ピクシブ百科事典

あんパン

あんぱん

小豆餡をパン生地の中に詰めた菓子パンの一種。 元祖菓子パンであり、日本発祥の惣菜パンといえる日本を代表するパン。
目次[非表示]

あんパンとは、パン菓子パン)の一種である。

概説

簡単に説明すると、円盤状のパンの中にあんこが入っている。
あんは「つぶあん」「こしあん」「うぐいすあん」等が使われる。
桜の花の塩漬け※などが上に載せられることもある。

※元祖の木村屋のあんパンには、中央にこれが載せられていた。

たまに「チョコあんパン」なるものがあるが、それは「あんパン」ではなく「チョコパン」である。
また、ごく稀に「クリームもあんの一種」と言う人もいるが、それも「あんパン」ではなく「クリームパン」である。
強引に解釈すれば、餃子などの中の具のことも「あん」というので、パンの具(中身)も「あん」と呼べないことはない、かもしれない。
最近ではデニッシュあんパンというおしゃれな商品も出ている。

また、昔の刑事物のドラマでは瓶入り牛乳と並んで張り込み捜査御用達のアイテムでもある。
1988年10月3日放送されたエピソードによると「こどもが遠足で食べるもの」らしく、天丼とは縁がないとのこと。

発祥

木村屋(現・木村屋總本店)創業者であり茨城県出身の元士族・木村安兵衛とその次男の木村英三郎によって考案。

あんパンが“発明”されたのは明治時代であり、日本の餡と西洋のパンとを合体させた、海外の物でも良い物は積極的に取り入れて日本風にアレンジしてしまうという、いかにも日本的な食べ物である。
なお、当時のあんパンには日本人に馴染みやすいよう生地に酒粕がブレンドされており、今でも元祖あんパンの店では伝統的な酒粕を使った生地が使用されている。
もっとも日本には、餡を薄皮で包んだ饅頭が有ったのでなじむ要因になったのではないかと。

そしてあんパンの登場により、日本の菓子パン・惣菜パンはパン生地で具を包んで隠すという方向性を見出すようになった。

海外の反応

ところで本場西洋での評価はというと、日本で食べた大好きなパン第一位という好評を賜っている。
とにかく「食べた一発目の衝撃が凄まじいと」評されつつ、フランス伝統のチョコ入り菓子パン「パンオショコラ」に似るとして、好意的に受けれられている。

なおパン生地の真ん中に「わからないように」具を詰め込むのは日本固有の製法であるらしく、海外の人たちが驚くのも「ただの丸いパンだと思って食べたら餡子が出てきた」という見た目とのギャップもあるらしい。
海外の菓子パンの多くは、生地に素材を練り込むか、中に入った物が分かりやすいよう具が見えるよう工夫されたものが大部分を占める。

あんパンを使ったことわざ

「あんの入っていないあんパンなどただのパン」
「あんパンに食われる」

あんぱんの日

明治8年(1875)4月4日、あんパンを明治天皇へ献上されたことから4月4日を「あんぱんの日」と制定。

関連タグ

食べ物 パン 菓子パン
日本面

【ネタ系】
張り込み あんぱんあんぱんあんぱん
表記揺れ
あんぱん(最多)、アンパン
ジャムパン…木村屋の三代目主人・木村儀四郎(英三郎の弟)が考案した。

【具など】
あんパンのゴマ
あんこ

【キャラクター・人物】
アンパンマン
七夜志貴
古河渚
橘天音
松岡修造
青梅大五郎
山崎退
こげぱん
エルザ・ラ・コンティ

外部リンク

木村屋総本店HP…あんぱんの元祖。
木村屋のあゆみ

pixivに投稿された作品 pixivで「あんパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118229

コメント