ピクシブ百科事典

郭源治

かくげんじ

郭源治は、1980年代から1990年代にかけて活躍した、台湾出身の元プロ野球選手である。

来歴

1956年生まれ。台湾の原住民族、アミ族の出身。
1981年のシーズン途中に中日ドラゴンズに入団。背番号は33。
来日当時は先発投手として活動し、まずまずの働きを見せる。

転機が訪れたのは、星野仙一が監督に就任した1987年
それまで抑えを務めていた牛島和彦が、落合博満とのトレードロッテオリオンズに移籍したことで、星野は新しい抑えとして郭を抜擢した。
郭はその期待に応え、87年には最優秀救援投手のタイトルを獲得する。
1988年、中日は尻上がりに調子を上げ、1982年以来6年ぶりとなるリーグ優勝を成し遂げる。
セリーグMVPに選ばれ、優勝の立役者となった郭だったが、実はこの年、弟を交通事故で亡くしており、優勝を決めた試合では涙を流していた。
闘志をむき出しにしたダイナミックな投球フォームで、「踊る守護神」の呼び名がついた。(出典は「燃えよドラゴンズ'88」)

1989年に日本国籍を取得し、本名が「佳久源治」となるが、登録名はそのまま「郭源治」だった。(ちなみに、「郭」と「佳久」はどちらも画数が同じ11画である。)
1990年代に入ってからは、チームの状況に応じて、先発とリリーフの両面をこなす。
1994年には最優秀防御率のタイトルを獲得したものの、チームは巨人との最終戦で優勝を逃し、その試合(いわゆる「10.8決戦」)には登板機会はなかった。

1996年を以って、中日を退団。奇しくもこの年でナゴヤ球場は一軍本拠地としての役目を終えた。(翌1997年からは二軍本拠地となる。)
その後は台湾代表選手として現役を続け、1999年を以って現役を引退する。

通算成績は106勝106敗116セーブ。100勝100セーブの達成者はNPB史上5人目。
台湾出身のプロ野球選手の草分け的存在であり、西武ライオンズ(後に埼玉西武ライオンズ)の郭泰源、ロッテオリオンズ(後に千葉ロッテマリーンズ)の荘勝雄と並んで、台湾では「二郭一荘」と讃えられる英雄で、台湾代表の背番号33は永久欠番となっている。

引退後は名古屋で台湾料理のレストランを経営していたが、台湾プロ野球の要職に就任するため2013年に閉店した。
夫人は元JAL日本航空)のキャビンアテンダントで2男2女(男子は双生児)をもうけ、そのうち次男の佳久創は日本代表にもなったことのある元ラグビー選手でのちに俳優に転身した。

関連タグ

台湾 中日ドラゴンズ

郭泰源荘勝雄:郭源治と並んで「二郭一荘」と称される。
中尾孝義中村武志:バッテリーを組んだ捕手。
小山伸一郎:郭の次に背番号33を着けた人物。

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

コメント