ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

第64回東京優駿

だいろくじゅうよんかいにっぽんだーびー

1997年(平成9年)6月1日に開催された日本ダービー。サニーブライアン号が不人気を覆してクラシック二冠を達成した。
目次 [非表示]

これはもうフロックでもなんでもない


概要

開催日1997年(平成9年)6月1日
開催地東京競馬場
距離芝2,400m
天候
馬場

開催前までの動き

クラシック第1弾の第57回皐月賞は、良血馬オースミサンデーの競走後予後不良などがありつつも内国産馬の雄メジロブライトランニングゲイルらを抑え、大西直宏の駈る11番人気サニーブライアンが勝利。2着のシルクライトニング、3着のフジヤマビザンも2桁人気だったことで馬連51,790円の大荒れの皐月賞となった。


しかし競馬ファンは、サニーブライアンの勝利を「あれは単なるフロック(まぐれ)だ」「有力馬の多くが追い込み脚質で、互いに後方で牽制しあって仕掛けが遅れたたけ」「直線の長い府中では逃げきれないだろう」と考えていた。まあ実際のところは、人気薄すぎて大西騎手の逃げ宣言が注目されてなかったのもあるのだが。


それはさておき単勝1番人気は、皐月賞に続いてメジロブライト。父のメジロライアン1990年(第57回)のダービーではアイネスフウジンに敗れて2着だった。


2番人気は弥生賞(GⅡ)の勝馬ランニングゲイル。鞍上の武豊は、ダンスインザダークで挑んだ前年(第63回)、フサイチコンコルドに優勝を浚われたことから、未だに勝てていないダービー制覇に燃えていた。


3番人気はシルクジャスティス若草ステークス京都4歳特別を連勝し、ダービーに駒を進めてきた。鞍上は前年にフサイチコンコルドでダービーを制覇した藤田伸二で、まだ前例のない2年連続ダービー制覇を狙う。


4番人気は後に逃げ馬として名を馳せるサイレンススズカプリンシパルステークスを持ち前の快速で制した、サンデーサイレンス産駒期待の新鋭だ。


5番人気に青葉賞(当時GⅢ)の勝馬トキオエクセレントが続く。


……あれ、サニーブライアンは? 6番人気ですよ、皐月賞馬なのに。確かに何故か出走しようとしたプリンシパルステークス(サニーブライアンの調教助手が昔気質だったのが原因だとか)を未勝利馬に蹴っ飛ばされて怪我をしたせいで回避したりしたので、気持ちはまあ分からなくもない。だがレース前の併せ馬で『調教横綱』として有名だったスピードワールドをぶっちぎったりして馬体も良かったのに、なぜここまで不人気だったのだろうか。やはりどうしても、皐月賞の勝利は展開が上手くいきすぎた感があったせいかもしれない。しかし鞍上の大西直宏はこう言った。


「1番人気は要らない。1着が欲しい」


なお、皐月賞2着馬のシルクライトニングは競走除外となった。

出走馬


レース展開

↑フジテレビ版(実況:三宅正治)


↑JRA公式版


レース結果

着順枠番馬番馬名着差人気
1着818サニーブライアン2分25秒96
2着35シルクジャスティス15
3着715メジロブライト1/21
4着47エリモダンディークビ8
5着612ランニングゲイルクビ2

払い戻し

単勝181,360円
複勝18390円
複勝5210円
複勝15130円
枠連3-82,050円
馬連5-184,860円

関連項目

東京優駿(日本ダービー)


1997年クラシック三冠

第57回皐月賞:サニーブライアン

第64回東京優駿:サニーブライアン

第58回菊花賞マチカネフクキタル


【前回】第63回東京優駿(1996年) 優勝:フサイチコンコルド(藤田伸二)


【次回】第65回東京優駿(1998年) 優勝:スペシャルウィーク(武豊)

関連記事

親記事

東京優駿 とうきょうゆうしゅん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5127

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました