ピクシブ百科事典

スキヤキ・ウエスタンジャンゴ

すきやきうえすたんじゃんご

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』とは、2007年に公開された三池崇史監督の和製西部劇映画。
目次[非表示]

表記ゆれがあるが、一番引っかかるのは「スキヤキ・ウエスタン」。

あらすじ

日本ともアメリカともつかない国。
数百年前、壇ノ浦の戦いで雌雄を決した源氏平家も、いまや無法者のギャングに成り下がってしまった。
埋蔵金を狙って荒野にたたずむ村・根畑に押し入った両家は、村を二分して睨み合い、村民は彼らの横暴に怯えていた。
そこへ通りすがりの凄腕ガンマンが介入したことで抗争が激化する。

概要

日本発、異色の和製西部劇イタリア製がマカロニウエスタンなら日本はと、今作はスキヤキを名乗っている。
源平合戦にモチーフを借りながらも、美術デザインは現代的な要素を併せ持っており、西部劇・時代劇・現代劇の要素が混然と交じり合った独特の世界観を持つ。
なお、かつては日本でも西部劇を模倣した無国籍アクション映画日活などで作られており、それらを鍋焼きウエスタンと呼ぶ向きもあった。

今作の基となっているのは黒澤明の『用心棒』で、『荒野の用心棒』『続・荒野の用心棒』をはじめとした西部劇の要素を取り入れている。
タイトルがややこしいが、

  • 『用心棒』 - 黒澤明のハードボイルド時代劇。無法者が二手に分かれて対立する寒村へ一人の浪人がやってくることから話が展開する。話のベース、またはクライマックスの銃と刀の戦いが一致する。
  • 『荒野の用心棒』 - マカロニウエスタン。上記の『用心棒』の翻案であることから、この邦題がつけられた。防弾の鎧を着込んでいるシーンが一致。
  • 『続・荒野の用心棒』 - マカロニウエスタン。上記の『荒野の用心棒』の続編ではないが、同じ『用心棒』へのオマージュが見られることからこの邦題にされたと思われる。棺桶の中から出てくるガトリングガンと主題歌(今作は日本語カバー)が一致。
といった具合で「用心棒になろうと思うな」という若干のメタ発言もある。

また、監督同士の縁でクエンティン・タランティーノが友情出演しているが、「登場人物が多い」「だらだらと無駄話が続く」「アニメが入る」などタランティーノの影響も色濃い。
キャストはみな日本人だが、台詞をすべて英語で演じている。日本語吹き替え版もあり、本人が吹き替えている(タランティーノのみ三池監督が熱演)。

キャスト


平家

イメージカラーは。村民と同じ血筋にある。


源氏

イメージカラーは


村民

根畑の住人。平家と同じ血筋にある。


スタッフ

監督 - 三池崇史
エグゼクティブプロデューサー - 遠谷信幸
プロデューサー - 吉田浩二 / 山口敏功
脚本 - 三池崇史 / NAKA雅MURA
撮影監督 - 栗田豊通
美術 - 佐々木尚
衣装 - 北村道子
編集 - 島村泰司
音楽 - 遠藤浩二
主題歌 - 北島三郎「ジャンゴ~さすらい~」
製作 - SUKIYAKI WESTERN DJANGO film partners (セディックインターナショナル / ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン / ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / 電通 / テレビ朝日 / 小学館 / エー・チーム / メ~テレ / 東急レクリエーション)
配給 - ソニー・ピクチャーズ

データ

公開 - 2007年9月15日
上映時間 - 121分
製作国 - 日本
言語 - 英語

関連タグ

映画 / 邦画 / 西部劇 / アクション映画 / 映画の一覧
源氏物語 / 源平 / 薔薇戦争 / 紅白 / スキヤキ
マカロニウエスタン / 荒野の用心棒

外部リンク

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ - Wikipedia
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「スキヤキ・ウエスタンジャンゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4480

コメント