ピクシブ百科事典

ジョルト

じょると

ジョルトとは・・・・・・・・・誰だっけ。そうだ、トランスフォーマーだ。
目次[非表示]

ジョルトとは『トランスフォーマー』シリーズに登場したキャラクターの事だ。


同名のコーラの方はWikipediaなどを参照されたし。

マイクロン伝説

ホットロッドのパートナーマイクロン。ヘリコプター変形する。
物語終盤で相方のホットロッドがパワーアップすると同時に「スパークジョルト」に変化。
ちなみに海外名も「Jolt」とユニクロン三部作のキャラクターの中でも名前が変化していない数少ないキャラクターである。

トランスフォーマー リベンジ

詳しくは空気の記事にて。



………というのは冗談で、実際は劇中に登場するオートボット
GM社の電気自動車であるシボレーボルトに変形。
ミリオン出版刊「トランスフォーマージェネレーション2009 Vol.3」によると、準備稿の段階では登場させる予定はなかったが、急遽登場させることが決まり銀幕に登場したとのこと。
そのため劇中ではセリフやこれといった活躍シーンがない。
また、実写映画1作目の頃に『トランスフォーマーギャラクシーフォース』のオートボルトのカラーリングを変更した同名のキャラクターの玩具が発売(日本では未発売)されているが、こちらの所属はディセプティコンであり、本項で扱うジョルトとは何の関連性も無い。

発売記念ジョルト



なお、クライマックスで、ラチェットと共にジェットファイヤーパーツオプティマスに移植しパワーアップさせるという重要な活躍を見せてくれる。

ただ、それ以外はスクリーンに居るだけなので一部のファンからは「空気」と呼ばれている。
もし、準備稿の段階で登場する事が決まっていたらどうなっていたのだろうか…
劇中では一切喋らずその場に佇むシーンが殆どだったため、どのような性格であったかを窺い知るのは難しいが、同時期に発売されたジョルトの玩具のパッケージの記述によれば、常に落ち着きの無い性格であり、ディセプティコンを混乱に陥れる戦法を好むという実写版オートボットの例に漏れず好戦的なようだ。

彼の武器である(エレクトロウィップ)は発電能力を持っており、攻撃のみならず先述のパーツ移植のシーンでもオプティマスに電力を供給する為に用いられていた。

続編の『ダークサイド・ムーン』では新規設計されたジョルトの玩具が発売されたが、劇中には一切登場していない。
そればかりか前日談となるアメコミではギャロウェイ補佐官共々ショックウェーブによって殺害されている。

でも新規設計の玩具が出るってことはそれなりに人気があったのだろう。

関連項目

トランスフォーマー 実写TF オートボット ラチェット 電気自動車

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80064

コメント