ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

を取り替えること。物々交換とも言われる。昔話ではわらしべ長者が顕著。

プロ野球でも行われており、互いの球団弱点などを補うために選手を獲得、放出する行為を差す。選手同士を入れ替える「交換トレード」、獲得選手の所属球団に年俸の0.5パーセントを支払う「金銭トレード」、何も補償しなくてもトレード扱いにする「無償トレード」の3種類が存在する。

メイン画像のイラスト三好匠との交換トレードで広島東洋カープから東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍した下水流昂

プロ野球での著名なトレード


山内一弘(大毎)⇔小山正明(阪神)

1964年月日不明。球史に残る日本初の世紀の大型トレード

張本勲(日本ハム)⇔高橋一三富田勝(巨人)

1975年12月25日。前年最下位に沈んだ巨人は、王貞治の新しい相棒として張本に白羽の矢を立て、同時に左腕エースの高橋一と後継者として育てるはずだった富田をファイターズに放出した大型トレード。この一件で、本来レフトだった高田繁サードにコンバートされ、巨人は日本一に輝いた

江夏豊(阪神)⇔江本孟紀島野育夫長谷川勉池内豊(南海)
1976年1月28日。チームの主戦力投手であった江夏を素行の悪さから放出。この年南海の選手兼任監督であったノムさんからトレードで獲得を打診されたとも。

江夏豊(南海)⇔金銭(広島)
1977年12月22日。「ノムさんが辞めるなら、トレードに出してほしい」と球団に申し出た結果、江夏は金銭トレードで広島に放出され、後年には日本一に輝き、「江夏の21球」のフレーズが定着することになる。

江川卓(阪神)⇔小林繁(巨人)

1979年2月8日。厳密に言えば江川を金銭で、後に小林をさらに金銭でトレードするというややこしい形。このトレードはかなり物議を醸し、のちに「江川事件」や「空白の一日」と呼ばれ、ふたりは和解に30年近い年月を要した。

水谷実雄(広島)⇔加藤英司(阪急)

1983年1月11日。球界を代表する打者同士のトレード。水谷は阪急に移籍して1年目に本塁打王打点王の2冠。一方の加藤は持病の影響などで広島では活躍できず、晩年は移籍が重なり5球団目の南海2000本安打を達成した。

落合博満(ロッテ)⇔牛島和彦上川誠二平沼定晴桑田茂(中日)

1986年12月26日。前代未聞の4対1のトレード。しかも4人のうち1人はタイトルホルダー。落合はこの直後に日本初の1億円プレイヤーになった。

野田浩司(阪神)⇔松永浩美(オリックス)

1993年1月20日。阪神は貧打解消のために野田とのトレードで松永をオリックスから獲得。しかし、松永はケガで離脱し全試合に出場出来ず、FA制度でダイエーに移籍。一方の野田はオリックスで最多勝に輝いてオリックスの優勝に貢献。結果的に阪神「だけ」が損をした世紀の大誤算トレード。

秋山幸二渡辺智男内山智之(西武)⇔佐々木誠橋本武広村田勝喜(ダイエー)

1993年11月29日。3対3の大型トレード。秋山、佐々木、村田と当時双方の主力を交えたトレードであった為、ファンや球界に衝撃を与えた。当時佐々木と若手でエースの村田が獲れた西武が有利と言われていたが、佐々木と橋本は活躍した一方で村田は急激に劣化。秋山はチームリーダーや精神的柱としてダイエーを建て直し、1999年と2000年のダイエー優勝に貢献した。結果的に双方得をしたものの、村田を放出した理由と成績悪化は、現在でも謎の一つとなっている。

小久保裕紀(ダイエー)⇔なし(巨人)

2003年11月21日。ダイエーはチームの主砲であった小久保がケガで長期離脱し、高額の年俸を支払うのを渋って巨人へ放出。その際、選手や金銭を得ることなく、無償トレードであることが公表された。ちなみに小久保は2006年オフにFA権を行使してホークスに復帰している。

多村仁(横浜)⇔寺原隼人(ソフトバンク)

2006年12月9日。多村に関しては怪我の多さは相変わらずであったが、2010年にはチームで三冠王の活躍。一方の寺原は序盤こそ活躍したものの、FA権を得るとすぐに行使して移籍してしまった。奇しくもこのふたりは晩年に古巣(多村:ソフトバンク→DeNA→中日、寺原:横浜→オリックス→ソフトバンク)に戻り、現役を退いている。

八木智哉糸井嘉男(日本ハム)⇔木佐貫洋大引啓次赤田将吾(オリックス)

2013年1月24日。糸井は当時日本ハムの主力であり、トレードが発表された時はファンだけでなく、当時チームメイトだったダルビッシュ有も驚きを隠せなかった。当時、糸井はポスティングでメジャー行きを目指しているという記事も出ていたが、糸井自身はメジャー行きを否定していた。この事から、糸井の代理人が強気に出たのが原因ではないかという説が最有力と見られている。

澤村拓一(巨人)⇔香月一也(ロッテ)

2020年9月7日。シーズン途中に発表された。実績のみならず、推定年俸に約1億円以上の開きがある「格差トレード」として話題になった。

関連タグ

プロ野球 交換

関連記事

親記事

交換 こうかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トレード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72137

コメント