ピクシブ百科事典

香宗我部親泰

こうそかべちかやす

香宗我部親泰は四国を主戦場とした戦国武将。長宗我部元親の弟。肖像画が残っていないので、メイン画像はゲーム「100万人の戦国武将」に登場する同名の武将のもの。
目次[非表示]

概要

天文3年(1543年)生まれ、文禄2年(1593年)没。
戦国時代に活躍した戦国武将である。長宗我部国親三男であり、そのため国親の長男である長宗我部元親の実弟に当たる。
国親の命により、香宗我部氏( 甲斐源氏の流れをくむとされる一族であり、当時土佐七雄と呼ばれた豪族の一つ )に養子に入る( なおこの際香宗我部氏側で内紛が存在したとされる )。

安芸城の戦い( 香美郡夜須の領有権を巡る争いに端を発する戦いであるがいったんは和解、おそらく長宗我部側の挑発により再発した戦い )において安芸国虎軍を破り、その城主となる。その後は元親に従い、特に阿波平定に尽力する。また本能寺の変後に発生した中富川の戦い( 四国攻めを画策していた織田信長の死により空白地となった阿波をめぐる戦い )で十河存保軍を破ったりするなど、元親の片腕として四国統一に貢献した。

ただし豊臣秀吉による四国征伐においては阿波牛岐城にいたものの木津城が豊臣軍に落城させられたため撤退している。また、交渉の結果富岡城を得たり、織田家に使者として赴いたり、柴田勝家徳川家康などと通じたり外交の分野において相当に活躍し、長宗我部一族の発展に力を注いだとされる。四国討伐において長宗我部一族は土佐一国となったものの、秀吉配下の大名としての存続は許された。

しかし、朝鮮出兵、詳しくは文禄の役の前後に嫡子である香宗我部親氏死亡( これは病死とも戦死とも言われている )し、その後本人も病死( 暗殺も疑われる )した。

余談

  • ちなみに家紋は武田家のものと同じであるが、これは甲斐源氏の家紋であり、実際に武田氏の家紋を引いているという説も存在する。
  • この人物の死亡とともに嫡子を失いおかしくなりかけていた長宗我部元親を補佐あるいは諫言できる人物がいなくなり、滅亡を速めたという説がある。


創作

殿といっしょ

【殿いつ】ちょーそかべー!


画像の黒髪の方。父親似。幼少期からブラコンのケがあり、それを危惧した父・国親から養子に出されていた。
帰国後、周囲の教育のせいで男の娘と化した長兄・元親(画像の白髪の方)の事を亡父同様鍛え直そうとするも、気が付けば一両具足共々元親ファンクラブの幹部になってしまった。その体たらくから土佐で唯一元親に萌えない次兄・親貞からはヘンタイ」「使えねえバカ」呼ばわりされている。
親貞が勝手に決めた元親の婚姻には最後まで反対していたが、妻(石谷氏)及び息子・弥三郎に萌えたせいでスッカリ忘れ去っている。

関連項目

戦国武将 土佐 四国勢
吉良親貞:兄(国親次男)

参照

wikipedia:同項目
ニコニコ大百科:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「香宗我部親泰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39860

コメント