ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

台湾中国からの移民が多かったため、中国料理の一部のように考えられがちだが(日本の「台湾料理店」でも大半が普通の中華料理屋だったり)、先住民族による郷土料理があったり、戦後までの日本統治による影響で日本料理(和食洋食共に。駅弁もある)が残っていたり、東南アジア諸国の食材が入ってきていたりもする。
味付けとしては日本より塩気が少なく、中国より油を使わないあっさりとしたものになる。

料理のスタイルとしては素朴な家庭料理が多く、料理一つひとつの分量があまり多くない。また、古くから外食文化も盛んで、夜市をはじめ路上の屋台でも多彩な料理を堪能できる。
「飽きずに食べれる」ところが特徴。

健康上や宗教上の理由から肉や魚を使わない精進料理もよくみられるが、日本の素朴な精進料理とは異なり、豆腐やグルテンを用いて作られた本物そっくりな肉モドキの料理、通称「台湾素食」がある。

主な台湾料理

麺料理

牛肉麺(ニュウローメン)
牛肉や骨からだしをとったスープを用いる。元々は中国が由来だが、カレー味があったり種類が豊富。

担仔麺(タンツーメン)
鰹節やエビのだしからとったスープの麺料理。台湾ラーメンの原型となった。

飯類

魯肉飯(ルーローハン)
飯の上に煮込んだ豚そぼろ肉をトッピングして、甘辛いタレをかけたもの。鶏肉を用いた「鶏肉飯」(ジーロウハン)もある

排骨飯(パイコーハン)
飯に揚げたスペアリブと野菜がのっている。台湾の駅弁の定番でもある。

パン類

菠蘿包(ポーローパウ)
香港由来のパンで、マカオにも同様のものがある。日本では「パイナップルパン」と呼ばれており、メロンパンに似ているが、メロンパン同様パイナップルは入っていない。
温めたこのパンに冷たいバターを挟んで食べるのが定番。

油條
揚げパンのようなもので、これをちぎっておにぎりの具材やお粥の添え物として食べたり、甘く味付けしてデザートにしたり、パンにはさんで食べる。
日本やイギリス等では揚げパンの一種扱いだが、台湾の人はパンだと思っておらず、パン屋でも売っていない。

屋台料理

胡椒餅(フージャオピン)
中国福建省が由来の焼きパン。中に胡椒つきの肉とネギが入っている。
台湾への旅行者が必ず食べると言って良いほどの名物。

臭豆腐
豆腐を発酵させた食品。調理法は様々。一度食べると病み付きになるとの事だが、調理前の臭いが強烈で、現地の人でも好き嫌いが分かれるという。

飯糰(「ファントァン」、台湾風おにぎり)
日本から入ってきたものだが日本のものとは違い、主にもち米の中に前述の油條や切り干し大根、肉でんぷが入っている。
日本のおにぎりをライスコロッケよろしく油で揚げて好みの具材とソースを挟んだ「揚げおにぎり」もある。

甜不辣(テンプーラー)
名前は天ぷらが由来だが、さつま揚げが元になっている

滷味(ロービー)
台湾風おでん。日本とほぼ同じだが、油條や甜不辣が入っていたり、八角が用いられていたり、激辛味もある。

肉圓(バーワン)
さつまいもの澱粉で肉団子を包んで蒸すか揚げた物。たれをかけて食べる。
千と千尋の神隠し』で千尋の両親が勝手に食べてブタになった料理はこれ。

飲料・デザート

タピオカティー

チーズティー
ウーロン茶や台湾茶、紅茶などのお茶の上にクリームチーズがのったもの。

豆花(トウファ)
やわらかい豆腐に黒蜜などのシロップを掛け、煮豆や白玉などをトッピングして食べる。前述の2つと共に日本でも話題になった。

パイナップルケーキ
中にパイナップルの餡が入ったケーキ。台湾では縁起物として喜ばれ、海外からの観光客もお土産として人気がある。

関連記事

親記事

料理 りょうり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「台湾料理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97

コメント