滅


関連タグ

狩人 あずさ/ 国鉄 JR東日本
183系 E257系 E351系 E353系

熊田雄一郎美少女戦士セーラームーン(初代アニメ)のオリジナルキャラクター。火川神社の宮司見習い。劇中で本曲を熱唱し、視聴者の腹筋を崩壊させた。

中野梓:言わずと知れたあずにゃん。一番絵が多い。ただし下の2人と違い、何故2号なのかが不明。作中で平沢憂変装した際、梓のあだ名を聞かれて「あずさ2号」と答えて変装がバレた。また梓は作中に登場したあずにゃん2号と名付けた。
また、新宿駅の改修工事の際には、上りのあずさの終点が中野駅になっていた。これにより改修工事の時期は『特急中野行あずさ2号』が運行していた事になる。

江藤結花:1号は柏木梓LEAFつながり。
江上椿:1号は三浦あずさアイマスつながり。
岡本まなみ:三浦あずさに似ている度合いや実際にあずさ2号と呼ばれる頻度では上の椿ほどではないが、ゲームには椿よりも先に登場している。






















他線区での“粋な計らい”

2019年、東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所事故により、9年にわたって寸断されていた常磐線を2020年3月ダイヤ改正より全線で運転再開すると発表された。これに伴い、特急「ひたち」の3往復を、常磐線を全踏破し、異例の始発駅・終着駅とも新幹線駅となる仙台駅発着とすることが決まった。

サプライズはもうひとつあった。そのうち下り1便「ひたち3号」は8:00上野駅始発仙台行であった。上野駅は石川啄木の詩に始まり、石川さゆり津軽海峡冬景色』、井沢八郎『あゝ上野駅』と多く歌われながら、2014年に『あけぼの』が廃止されて以降途絶えていた「上野始発の東北へ向かう列車」が復活することになったのである。

そして「3号」。上記の付番法に沿うと「2本目に上野方を始発する下り『ひたち』」である。

2020年3月14日過去の悲痛な経験を乗り越えて「ひたち3号」仙台行は上野駅地平ホーム17番線から春まだ浅い“常磐路”(ときわじ)へと向かっていった


関連記事

親記事

1970年代の楽曲 せんきゅうひゃくななじゅうねんだいのがっきょく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 322829

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました