ピクシブ百科事典

DLC組(for)

だうんろーどこんてんつぐみふぉー

『スマブラ3DS/WiiU』におけるDLCファイター一覧
目次[非表示]

概要

スマブラ3DS/WiiUでは、シリーズの初となるDLCが展開され、追加ファイターやステージが多く追加された。

詳しい詳細は親タグでも記載されているが、一度シリーズから去り、何年もの間参戦を望まれながらも実現しなかったキャラクターたちも存在したため、このサービスには多くのファンが歓喜することとなった。また、WiiU版ピットのスマッシュアピールにおける個別のデータが存在せず、パルテナナチュレからは「データにはない存在」「異世界からの乱入者」と解説されている。次回作の『SP』では、全員参戦の為、スマッシュアピールではそれぞれ新規の解説が製作された。

『SP』のDLCファイターの製作が発表され、彼らと区別するために本記事が製作された。

ファイター一覧

これが波動の力だ!!


「私はなぜここにいるのか?」

「最強のポケモン」の肩書を持つ伝説ポケモン
ドクターマリオと同様、2001年発売の『大乱闘スマッシュブラザーズDX』以来、約13年半ぶりの参戦となった。
3DS版とWiiU版の両方を購入したユーザーには先駆けて無料配信が行われ、その後もそれぞれ単体でも配信がされた。

リュカとヒマワリ


MOTHER3』の主人公
前作『大乱闘スマッシュブラザーズX』では最初から使用可能なキャラクターとして参戦したが、今作ではまさかの不参戦。
しかし、参戦要望の多さから急きょDLCとしての参戦が決定した。

おかえり!!!


「ついに帰ってきたぞ!」

ファイアーエムブレム 封印の剣』の主人公。
ミュウツーと同様、『スマブラDX』以来から、約14年ぶりの参戦。
なお、彼の参戦前から同名のキャラクターがちゃっかり登場しており、参戦動画でもそのことをネタにされていた。

オレより強い奴と相見えるか。


「ここが大乱闘の舞台か…」

カプコン対戦格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズの主人公。
開発陣の入れ込みようも相当なもので、原作の入力コマンドが使用可能だったり、原典同様攻撃の弱・中・強が設定されていたり、最後の切りふだが2種類用意されていたりと正に至れり尽くせりである。

DFFらくがき


「こんな日が来るとは、思わなかったな…」

スクウェア・エニックスの代表作の一つファイナルファンタジーⅦの主人公。
FF7はPS系機種しか登場しないと思いきや、FF関連で任天堂ハードの作品のいくつかは登場しているので、一応基準は満たしている。

最後の切りふだである超究武神覇斬は、原作の最終決戦を彷彿する演出になっている。

カムイ参戦


「僕は選んだ!大乱闘で、歴戦のファイター達と戦う道を!」

ファイアーエムブレムifの主人公兼マイユニット。
12月16日に放送されたスマブラ特番で最初に紹介された。
スマブラ発売後に発売されたゲームのキャラが参戦するのはロイ(カメじゃ無い方)以来である。
これから発売される海外版ifの宣伝の為に参戦されたらしい。

Bayo x Smash


「さぁ、次は女神さまの番かしら。首を洗って待ってなさい」

プラチナゲームズBAYONETTAシリーズの主人公。スマブラ投稿拳総合第1位
原作はCERO:D(登場作品の中で最高である)でありながら、スタイリッシュアクション基準でファイターや使達を堕としにいく。
カーマボーコー!は出るがポロリは出ないよ!
クライマックスアクションだけに、最後の3DS/WiiUのDLCファイターとしてクライマックスを飾った。

上記のキャラクターは『SP』では隠しキャラクターとしての参戦となった。

関連タグ

スマブラ3DS/WiiU DLC 他社組
リストラ組(スマブラ) 裏切り者(スマブラ)
DLC組:次回作のDLCファイター達と統合グループ
DLC組(SP):SPでのグループ。ファイターパスと言うシーズンパスで販売されているが、配信直前まで追加ファイターは誰かは伏せられている。

関連記事

親記事

DLC組 だうんろーどこんてんつぐみ

兄弟記事

  • DLC組(SP) だうんろーどこんてんつぐみえすぴー

コメント