ピクシブ百科事典

梨々=ハミルトン

りりはみるとん

『吉永さん家のガーゴイル』に登場する人物。

概要

CV:水樹奈々

 『吉永さん家のガーゴイル』に登場する人物。
 怪盗百色がとある屋敷泥棒した際に勝手に付いてきた少女で、年齢は初登場時9歳(最終回では12歳)。英日ハーフ金髪碧眼で、万人が認める美少女
 生まれながら異常に山勘注意力が優れており、「超能力」と呼ばれる領域にまで踏み込んでいる。その特質に目を付けられ、実父のハミルトン博士の錬丹術モルモットにされていた。ハミルトン博士は(梨々の)を亡くしてからすっかりマッドサイエンティスト化してしまい、梨々はガーゴイルの体内に眠るとされた賢者の石を手に入れるため百色を釣るエサにされてしまった。
 ・・・かに思えたが、百色の知り合った高原イヨと東宮天弥によりハミルトン博士に投与されたを全て吐き出し、またハミルトン博士が百色に敗北し帰国したことに伴い百色に引き取られた。
 登場初期には家庭の事情もあってかなり泣き虫だったが、後半になるにつれてドンドンお転婆になっていった。

 アニメではあまりにヒドい原作設定をそのまま使うわけにもいかず、デュラハン(メイン画像の後ろで突っ立ってるロボットの生態CPUとしてモルモット化されたと変更された。デュラハンとシンクロした時にはが赤くなっている。その設定のため、デュラハンが百色の仲間になるまでの経緯も変更されている。

 100mを12秒で走破するほどの身体能力を持ち、ガキ大将双葉とも渡り合えるほど戦闘力は高い。
 後に百色を好きになりすぎたせいで「怪盗白色(かいとうびゃくしき)」を名乗り、勝手に彼のアシストをしていた。当然百色は大反対したものの、実際に百色のピンチを救った(アニメと原作小説では少々経緯が異なる)経緯からアシスタントとして正式に認められた。
 後に『ガーゴイルおるたなてぃぶ』にも白色役で登場する。
 作者曰く「三人娘の中で唯一二次成長期に入っている」らしい。ハーフだから?

関連項目

幼女 女子力(物理) 義賊 超能力者 厨設定/どんな設定だ

pixivに投稿された作品 pixivで「梨々=ハミルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 555

コメント